ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. ゲーム『ドラゴンクエストⅦ』に登場するキャラクター。本項で解説。
  2. ゲーム『ポポロクロイス物語』に登場するキャラクター。→ガボ(ポポロクロイス物語)

概要編集

CV:田村睦心(『ドラゴンクエストヒーローズ2』以降)

見た目は10歳前後の少年のようである。薄緑のズボン紺色マントを羽織り、髪の毛は腰まで伸ばしている。

もともとはオオカミの子供、しかも困った人々を救う「白いオオカミ」の子供という特別な存在であったが、とある魔物によって姿を人間の少年に変えられてしまったものである。

主人公たちに見つかったのをきっかけに、彼らとともに、魔王を倒す旅に出る。


ストーリー進行上必ず仲間になるキャラ(主人公除く)の中では加入してから唯一一度もパーティからの離脱がないキャラクター(神様復活後、クリスタルパレスに向かうまでの間は例外的に離脱している)。

またメンバーの中では唯一過去の時代から仲間になった人物でもある。


素性編集

オルフィーの街に伝説として語られる白オオカミ一族最後の生き残り。

白オオカミ一族は魔物から街を守っていたが、デス・アミーゴとの戦いでメスオオカミ一匹を残して全滅してしまう。その残りの一匹も子供を生んだ直後に戦いの傷が原因で倒れてしまった。

この時に生まれたのがガボである。その後、別のメスオオカミが母親代わりとなって育ててくれた。


その後、封印から目覚めたデス・アミーゴからオルフィーの人々を守るために戦ったが深手を負い、デス・アミーゴが使った人間と動物の姿を入れ替える呪いに巻き込まれ人間の姿になった。

主人公一行によりデス・アミーゴは再封印され、オルフィー住人たちは呪いから解放された。しかし白オオカミを恨むデス・アミーゴは、封印間際にガボにさらなる魔法を使用する。

これによりガボだけは呪いが解けることなく、未来永劫人間のままになってしまった。


しかし、人間になったことで主人公たちと共に旅をしたいという思いが芽生え、さらにデス・アミーゴの封印を解いた黒幕がいると確信し、どんな奴かはわからないけどそいつを放っておくわけにはいかないからと、晴れて仲間に加わることとなる。

後に歴史が変わったことで改心したデス・アミーゴから呪いを解かれそうになるが、そのやり方を忘れてしまったため、より人間に近づく魔法を掛けられてしまった。

これによりガボは姿だけではなく人語を介し話すことも可能となった。


性格編集

快活で、食いしん坊の男の子。ときどきとぼけた発言もするが、意外と空気を読む能力がある。狼なので鼻が利き、人間に化けた魔物を見分けるなどの活躍を見せる。

過去のダーマ神殿の大神官であるフォズに好意を持っている(年齢や性格的に恋心ではなさげだが)らしく、現代のダーマ神殿で会話すると、「転職はフォズ大神官のところじゃないとやだ」と駄々をこねる(あくまで会話のみでちゃんと現代でも転職はできる)。


ステータス編集

素早さが高く、ちからもそこそこだがMPと防御力はかなり低い。また、『ドラゴンクエストⅢ』のぶとうかのように、剣など身体に合わない武器を持たせると攻撃力が下がってしまう。

こう書くと扱いにくいように感じるが元々人間ではなかったため、人間では覚えないような特技を駆使することが可能。


固有の特技編集

もともとオオカミであったので、仲間のオオカミを呼び出し攻撃などを命ずることができる。

  • ほえろ:オオカミの遠吠えで敵をすくませる。
  • かみつけ:オオカミにかみつかせて敵1体を攻撃。
  • ひきさけ:オオカミを呼び出し、敵1グループを攻撃。
  • とおぼえ:オオカミの群れを呼び出してランダム攻撃。

外伝作品での登場編集

『ドラゴンクエストヒーローズ2』にはマリベルと共に登場。本作では装備武器は爪に固定。

リメイク版『ドラゴンクエストⅦ』では終始オオカミに跨ったままでいたが、『ドラゴンクエストヒーローズ2』ではPlayStation版と同様に自分の足で立って移動する。

必殺技は、PlayStation版『ドラゴンクエストⅦ』プレイヤーにとってはすっかりお馴染みとなった「どとうのひつじ」。


余談編集

『ドラゴンクエストヒーローズ2』以降彼の声を担当している田村睦心は、他にも3DS版『ドラゴンクエストⅧ』でポルクを、『ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー』ではドラゴンスキャナーを演じている。


関連イラスト編集

DQ7 ガボとオオカミオオカミ少年

118(イイ歯)の日ガボフォズ詰め③


関連タグ編集

ドラゴンクエストⅦ 主人公(DQ7) マリベル メルビン アイラ

キーファ・グラン

オオカミ 野生児


ロトの紋章:PT最年少の男の子ポロンが登場する。元々は普通の村人だったが賢者カダルから力を継承されたことで否応なしに世界を救う宿命を負わされる。モンスターと意思疎通が可能で、当初は3匹の小柄なモンスターをお供に連れていた。「不可思議な力によって元々の立場から強制的に別の立場にされる(その際に育ての親と離別した)」「異種族と意思疎通が可能で一緒に戦う」という点でガボと共通点がある。また小柄な女の子との恋愛要素もある。


ガウ(FF6):ファイナルファンタジー界の野生児。もっとも、ガボを野生児と呼ぶかについては疑問もあるが。

関連記事

親記事

ドラゴンクエストⅦ どらごんくえすとせぶん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 564217

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました