ピクシブ百科事典

アンダーバイト

あんだーばいと

アニメ『トランスフォーマーアドベンチャー』に登場するディセプティコンの一人。

概要

CV:リアム・オブライエン(NARUTO我愛羅の英語版CVを担当)/吹:後藤光祐
監獄船アルケモア号の墜落で解放された囚人の1人で、劇中で最初に登場を果たしたディセプティコン。金属を食べてエネルギーに変換する能力を持つ「マッスルティコン」なるトランスフォーマーで、恐竜を足して2で割ったような4足歩行のロボットモード(モチーフはハイエナらしいが、好物を見た時に尻尾を振りながらはしゃぐ姿はどうみてもであり、劇中でもプードルと呼ばれてブチキレるシーンがある。)から紫のフューチャービークル(SFカー)に変形する。

オッサン呼ばわりされる程度にはいいトシのはずだがナルシストの気があり、度々自身をイケメン』『マッチョ』『たくましい』と称賛していた他、『大戦時はニューオンシティという街を食い尽くした』と何度も自慢していたが、グリムロック以外は誰も知らず『何で誰も知らないんだ!』と自慢の武勇伝が相次いで不発したことに不満を漏らしていた。またグリムロックに『サビ臭い』と言われた際に、ポッドから出れず身動きできない彼を後先考えずに振り回して壁に叩き付け自由の身にしている辺り、頭もかなり悪い
一方で近くにいた鳥に街までの距離を尋ねるなど、茶目っ気のあるところも見せている。

前述通り金属をエネルギーに変換する能力を持つが、摂取する金属の質や量は問わないようで、後述のように何を食べても反応に変化はなかったが、一定時間の経過でパワーアップがリセットされており、作中での時間経過を考えると燃費はあまり良くない。

新発売!(大嘘)


一応味の好みはあり、第1話ではアルミニウム製のビーバー人形がお気に入りだった。またプラスチックを食べると「お腹を壊しちまう」とパワーダウンしてしまう弱点もある。どっかにいたな、そんな奴ら…

劇中では放置されていた廃車を始め、自分が収監されていたポッドやデニーのスクラップ場の収蔵品を手当たり次第に食い荒らした後、クラウンシティを次の獲物として襲撃しようとした。だが、街の手前にある橋を渡ろうとしたところでパワーアップがリセットされ、駆け付けたバンブルビーたちに街から離れた採石場に追い込まれた。すんでのところで押し返してデニーを人質に取るも、突如現れたオプティマスに崖から突き落とされて昏睡し、そのまま修復されたポッドに再度収監された。

めっっっっちゃ脱獄


しかし後に、ミニトロンを差し向けてグリムロックを洗脳したスチールジョーによって救出(この回では終始上図のようにポッドに収監されたため、意味合い的には回収の方が近い)され、サンダーフーフに次ぐ彼の仲間となった。
その後第13話でやっとポッドから解放された状態で再登場し、グリムロックと再戦。金属の廃材もある埋め立て地という立地を活かした強敵になるかと思いきや、グリムロックへ飛び掛かった拍子に圧縮されたプラスチックのキューブ(カラーリングが赤、白、青のトリコロールだったため、ニコニコ動画では「ガンプラか?」とコメントされた)を喰わされてしまい、怯んだところをキャノンボールアタックであっさり倒されてしまった。



関連タグ

トランスフォーマーアドベンチャー ディセプティコン スチールジョー サンダーフーフ フラクチャー クランプダウン

pixivに投稿された作品 pixivで「アンダーバイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12827

コメント