ピクシブ百科事典

主エマ

しゅえま

ドラゴンクエストⅪの登場人物、主人公(DQ11)と幼馴染エマのカップリングにつけられるタグ ドラゴンクエスト11の登場人物である主人公とエマのカップリングタグ。
目次[非表示]

概要

主人公(DQ11)エマ のカップリング。
イシの村で共に育った幼馴染であり、偶然にも年齢・誕生日が同じである。

物語の冒頭、二人はイシの村のしきたりである成人の儀式に臨むことになる。
儀式が行われる神の岩では、モンスターが現れるととっさに主人公がエマを庇ったり、自然に手を取り合う様子などが見られる。

儀式後、村の住人やエマの祖父である村長ダンと会話すると「もう結婚出来る歳だね」「あとはふたりが一緒になってくれれば安心だ」などと話す。そしてそれに対するエマの反応を見る限り、まんざらでもないことがうかがえる。

またエマが主人公に対して思わず「さすが私の主人公」と発言してしまいそうになる場面も。

エマのおまもり

主人公が自身は勇者の生まれ変わりであり、村を旅立たなければならないと聞かされた夜。
主人公が眠りにつけず外に散歩に出ると、そこにはエマの姿が。
「私ね、主人公はこの村でずっと皆とおだやかに過ごしていくんだろうなって思ってたの」
懐かしそうに小さい頃の思い出を語り、「じゃあね…」と涙を見せその場を走り去ってしまう。
旅立ちの日の朝に家を訪ねても「今は誰にも会いたくない」と顔を見せてくれない。
(PS4版では家の窓から何かを作っているエマの姿を見ることができる)

しかし、いよいよ主人公が村を発とうとした瞬間、エマが名前を呼び駆け寄ってくる。
彼女が手渡してくれたのは、主人公のために手作りしたおまもりだった。

「どんな使命があるのか私にはわからないけど、どこにいてもこの村のこと忘れないでね」
「ぜったいに元気で帰ってきてね!」

涙を浮かべながらも主人公を見送る彼女の姿に心を打たれ、エマのおまもりを装備から外せなくなったプレイヤーも少なからずいるようだ。


余談だが、このアクセサリーには防御力以外にも魅了耐性30%の効果がある。
そしてクリア後シナリオのあるイベントをこなすことで「エマのおまもり・真」という上位互換アクセサリーを手に入れることができ、それにも同様の耐性が70%ある。
これらを両方装備することで魅了耐性は100%になり…
つまりこれは主人公の浮気防止なのではないかとの噂も。

クリア後の要素(ネタバレあり)

※この先メインストーリークリア後のネタバレが掲載されています。
未クリアの方は閲覧の際十分ご注意下さい。












クリア後の世界で挑戦できるネルセンの試練に打ち勝つと5つの願いを叶えてもらうことができ、そのうちの一つを選ぶと…
なんと、エマと結婚することができる
(事前にエマから依頼されるイシの村復興イベントを達成する必要あり)

結婚後はイシの村の自宅にエマが住むようになり、部屋の壁には結婚式の様子が描かれた絵が飾られる。
エマに話しかけると「おかえりなさい、あ…あなた」と照れながら言葉を返してくれ、「今日はもう休む?」という問いに「はい」と答えることで自宅で休むことができる。
なお、その選択肢で「いいえ」を選ぶと「じゃあ一緒に散歩でもする?」と尋ねられ、「はい」と答えると冒険に連れて行くことが可能になる

イシの村を出て様々な街や村を訪れることで、場所に応じた台詞を聞くことができる。
仲睦まじく世界中をめぐるふたりの姿はさながら新婚旅行だ。

ちなみにこの状態で神の岩へ行くと、「子供の時からずっと好きだった」「実は成人の儀式の時に告白しようと思っていた」「主人公と一緒にいられて言葉に表せないくらい幸せ」
と、様々な彼女の気持ちを聞くことができる。

さらに裏ボス撃破後のEDで主人公が勇者の剣を命の大樹へ納めに行く際、再び冒険に出る事をエマに伝えると、今度は新しい家族が増える事を話してくれる。

関連イラスト

しゅえまちゃん
【DQ11】主人公とエマちゃん



関連タグ

ドラゴンクエストⅪ ドラクエ11 DQ11
主人公(DQ11) エマ

pixivに投稿された作品 pixivで「主エマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205287

コメント