ピクシブ百科事典

ミルドラース

みるどらーす

スクウェア・エニックスのRPG『ドラゴンクエストⅤ』に登場する魔王で、本作のラスボス。
目次[非表示]

CV:飯塚昭三(ドラマCD版)/井浦新(アニメ映画「ユア・ストーリー」)

「私は運命に選ばれた者。勇者も神をも越える存在」
「さあ来るが良い。私が魔界の王たる所以を見せてやろう」

概要

ミルドラースとは『ドラゴンクエストⅤ』のラスボスである。
DQ5の魔界を治める大魔王。魔界と人間界とを繋ぐ門を開き、人間界への進出を目論んでいる。そのため、門を開閉する力を持つⅤの主人公の母・マーサを連れ去っている。配下の一人であるイブール率いる「光の教団」には予言という形で関わりはあったものの、基本的には関知はしていなかったようで、主人公との会話では「必要のないくだらない努力」と切り捨てている。(リメイク版)

リメイク版では元人間という設定が追加された。究極の進化を求める邪悪な心から神の怒りを買い、魔界に封印されたという。

ドラゴンクエストⅨ』でも歴代魔王の一人として登場するが、ミルドラースが登場する宝の地図を入手するには、レベルの高い地図でしか登場しないグレイナルや、途中出現確率5%の竜王の地図の入手を経る必要があるので、かなり困難である。

強さ

ラスボスだけあって、それ相応の強さを持つ。SFC版では適正クリアLVは30代中盤。2段階の形態を持つ。

魔界の王にして王の中の王


一段階目はナメック星人……もとい、魔道士のような風貌で、見た目通りに魔法による攻撃、またキラーマシンあくましんかんなどを呼び寄せたりもする。『なかまをよぶ』で加勢するモンスターが厄介であることを除けば、そこまで苦戦する相手でもなく、ゴリ押しでも倒せる。

【ドラクエ】魔王ミルドラース(第二形態)


二段階目は、腕が4本に翼が2対、棘の生えた尻尾を生やしたメタボリックドラゴンのような真っ赤な怪物になる。
攻撃方法はこれまでの歴代ラスボスの使用してこなかった『しゃくねつ』を吐いてくる他強力な呪文を使ってくる。厄介なのが、最初から魔法反射呪文のマホカンタがかかっていることと、一定間隔でステータス増強効果を無効化する『いてつくはどう』を使ってくることである。
さらにHPは4500とこれまでの歴代ラスボスに比べ一気に増えた上に『めいそう』で体力を500ずつ回復させるため長期戦になりやすく、しっかりとダメージを蓄積させていかないと消耗戦となる。
…と書けばいかにも強そうに感じるかも知れないが、行動が完全ループな上に完全2回行動でないこと、呪文耐性が無いこと、スライムナイト等汎用モンスターにもブレス耐性の備えているものが多いことから、体感的には前々作前作と同じか下回るぐらいでシリーズでもかなり弱い部類である。

ちなみに、二段階目の行動パターンは3種類用意されておりランダムで選ばれる。強さに明らかに差があることから強中弱パターンと呼ばれる。

評価

ラスボスではあるのだが、登場するのは物語の最後だけで、部下のゲマの方がストーリー上では目立っている、ドラクエシリーズ初の裏ボスであるエスタークが圧倒的に強い、などの理由からシリーズの中では印象の薄い魔王として評価されることが多い。
そもそも、主人公の宿敵=ゲマという図式でストーリーが展開していくため、印象が薄いのも無理はない話であり、ミルドラースの話が一般人から本格的に聞けるようになるのも、勇者である主人公の息子が生まれてからである。主人公が勇者ではない(勇者の誕生後の主人公はパパスのポジションにある)以上、主人公の視点からは魔王=宿敵という図式が成立するとは限らないと思われる。
リメイク版ではレヌール城にある本に名前が載っていたり、ゲマとの第二戦目後に名前が出たりするなど少しだけ存在の発覚が早くなっている。

