ピクシブ百科事典

デスタムーアvsダークドレアム

でんせつのたたかい

ドラゴンクエストVIで登場した魔王デスタムーアと破壊神ダークドレアムにまつわる、伝説の場面。
目次[非表示]

始まり

ダーマ神殿奥深く。主人公達は激戦の末、魔神ダークドレアムを打ち倒す。
そんな彼らに自信の敗北を認め
『ま まさか… このわたしがこれほどたやすくやぶれるとは… 完全にわたしの負けだ よろしい お前たちにしたがうことにしよう。さあくるがいい。お前たちののぞみをかなえよう!』
と言う。一行はこの地を支配しようとする幻魔王デスタムーアを倒して欲しいとドレアムに願う。
ドレアムは願いを聞き入れムーアの城へとワープ。


それが破壊と殺戮の悪夢の始まりだった…






概要

DQ6の裏ボス【ダークドレアム】を20ターン以内に倒すと【デスタムーア】を倒してくれるイベントのこと。
その様子はもはや【虐殺】とでも呼ぶべき。
 
内容は以下。


デスタムーアは突然現れた侵入者に対し
『な なんじゃ お前たちは!?』

対するドレアムは
『この者を たおせば よいのだな? たやすいことだ…。』

一見すると完全に舐めきっている。

無論大魔王の1人であるデスタムーアはこれに憤怒。
『な なにを いっておるのだ。 おろか者どもめっ! 思い知るがいいっ!』

だが、この一言がデスタムーア蹂躙の合図になるとは、ダークドレアム以外まだ誰も知らなかった。

第1形態

デスタムーアは先手必勝と言わんばかりに【はげしく燃えさかる炎】を放つが、

「ミス! ダークドレアムは
 まったく ダメージを うけないっ!」

守備力無視の無属性ダメージ攻撃なのに『全く効いてない』のはどういうことだろうか。


全く効いてないと分かるや否や今度は【凍てつく冷気】を放つムーア。しかしなんと言うことでしょう。あろうことか我らがドレアム様は

「なんと ダークドレアムは
 その れいきを うけとめ なげかえした!」

これはひどい。

ちなみに、凍てつく冷気のダメージは通常130位なのにデスタムーアが受けたダメージは578。
冷気を投げ返しただけでダメージが4.5倍になってる。何処ぞの⑨もビックリである。


そしてムーアはイオナズンを唱えるが

「ダークドレアムはわらっている!」

なんと言う強者の余裕。続けざまにプレイヤー達に使わなかった輝く息を吐くが

「ダークドレアムはすずしげだ!」

大魔王の輝く息を扇風機扱い。わけがわからないよ

十分満喫したドレアム様はベギラゴンのような何かの攻撃を放つ。すると

「ダークドレアムのこうげき!デスタムーアに9999のダメージをあたえた!」

DQMJ3Pのようなモンスターズシリーズや不思議のダンジョンの外伝ならまだしも本編で、しかもテンションやバイキルト無しで9999ダメージって何事だ。
無論こんな無慈悲な攻撃を受ければ大魔王と言えどもひとたまりもなく終了。酷い。


第2形態

たった一撃でやられたムーアは第2形態、脳筋形態となり、己の肉体をフル活用した攻撃を繰り出す。

『お おのれ…… こざかしい ヤツめっ!』

肩を怒らせ突進、しかしダークドレアムはびくともしない。

ならばと使用した【ルカナン】も効かない。

挙げ句の果てには
しゃくねつを見てからおいかぜを巻き起こし跳ね返す始末。RPGのターンというお約束をも破壊する悪魔。何なんだお前。

しかも先程の輝く息でお察しのとうりムーアが受けたダメージは【753ダメージ】。
本来のダメージは160前後。やっぱり4.5倍。
 

そして『か かくなるうえは……』

スカラ】×2+【バイキルト】で強化した肉体での突進。
第2形態に変身直後に『お おのれ…… こざかしい ヤツめっ!』と言っていたがむしろムーアの方が小賢しい真似をしている。
でも『凄まじいオーラ』に弾かれる。その時のセリフが


『うぎゃあっ!』


これのせいでムーアが【うぎゃあっ!】呼ばわりされ、しかも一部では《無駄でスカラ》なるネタまで出来た。(ある意味)凄い。

ダメージ量は?測定不能さ!


第3形態

追い詰められたデスタムーア。

『はあ はあ……。 もう ゆるさぬぞ……。ついに わしを おこらせたな……。』

既に最初から怒っていたと思うが恐らく最初とは別の怒りだろう。大魔王としてのプライドをズタボロにされて流石にブチ切れたムーアはお馴染みの姿に。

デスタムーアはその大きな手でダークドレアムに掴み掛かり、

『ダークドレアムを ギシギシと 締め上げる』。

さすがのドレアムも多少のダメージは受けるかと思いきや、そんな甘い話など砂粒ほどもない。

ダークドレアム『ふんぬっ!』

と振りほどき同時に会心の一撃。そのせいで左手は粉々。

デスタムーア『うげっ!』

この一言に同情する。もう哀れみすら感じる。
 

その後も【あやしいひとみ】【ひばしら】で攻撃を仕掛けるも、

『ダークドレアムは わらっている……。』

『ミス! ダークドレアムは まったく ダメージを うけないっ!』

そして極め付けが

ダークドレアム『さて…… おあそびは ここまでだな。そろそろ おわらせよう…。』

デスタムーア『な、なにっ!?』

魔王との対決(状況的にもBGM的にも)に《飽きた》とでも言ってるのかお前は。

そして。





『ダークドレアムの こうげき!』

イオナズン】→【マヒャド】→【ギガデイン】→【ビッグバン】→【マダンテ】→【ジゴスパーク】のコンボ(のような攻撃)を繰り出し、デスタムーアは消滅。

(この際呪文の音が鳴っていなかったりグループ攻撃が右手と顔に当たってたりマダンテの後にジゴスパークを繰り出したりと、あくまで《ような攻撃》である。もしこれがそのまんまだとしてもモンスターズシリーズのラスボスの様にMPが無限なのだろう。)



その際の

デスタムーア『な なぜだ… いったい どういうわけなんだ…』

こっちが聞きたいですハイ。







ダークドレアム『これで良いのだな?では私は行くとしよう…』





余談

このイベントの動画はことごとく再生回数が伸びている。特にニコニコ動画では、このイベントが投稿されると、コメントは一種の【お祭り】状態になる。

だが、このイベントのせいで「デスタムーアは弱い」と思ってはいけない。歴代でもかなりの強さ、そして始末の悪さが待っている。油断するとむしろこっちがボコボコにされる。

そもそもボスとして戦う時の強さの差はそんなにあんまり無く、単純に相性の問題だろう。


ちなみにこれ、DQ5の【エスタークが仲間になる】という都市伝説のパロディである。
もしかしたらドラクエ5でこのイベントが行われていたら、

エスタークがミルドラースをボコボコにしてたのだろうか。それはそれで見て見たい。


ちなみにこのエンディングを見ると、ゼニス王にお礼を言われた後、隣の兵士がこう言う。

*「ふーむ…。ゼニス王が ふと
  もらしたのです。
*「デスタムーアを たおしたのは
  ○○○○どのたちでは
  ないのかも知れぬと……。
*「しかし だれが たおしたにせよ
  世界に平和が きたことに
  ちがいありません。
*「あ ありがとうございました!


確かにダークドレアムの事をゼニス王が知らないはずは無いし、今の今まで世界を脅かしていた大魔王を『うぎゃあっ!』と言わせる様な化け物が現れたらそれこそ恐怖だろう。

…しかしその時は主人公一行がまた倒せば良いだけだが。

そしてその一行の1人、テリーはエンディング中のムービーで【はぐれのさとり】を発見するシーンだった箇所が変更されなんとダーマの神殿のあの場所に入り、一人で現れたダークドレアム(本体)と対顔するところで暗転する。(恐らく1人で戦ったのだろうが、ヤムチャしやがって…)

尚、エピローグでも出てくるので、その後テリーを見たものはいない的なことにはならない。
(しかしその時テリーはダークドレアムと融合し後の地獄の帝王になると言う説があるが…!?)


関連タグ

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

コメント