ピクシブ百科事典

ニマ大師

にまたいし

『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクター

あらあら よるべなくさまよう哀れな魂がまたひとつ……この世の果てに流れ着いたようだね。

概要

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』に登場するキャラクター。
ドゥルダ郷の長であり、ロウの師匠。修行僧を束ねる大僧正で武術の達人だが、堅苦しいのが苦手で口調はかなり蓮っ葉な姉御肌キャラ。一人称は「あたい」
悪さをする弟子や臆病者の弟子には愛用のお尻叩き棒で容赦なくお仕置きする。
お仕置き最多記録もロウが一番で、未だに抜かされたことがないという。
弟子の間でも『ロウのようになることなかれ』という戒めになっている。

ユグノア王国の王子は幼い頃に6年間ドゥルダ郷で修行するしきたりがあり、本来なら彼女が王子である主人公の師匠になるはずだったのだが、魔物の襲撃によりユグノアが滅亡して主人公が行方不明になった事でそれが叶わなくなってしまう。
その後、勇者は悪魔の子だという噂が流れて、ユグノアと友好関係にあったドゥルダ郷がデルカダール王国に敵対視されるが、ニマ大師の力を恐れたデルカダールはドゥルダを攻める事ができず国境封鎖だけに留まった。
それから16年後、魔王ウルノーガによって世界が大崩壊する際に、全魔力を使って防御方陣を張り、ドゥルダ郷を崩壊から守るも、力尽き死亡した。
死後は魂となって冥界に留まっており、霊体になって再び教えを請いに来たロウを指導して奥義グランドクロスを伝授し、さらにロウを追って霊体になってやって来た主人公にも奥義覇王剣を伝授する。
そして冥界にまで手を伸ばしてきた魔王から主人公とロウを守るために、連携奥義グランドネビュラを伝授した後、最後の力で魔王の目を逸らしてその隙に二人を逃がすのだった。

魔王ウルノーガを倒した後、主人公が時間溯行で世界崩壊前に戻り、生命の大樹の破壊を阻止して歴史修正された事で世界崩壊が無かった事になり、その結果彼女の死も回避され、ドゥルダ郷で主人公と生きた姿で再会(前述の封鎖を命じていたのはホメロスだったようで、ホメロスが行方不明扱いになったあと解除されている)。
新たな脅威である邪神ニズゼルファを倒す力を授けるために究極の修行法連武闘魔行を主人公たちに課す。

なお70歳前後のロウの師匠なので年齢は少なく見積もっても80代以上でないと不自然なはずだが、その姿は若い女性の姿である。この理由は全く説明されていない。ただし不老不死というわけではないようで時間遡及後の本人いわく、寿命が近いことを示唆していて、生きて主人公に会えたことに「長生きはするもんだ」と述べている。

関連タグ

ドラゴンクエストⅪ ドラクエ11 DQ11
ロウ(DQ11)

pixivに投稿された作品 pixivで「ニマ大師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 418640

コメント