ピクシブ百科事典

目次[非表示]

あくましんかんとは、ドラゴンクエストシリーズに登場する・・・

  1. モンスターである。悪魔神官
  2. ザラキばかり唱える誰かさんである 

ここでは1について解説する。

概要

CV:塩沢兼人(・ドラマCD版)
ドラゴンクエスト2から初登場したモンスター。
シリーズ毎に外見は様々だが、初登場であるドラクエ2が有名。

顔の部分は目の部分が水晶っぽく、口の部分が不敵な笑みのような仮面で覆っており、両手にメイス型のモーニングスターを持っている。作品によっては頭部には2本の角もある。

2でははぐれメタルと共に登場「はぐれメタルを倒して、あくましんかんがそれをザオリクで復活」してくれたらハッピーだが、「はぐれメタルを倒した後に全滅」させられたらご愁傷様としか言いようが無い。出現ダンジョンのハーゴンの神殿ではぐれメタル狩りをするのはこいつがいるため危険。
様々な呪文を扱い、そのラインナップは凶悪で、イオナズン・ザオリク・ザラキといった致命傷や戦況変化を大きくもたらす危険なものばかり。
リメイクではザラキこそオミットされたが、通常攻撃がパターンに加わっており、これがなかなか痛い。
また、ローレシア地下にいるじごくのつかいが彼に変更されているので経験者ほど油断大敵。
しかも一度敗北もしくは逃走してしまうと牢屋からいなくなってしまい、強力で高価なアイテムが入手できなくなってしまう。
全体的に難易度が下がったリメイク版において、逆に難易度が上がった数少ない箇所でもある。

5ではラストダンジョンなどに出現し、ザオリクでのサポートが中心となっている。しかしモーニングスターの通常攻撃がマヌハーンによるたたかいのドラムと重なるとこっちもかなりの強敵に。角がないのはこちらのバージョンであり、原画でもこちらに近い。

7ではきとうしの下位種「まじゅつし」と同じような姿になり、「メラミ」「ベギラマ」「ザオラル」を唱える。

11では「じごくのつかい」の下位種に格下げとなり使う呪文も「イオラ」「ザオラル」となっている。
だが邪神の影響を受けた邪バージョンは使う呪文が「イオナズン」「ザオリク」「スクルト」とリメイク版2に準拠した呪文レパートリーとなっている。

トルネコの大冒険シリーズでは、催眠攻撃でトルネコを操って勝手に行動させるという、いわゆる風来のシレンにおけるゲイズのポジションである。3ではこの攻撃はだいまどうのみが行い、こちらは力をためて攻撃するのみになった。

キャラバンハート、ジョーカー以降のモンスターズにも登場しているが、前者では本来の姿と2のまじゅつしを足して2で割ったような姿をしており、後者ではなぞの神官と同じポーズにされている。

あくましんかん系のモンスター

項目参照。

  • はめつの使者
10と11に登場した系統最上種。カラーリングが2のあくましんかんを継承している。
  • ホロスリース
星のドラゴンクエストのシーズン3に登場するボス。

関連イラスト

DQ2 悪魔神官

あくましんかん



関連タグ

ドラクエ DQ 悪魔 神官
ハーゴン じごくのつかい モーニングスター
DQモンスター・怪人系

関連記事

親記事

DQモンスター・怪人系 どらくえもんすたーかいじんけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「あくましんかん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「あくましんかん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168458

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました