ピクシブ百科事典

ビスク

びすく

ビスクとは、『トランスフォーマーアドベンチャー』に登場するディセプティコンの一人である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

フランス料理スープ⇒ビスク

外部リンク

ビスク - Wikipedia

概要

CV:カリー・ペイトン/吹替え:佐藤せつじ

第4話より登場。ロブスター半魚人ような姿のディセプティコン。オレンジのスポーツタイプのフューチャーカーに変形し、口や腕から発射するビームを武器とする。

テンションの高いおちゃらけた性格だが、暴走や暴力といった犯罪行為を全てゲームだと思っており、ハイスコアを更新するために犯罪行為を繰り返していた。
ゴルフ場を襲撃した所をチームバンブルビーに発見されて交戦、彼らのコンビネーションに気を取られて、後ろから回り込んだグリムロックのキャノンボールアタックを食らって気絶した所を拘束された。

だが『マイクロンの章』第7話にて、オートボット基地に潜入したスチールジョーによって他のディセプティコンらとともに救出され、彼らとともに女性戦士グロウストライクの一味に加わった。更に相棒として、グロウストライクの部下のサイクロン族のマイクロン「ハンマー」と「アンヴィル」が両腕に装着するようになった。しかし彼自身は性格が幼稚すぎる2体に辟易していた。
第8話にてアジトとしているアルケモア号の防御シールドの修復するためのミキシングボードを盗むためにコンサート会場を襲撃、バンブルビーと共にコンサートの真っ最中に乱入してしまうが、スタッフや観客からは演出用のマスコットと勘違いされ、そのままお互いノリノリで戦闘を継続、最後は敗れ去り再逮捕された。

日本語版ではロブスターがモデルでありながら、「ズワイ」「タラバ」「ミソ」といった蟹に関連した言葉(たまにエビ)を頻繁に口にする。必殺技は「エビーム」。マイクロンの章ではバリエーションが増えて、「甘エビーム」「車エビーム」「オマールエビーム」を披露(ただしオマールは不発)。

原語版ではグリムロックと同じくペイトン氏が担当。日本語版担当者である佐藤氏は「のちに蟹系キャラを演じるとは知らず、クランプダウンを演じることになった際は苦労した」とtwitterで述べている。

終盤からは囚人たちとは別に活動していたディセプティコンのトレジャーハンター達の中に、サーミドーという青色の同型個体が登場している。ただしこちらは眼球が飛び出ておらず、おちゃらけた言動も無い。

なおロブスター型のお調子者という点は、『ビーストウォーズⅡ』のギムレットと共通している。

関連イラスト

【TFADV】ツイッターまとめ3
マイクロンの章8話感想絵



関連タグ

トランスフォーマー トランスフォーマーアドベンチャー ディセプティコン ロブスター

pixivに投稿された作品 pixivで「ビスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19834

コメント