余談

裏ボスであるエスタークは最初からミルドラース第二形態戦法を多用する。それに加え、エスタークは通常攻撃そのものがかなり強いため、余計に手ごわく感じしてしまう。実際、エスタークの方が攻撃の効率は非常にいい
しかし、そもそも本編のボスと裏ボスを比べること事態ナンセンスであり、しかもリメイク版ではストーリーの中でエスタークが「ミルドラースでさえ手を出せない大物」と言われていたことから、こういう力関係になるのはごく自然である。
一部のタイトルでは第一形態はただ単に「ミルドラース」、第二形態は「魔王ミルドラース」になっていたりして、公式で大魔王扱いさせてもらえていない。不憫。

ちなみに、ドラマCD版で彼を演じたのは飯塚昭三氏だが、一方本作の主人公を演じていたのが堀川りょう氏であり、この図式はまんまナッパベジータなので時折ネタにされることも(言うまでもなくミルドラースのデザインを担当したのも鳥山明氏である)。

Dr.スランプ関連

鳥山画伯繋がりと言えば、SFC版「DQ5」発売当時、「Vジャンプ」に連載されていた漫画「ちょっとだけかえってきた Dr.SLUMP」にゲスト出演した事もある。

劇中ではネタバレ回避の為、名前の一部が伏字にされ「ミ〇〇〇ース」表記になっていた。そして則巻アラレに伏字部分に悪戯書きをされて「ミートソース」となってしまい、その事に酷く激怒して第二形態になって『かがやくいき』を吐いてアラレを氷漬けにするものの(残り2ページという尺の都合とはいえ)ガッちゃんたちの光線一発で沈むという、魔王としてはあまりに情けない有り様であった。

関連イラスト

魔界の王
ミルドラース


ミルドラース
星降る夜に



関連タグ

ドラクエ ドラゴンクエスト 魔王系 ラスボス ラスボス(笑) 
神綺→魔界の神繋がり。だがミルドラースは名乗ってるだけだが、こっちは本当に魔界の神である。


映画【ユア・ストーリー】では……


重大なネタバレ等が含まれていますので注意。


















はっきり言って、ユア・ストーリーにはミルドラースは登場しない」といった方が正しいかもしれない。
それっぽいキャラクターはいるのだが、それは「ミルドラースに成り代わったコンピューターウイルスである(外見で似ているモノと言えば、コレコレであろうか)。「ドラクエは剣と魔法の世界なのに何でコンピューターウイルス?」って思う人もいるだろうが、ソイツの言うには「この世界はDQⅤの世界観とストーリーを基にしたヴァーチャルリアリティーアトラクションであるという。
ソイツが発した「私を作ったハッカーからの伝言だ。ゲームなどやめて大人になれ。現実に帰れと言うまるで毒親の説教みたいな台詞は、多くのゲーマーSFC版を楽しんだ観客たちの心を傷つけ、深いトラウマを残した
最後には、実はアンチウイルスプログラムだったスラりんが変身した天空の剣同様ドラクエシリーズお馴染みの伝説の剣によって討ち滅ぼされハッピーエンドとなる。
しかし某没プロットビアンカフローラ論争の極地というべき作品を彷彿させる展開は賛否両論を巻き起こした。
ゲームは確かに作り物かもしれないが、もう一つの現実であるという趣旨の主人公の台詞、本当に製作者が伝えたかったメッセージを評価する意見もあるが、伏線といえるものがあまりなかったため反発する意見が強くなってしまっている。
脚本も書いた総監督の山崎貴はドラゴンクエストシリーズを全くプレイしておらず「三部作として制作する気はない。ドラクエばかりに構ってはいられない」と、原作への愛がない発言を発していた。

関連タグ(ユア・ストーリー版)

衝撃の結末 メタ発言

ブラック・ノワール:同様のメタ発言をしたり、設定を持つラスボス繋がり。なお、コイツが出た番組SFC版DQⅤ発売の約三ヶ月後に放送開始している。
???:賛否両論あると推測され、結果没になったものだが実際にそれをやってしまったケース。もっともこれについてはやろうと思っていた前から伏線をかなり多く張っていたのに対し、こちらについては唐突さが強いため質としてはこちらが下回る可能性が高い。
(一応、マスタードラゴンの『今回はこういう決まり』が伏線といえなくはない)
最もユアストーリー自体全体的に尺不足であったことは留意したい。

関連記事

親記事

魔王系 まおうけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミルドラース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189874

コメント