ピクシブ百科事典

オルゴ・デミーラ

おるごでみーら

「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」におけるラスボスである。
目次[非表示]

「たとえ 一度は絶えようとも
 ふたたび目覚めくる 神に代わりて
 この者たちに 祝福をあたえん……」

概要

かつて神との戦いに勝利し、大陸を切り取って次々と封印した魔王。「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(以下、本作)」のPS版はプレイディスクが2枚あるが、その両方で戦う事となる。肉体が倒されたとしても、魂だけでこの世に存在し続けることができる。

DISC1では過去の世界で、神との決戦直後のオルゴ・デミーラと戦うことになる。この際敗れるのだが、主人公たちはデミーラの魂までは消し去ることができなかった。その後、現代のオルゴ・デミーラは神の復活の儀式に便乗し、現代に神として姿を現す。そして神として地上に君臨し、主人公が解放してきた世界を再度封印。今回は前回と違い四精霊が守護する4つの地域「エスタード島、エンゴウ、聖風の谷、砂漠の国」に的を絞り、精霊単体では封印を破れないほどの入念な封印を施す。ついでに現代世界全体に魔物を派遣。

その後、四精霊全員の加護を受けた主人公たちにより世界の封印を再び解かれ、自身も四精霊に正体を暴かれる(正体を暴かれる際に四精霊を倒す)。そして神の居城(クリスタルパレス)の下にあった自らの居城、ダークパレスにて今度こそ主人公たちを討ち取らんとしていた。これがDISC2における闘いである。しかしまたも敗れ、今回は完全に倒されることとなる。

世界の支配方法が恐ろしく陰湿で、シリーズ屈指のえげつなさ。特に人間の暗い部分を表出するような手段が多く、単純に魔物を倒してもなにかと禍根を残す結末となる。おかげでプレイヤーは何度も何度も鬱エピソードを体験、魔物よりも人間に対する不信が強くなりがち。彼の手下はその支配方針をあらわすが如く頭脳派な魔物が大半を占め、一配下にも関わらずやる事成す事かなり高度なものとなっている。

仲間(魔族)思いでもあり、神として地上に君臨した際には、人間に武器を捨て魔族を殺めるなと伝令を発している。
ドラクエシリーズのラスボスには「大変なところは部下に任せて自分は安全圏を確保している」パターンが多いのに対し、自力で封印だの神様とガチバトルだのをしているあたり、えらくアクティブである。

物語開始時点でエスタード島を除くすべての大陸を封印しており、シリーズでも世界征服に最も近づいた魔王として有名である。
その世界征服ぶりは、アレフガルドを封印していたゾーマとどちらが上かと頻繁に議論対称になる。
一つの世界を完全封印しているという点ではゾーマに軍配が上がるとされるが、封印した世界の規模で言えば、デミーラの封印の方が大規模であるとされる。

各形態

オルゴ・デミーラは一定ダメージが蓄積するごとに変身してゆく(かと言って、瞑想などで体力を回復しても前の形態に戻ることはない……はず)。戦いによって変身の仕方が異なる。以下、各形態の説明。(括弧内はDISC1での形態、使用技は注釈がなければDISC2時)

第一形態(第二形態)

オルゴ・デミーラ



脳が剥き出しの頭部に、翼の生えたムカデのような外見をしている。外見からはイメージし辛いが、ドラゴン斬りが効くのでドラゴン系と分かる。一人称は「われ」。
使用技:通常攻撃、灼熱炎、凍える吹雪、しっぽを振り回す 1回行動

第二形態(第一形態)

オルゴ・デミーラ



翼を生やした人間形。DISC1では威厳のある喋り方だったが、なぜかDISC2ではオカマ口調。その所為でオルゴ・デミーラといったら「オカマ」という認識であることが多い。一人称は「わたし(われ)」。強力な念じボールや3回行動の可能性から全形態で最も手強いという意見が多い。

変身直後の「オホホホ。それで わたしを たおしたつもり?おバカさんにも ほどがあるわね。わたしの美しさは不滅なのよ。 さあ ぼうやたち いらっしゃい。 美とは何かを おしえてあげるわよ。 」というセリフはあまりにも名言である(メルビン以外が納得していないのはナイショである)。
使用技:通常攻撃、メラゾーマ、イオナズン、念じボール、鎌鼬、正拳突き、怪しい瞳、激しく燃え盛る炎、凍てつく波動 1~3回行動

