ピクシブ百科事典

ガルダンディー

がるだんでぃー

ガルダンディーは漫画『ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-』登場人物のひとり。
目次[非表示]

『切り刻んでやる・・・拾い集めることができねぇくらい、バラッバラになぁっ!!!!』


CV:木村昴(2020年アニメ版)

概要

通称「空戦騎ガルダンディー」
竜騎将バランに仕える3人の竜使い竜騎衆』のひとり。種族は鳥人間(鳥人族)。年齢は人間の年齢に換算して20歳前後。
兄弟同然に育ったスカイドラゴンのルードに乗って行動する。

細剣スパイラルソードを所持、頭髪に相当する赤羽には刺した敵の体力を奪い、白羽は相手の魔法力を体外へ放出させる効果がある。

性格

好戦的かつ嗜虐的な性格で、人間をドブ臭い下級生物と見下しており、バラン以外の魔王軍軍団長に対しても「竜騎衆には及ばない」と下に見ている。

バランに対して様付けはしているが、敬意よりも自身の慢心が勝っている故に、万全の準備を怠らない姿勢を「相変わらず細心なお方だ」と揶揄し、陰口を言うなど忠誠心は然程高くないようだ(ボラホーンには「無礼だぞ」と叱られ、ラーハルトには長い台詞で注意された)。
ただしバランのことは自分の上に立つ人物と見ており、勝手な独断専行もバランはいつも笑って許しているとのこと。

相棒のスカイドラゴンのルードとは、種族を超えた強い繋がりを持っておりポップに殺された時には

「このスカイドラゴンのルードはなぁ! オレの、オレの唯一心を通わせた友達…いや!兄弟だったんだ!! オレたちはいつもいっしょだった!!どんな時でも…」と嘆いていたが


「それを…オレの最愛の竜を…よくもドブくせぇ人間どもなんかといっしょにしてくれたなァァッッ!!!」 ポップの言葉を聴いて怒りの頂点に到達、殺気を露わにし血走った瞳でポップを睨み付けていた。


なお、ボラホーンには仲間意識を持たれていたようで、下記の敗死時には「タダではすまさん!」とヒュンケルに激高していた(逆にラーハルトは顔色一つ変えていない)。

総じて人格面に関してはバランよりフレイザードに近いと言える。
決定的な違いは、フレイザードは勝利と栄光のために戦い、ガルダンディーは殺戮を楽しむために戦うというところだろう。

そしてもう一つ、怒りに我を忘れて自身の負傷やヒュンケルとの実力差に気づけないなど「氷のような冷徹さ」は持ち合わせてはおらず、下記の悲劇も簡単にとどめを刺せるところを不必要に痛めつけたのが原因であり、そこに反省が至らないなど、あらゆる面で傲慢な性格が足を引っ張っていた。

活躍

バランに召集された後、主が身支度を整えている間に「ウォームアップ」と称し、少し前に悪印象を残したベンガーナの街を相棒のルードと共に襲撃。邪魔者のないままに街を火の海に変え、人々を虐殺した(バランを待たせる訳にはいかなかった為、程々で引き上げたが)。
それに気づいたバランも特に彼を咎める事は無く、「狼煙に丁度良い」と黙殺している。

※2020年版ではそのシーンはカットされてしまったが、出撃する場面の背景を良く見ると、山の麓に襲撃の形跡と思しき煙が立ち昇っているのが一瞬ながら確認出来る。


足止めに現れたポップに対し要らぬ残虐心を起こし、いたぶった挙句にルードに絞め殺させようとしたが、彼の口車に嵌められ要求通りの噛殺を指示した結果、ルードは口内へのベギラマで頭部を吹き飛ばされ即死してしまう。

ショックを受けて泣き崩れ、自分がこれまで多くの人間を殺害したのを棚にあげ激昂。復讐に狂ってポップを執拗に嬲り、絶望の表情を浮かべた彼の首を切り落とそうとする。

しかし駆け付けたヒュンケルブラッディースクライドで阻止され、標的をヒュンケルに切り替える。だが相手にすらされず「貴様はポップには絶対に勝てん」とまで言い切られる。
その挑発に乗ってポップを仕留めるべく空中戦を挑むが、先の攻撃で翼を切断されていたことに気づかずバランスを崩してしまう。(原作では見えないが、アニメ版ではヒュンケルの攻撃によって翼にも傷がある事が確認できる。)
その隙を突いたポップ渾身のイオの直撃を頭部に喰らい、断末魔一つあげる事なく即死。文字通りの焼き鳥となり、テランの大地にその屍を晒した。

全滅した後にバランから竜の血を与えられアルゴ岬の奇跡の泉に安置されていたが、精神力の低さから蘇ることは無かった。

余談


関連タグ

ダイの大冒険 竜騎将バラン スカイドラゴン

賢神トリン三条陸作品に登場する鳥人間。精神性は全くの真逆。

エシディシ…ルードを殺されて「あんまりだ~!」と泣き叫ぶ姿に彼を連想した者も少なくない。

関連記事

親記事

竜騎衆 りゅうきしゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルダンディー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8017

コメント