ピクシブ百科事典

カウンタック

かうんたっく

イタリアの自動車メーカー・ランボルギーニ社のスポーツカー。スーパーカーブームの代名詞として、日本でも高い人気を誇る。
目次[非表示]

概要

ランボルギーニがかつて製造・販売していたスーパーカー
同社のモデルの中でも群を抜いて知名度が高く、世界中に多数のファンが存在する。
日本でもスーパーカーブームを牽引し、昭和時代の子供たちの憧れの的であった。

1971年に初代モデルが登場するやいなや、その近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、世界中に衝撃を与えた。
車体のデザインを担当したイタリア人デザイナーマルチェロ・ガンディーニ曰く、車体のデザインテーマはプロペラの“ねじれ”だと言う。
販売車種では珍しく特殊なエアインテーク機構やターボなしで400馬力を超えるV型12気筒5,000cc前後のモンスターエンジンを搭載するなどコンセプト、デザイン、システムすべての点において異彩を放ち、1970年代後半から1980年代のスーパーカーブームの火付け役となった。

ただしこのデザイン、空力的には問題が多く、初期モデルは後輪のトラクションが不足するという致命的な欠点を抱えていた。
これを解消するためにリアウイングなどを装備したが、そうしたら今度は逆にリアのダウンフォースが強すぎてフロントが浮くため、さらにそれを解消するためにフロントウイングがオプションで用意されるなどかなり迷走していた。
また、スーパーカーブーム時代に広まった「最高速度300km/h」という触れ込みもただのハッタリである。

生産は1974年から1990年まで16年にわたり何度もマイナーチェンジを繰り返したため、多数のバリエーションが存在する。
最終モデル「25thアニバーサリー」は重厚なエアロパーツで武装し、初期モデルから見違えるほど戦闘的に変貌した。

まさかの復活

NEWランボルギーニ・クーンタッチ


2021年8月、上記のオリジナルカウンタックのデザインを現代的にリファインして復活させたニューモデル「ランボルギーニ カウンタック LPI800-4」を112台限定で生産する事が発表された。生産台数はコードネーム「LP112」に由来する。トランスミッション7速ISRシアンFKP37に続くランボルギーニのハイブリッドモデル第2弾となる。価格は日本円で約2億6000万円

余談

  • 車名「countach」をカウンタックと発音するのは日本だけで、イタリアでは「クンタッシュ」kunˈtɑʃ]と呼ぶ。意味はイタリア語の方言ピエモンテ語の感嘆詞で、特に美女を見たとき男性が発する言葉で「マブい」「ハクい」「イケてる」といった意味である。アメリカでは「クーンタッチ」と発音する場合が多い。
  • 特徴の一つでもある上下に開くドアは「シザースドア」と呼ばれる方式だが、メディアでは「ガルウイングドア」と混同されることが非常に多い。正しいガルウイングドアはドア上部にヒンジがあり、その名の通りカモメの羽のように開くもの(例:メルセデス・ベンツ300SLクーペのドア)を指す。
  • 梅澤春人の漫画作品『カウンタック』にて本車種が主人公の愛車として登場。2004年から2012年にかけて「週刊ヤングジャンプ」に連載された。


関連項目

ランボルギーニ スーパーカー

関連記事

親記事

ランボルギーニ らんぼるぎーに

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カウンタック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カウンタック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429796

コメント