堀井雄二氏曰く、「ビジュアル系」。

第三形態



第一形態+第二形態÷2のような状態。不気味である。所々身体が崩れてきている。ゾンビ斬りが有効なのでゾンビ系。一人称は「オレさま」。マリベル曰く、オルゴ・デミーラの正体。なんとも言い難い姿だが、これが真の姿らしい。攻撃力も全形態で最強。
使用技:通常攻撃(?)、混乱攻撃、猛毒の霧、叩きつける、マグマ、おぞましい雄叫び、凍てつく波動 1~2回攻撃

最終形態

オルゴ・デミーラ



第一形態が溶けたような姿。見た目通り守備力は各形態で最低で、素早さも低下している。メルビン曰く「死にかけ」でボロボロになっていく演出の為か弱体化が目立ち、最終形態まで持ち越せたのならそれほど苦戦しない。ただしマダンテや麻痺攻撃、魔物生成などを使い、油断ならない力を有している。ゾンビ斬り有効。一人称は「われ」。
使用技:通常攻撃、麻痺攻撃、灼熱炎、肉片を飛ばす(ドゴロク、ブロブロスのいずれかを生成、戦闘に参加させる)、凍てつく冷気、マダンテ、邪悪な祈り(MP全快)、瞑想、まきつく、押しつぶす、ラリホー、マジックバリア、凍てつく波動 1~2回攻撃、極稀に3回攻撃

ドゴロク

ドゴロク


肉片から生まれる魔物。炎ブレス攻撃を使いこなすが、ラスボス戦まで来れた段階ならそれほど怖くはない。

ブロブロス


※画像右
肉片から生まれる魔物。スカラ、ルカナン、なめまわしと補助に徹する厄介な魔物。

外伝作品への登場

「モンスターズ」へは2より登場。????系。人間形態は「サイコピサロ×ナイトリッチ」、モンスター形態は「オルゴ・デミーラ(人間形態)×しんりゅうおう(又はオリハルゴン)」の組み合わせで誕生させることができる。配合の頂点の1体。両形態共にメタル化が可能。メタル化可能な上、????系で最も会心の一撃が出やすい人間形態はこの作品で事実上最強のモンスターであった。

  • 説明文
    • 人間形態「紳士的な姿とは裏腹に野望を秘めた恐怖の魔人」
    • 魔物形態「その姿はおぞましさ以上に深い恐怖を感じさせる」

「ジョーカー」では「デスタムーア×はくりゅうおう」で配合できる。AI2回行動の特性を持つ希少なモンスター。スキルは固有スキルではなく「じごく」だが、これで覚えるマダンテは超強力。

「ジョーカー2」ではフォロボス×セルゲイナスと困難な組み合わせに。2枠になり、魔王の中でも屈指の能力値を持つようになった。スキルはやはり「じごく」。マダンテ弱体化で不遇気味。

「テリー3D」では人間形態も登場。MPが低いが耐性が高く悪くはない。モンスター形態は素早さを除き優秀で特に賢さはすさまじく高い。さらに呪文会心が出やすく最大3回攻撃の可能性も秘めている。
位階値は魔王の中でも上位に君臨し、ライバルの「神さま」よりも上である。

「イルルカ3D」でも同じく続投。大きな変更点はない。
  • 説明文
    • 人間形態「全知全能の神をも倒す驚異的な強さを誇る魔王。美しさにも自信があり、美とは何かを教えてくれる」
    • 魔物形態「かつて神との戦いに勝ち、世界中の大陸を封印した魔王オルゴ・デミーラの真の姿。その脳には邪悪な心が宿る」

その他「IX」、「バトルロード」シリーズにも登場。

関連タグ

竜王 シドー ゾーマ
デスピサロ ミルドラース デスタムーア
ラプソーン エルギオス…ラスボス仲間

関連イラスト

あたし、麦わらかぶってみたの!!!!

ドラクエ7 10周年

pixivに投稿された作品 pixivで「オルゴ・デミーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316771

コメント