ピクシブ百科事典

主セニャ

しゅせにゃ

主人公(DQ11)とセーニャのカップリングタグ
目次[非表示]

概要

主人公(DQ11)セーニャのカップリングタグ。

セーニャは「勇者を守る」という使命の元、姉ベロニカとともに勇者である主人公の仲間となる。
気が強く主人公に対しても苦言や自分の意見もハッキリというベロニカとは対照的に、セーニャは「様付け」+「敬語」で物腰柔らかく主人公に接してくるため、どこか古き良き時代の伴侶っぽく見えてくる(ただ、セーニャは基本誰に対しても様付け、敬語である)。


関連タグ

ドラゴンクエストⅪ
主人公(DQ11) カップリング
セーニャ








※ここから先は重大なネタバレを含みます。異変以降のストーリーを未プレイの方はご注意ください。

















「もう少し、あなたの隣で泣かせて下さい・・・」


世界の異変後、仲間たちはベロニカを失うことになる(詳細はベロニカやセーニャの記事で)。
ベロニカの葬儀が行われた日の夜、目が覚めた主人公がセーニャに話しかけることで、セーニャがショートヘアになる「目覚めしセーニャ」のイベントが起きるのだが、そのイベント中にセーニャが主人公の前でのみ涙を見せるシーンがある。
ベロニカの葬儀の時は誰にも見せなかった涙を、主人公にだけ。

その後のセーニャは主人公の隣にポジション取りをしていることが多くなる。







※この後、更なるネタバレ注意。過ぎ去りし過去に戻っていない人は戻ることをお勧めします











クリア後、謎の遺跡から「過去に戻る方法」の情報をつかんだ一向は、ベロニカにまた会いたいという想いから、過去に戻る方法を見つけ出す。
しかし、その方法で過去に行けるのは主人公だけであり、主人公はこの世界に戻ることは出来なくなるという重い現実が突きつけられる。仲間達は一度は主人公を制止するが、それでも過去に戻る選択をすると、主人公は世界に異変が起きる前の時間軸に戻ることができる(これが本作のクリア後の展開である)。

「また私のこと、探し出してくれますか?」

主人公が過去に行く前に仲間達は別れの言葉を送るのだが、そこでセーニャは涙を流しながら、このセリフを述べたのだった。
二度と見せないと誓った涙を見せてまで別れの言葉を告げたセーニャの想いは如何なるものだったのか・・・・・




過去の世界にもセーニャはいるが、世界の異変の前なので髪の毛はロングヘアーのままである。
当然、「目覚めしセーニャ」のイベントも起きない。(ある条件を満たすと、ショートヘアーのセーニャを見ること自体は可能)。
主人公の前で涙を見せたセーニャは、いないのである。


総括すると、表編では世界の異変後に主人公とセーニャのカップリングをいろいろと想像させる要素が多いのであるが、クリア後は世界の異変前まで時間を戻すことになるため、カップリング要素を多く含んだセーニャを置いていかないといけないことになる。



こういった経緯もあり、主人公×セーニャのカップリングを扱うイラストは
「過去に戻った主人公もしくは現代に残ったセーニャが、二度と会えない相手への想いに胸を痛める」
という「悲恋」として描かれている作品が多い。
ちなみに主人公が去った後の世界が並行世界として存続するのか、それとも主人公が時を戻してできた過去の世界に統合されるのか、それは明らかにされていない。


過去の世界でのセーニャが表編での出来事を思い出すという展開でもあれば、という声も強いが、残念ながらそういう展開は今のところ用意されていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「主セニャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16242

コメント