ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「自分の道なら自分で決めるさ。今までだってそうしてきた。」



概要編集

CV:小林千晃

ドラクエ10ver4.0、『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』からの主要キャラクター。

作中における現代から5000年前に存在した、古代エテーネ王国の王ドミネウスの息子にして、メレアーデの弟。パドレは叔父に当たる。


名前の由来は、音楽用語のコードであると思われる(姉や父の名前の由来も同じく音楽用語が由来)。


人物編集

尊大な態度を取るも高潔な精神を持ち、正義感に溢れ差別を嫌う少年。

エテーネ王国の民は国王より賜った「時の指針書」に従い生活することで全てが上手く行くと皆信じているが、クオードは王家の人間でありながら「時の指針書」に支配されることを疑問視し、頼りすぎないように部下にも言い聞かせている。

なお、エテーネ王家の人間は時間を超える時渡りのチカラを代々受け継いでいるが、クオードの時渡りのチカラは強くはないらしい。


姉がいる弟であることや、後に彼が辿る軌跡などから、過去作のを彷彿とする部分が見受けられる。



※シナリオのネタバレを多大に含みます。閲覧には注意してください。


 ↓↓↓











作中での活躍編集

遥かなる故郷へ(ver4.0)編集

シナリオ開始直後から登場。

ドミネウス邸のメレアーデの部屋に突如現れた主人公をくせ者と判断し、捕らえる。その際、主人公が持っていた銀色の箱を取り上げてしまうが、その箱にエテーネ王宮の紋章があることを不思議がっていた。

すぐ後に主人公はメレアーデの助けで脱出し、銀色の箱も取り戻したところでドミネウス邸を離れるため、ここでの出番は冒頭のみ。


シナリオを進めると、王都キィンベルの騒動の最中に再会する。

指針監督官の暴走を主人公が収めたところに、エテーネ王国の軍団長として登場。指針監督官を捕らえ、軍規に則り処罰することを告げる。

その後、主人公がメレアーデから預かっていた記憶の赤結晶による伝言の下、エテーネ王宮に向かうため転送の門の異常の解決に乗り出す。

転送の門の先は、現在は墜落して廃墟のはずのドミネウス邸が健在という謎の空間になっており、その調査を行うも謎の空間に意識を取り込まれ誰だお前状態になってしまう。

主人公により謎の空間が幻影であることがわかると正気に戻り、幻影を作りだしていた元凶を協力して討伐し、無事に転送の門の異常を解決。


主人公が王立アルケミアから持ち帰った情報により、王国を騒がせている異形獣がドミネウス王の指示により作成されたものであると確信、ドミネウス王を糾弾し退位を迫るも失敗。クオードの軽挙妄動の責は主人公にあるとされ、主人公は処刑されることに。

しかし処刑時の騒動に乗じて主人公を救出し、目の前のドミネウス王が自動人形による影武者であることを暴くと、主人公と共に本物のドミネウス王を追う。

時見の神殿の最奥にて時見の箱の力に溺れたドミネウス王を倒し、絶縁と退位を迫るが、ドミネウス王はさらに力を求めて暴走し、クオードは吹き飛ばされて気絶。

ドミネウス王は主人公により再度倒されるが、その直後の出来事でエテーネ王宮全体で大規模な時渡りが発生。主人公は脱出できたが、エテーネ王宮は中にいた人間ごと消失。クオードやメレアーデ達も消息不明となってしまった。



シナリオ中では何度かNPCとして戦闘にも参加。

レベルは50で、職業は「王子」。これまでのNPCと比べるとやや頼りないが、こちらに死人が出るとすぐにザオリクで復活させてくれるのはありがたい。







 ↓↓以下、さらなる衝撃のネタバレを含みます














砂上の魔神帝国(ver4.3)編集

青年クオード

 「エテーネ人が 現れたと聞いていたが…

  お前は 本当に ボウフラのようなヤツだな。


行方不明になっていた彼だが、現代から3000年前に繁栄していたドワーフの国、ウルベア地下帝国にて思わぬ形で再会することになる。

エテーネ王宮の消失時、無我夢中で時渡りのチカラを発揮したクオードは、エテーネ王国から2000年後に当たるこの時代に流れ着いていた。そしてこの時代で、王宮消失からまもなく大エテーネ島が大規模な地盤沈下により滅亡していたことを知る。

その滅亡を回避するため、この時代で出会った”優秀な錬金術師”と共にウルベア地下帝国のウルタ皇女に宰相として仕え、ウルベアの叡智とエテーネの錬金術を組み合わせ、エテーネ王国の時代へと時渡りをしようとしていた。ウルタ皇女も、暗殺されてしまった父を過去に戻って救いたいとの思いから協力を惜しまなかった。

クオードがこの時代に来てから10年以上が経っているとのことで、すっかり成長し青年となったクオードは、ここでは「グルヤンラシュ(『あの日へ帰る』という意味の古代語)」と名乗っているという。


しかし、主人公およびプレイヤーが知る「グルヤンラシュ」とは、かつてウルベア地下帝国と覇を競ったガテリア皇国を滅ぼし、ウルベア地下帝国をも破滅に導いた伝説の魔物の名であった。

主人公はクオードが名乗ったその名が、なぜ伝説の魔物として伝わっていたのかを知ることになる。



時渡りに用いる銀色の箱、エテーネルキューブの作成に必要な金属ボロヌジウムを欲したグルヤンラシュは、その産地であるガテリア皇国に対し戦争を仕掛け、奪いつくそうとしていた。(当時ウルベアとガテリアは対立関係にあり、ガテリアの国宝でもあるボロヌジウムを平和裏に入手するのは難しい状況ではあった)

しかしウルベアの皇帝ジャ・クバはガテリアと和平交渉を開始。焦ったグルヤンラシュはジャ・クバを暗殺し、その罪をウルベアに和平の使者として来ていたガテリアの皇子ビャン・ダオに着せることで侵攻の口実とした。そしてグルヤンラシュが作り上げたウルベア大魔神によりガテリア皇国を炎に包み、大虐殺の末ボロヌジウムを入手してエテーネルキューブを作り上げた。

つまり、ビジネスパートナーたるウルタ皇女が救いたいと願っていた父を暗殺したのは、グルヤンラシュその人であったのである。そして、そもそも時渡りのチカラのない非エテーネ人のウルタ皇女にはエテーネルキューブが使えないことも隠していた。

さらに言えば、ウルベア大魔神自体も本来の役割はドワチャッカ大陸の地脈エネルギーを吸い上げ、それを大エテーネ島に注ぎ込むことで地盤沈下を防ぐためのものである。しかし地脈エネルギーが枯渇した土地は激しく痩せ細ってしまう。事実ウルベア地下帝国では急激に砂漠化が進行していたが、グルヤンラシュはその原因が地脈エネルギーの枯渇にあることも黙っていた。

伝説の通り、グルヤンラシュはガテリア・ウルベア両国を破滅に導く奸臣であったのだ。


この事実を”優秀な錬金術師”である主人公のきょうだいから告げられ失意に沈むウルタ皇女に目もくれず、完成したエテーネルキューブとウルベア大魔神に集められた地脈エネルギーの結晶を携えてエテーネ王国へと時渡りをしようとするグルヤンラシュ。

しかしそこに現れた黒衣の剣士により地脈の結晶が奪われてしまい、全ての計画が水泡に帰す。

あらゆる犠牲を払ってでもエテーネ王国を救うという野望が潰えたグルヤンラシュ。ウルタ皇女からの糾弾にも申し開きをすることもなく、最期はウルタ皇女の断罪の銃弾を受け、砂海へと飲み込まれていった。


 「俺はどこで道を間違えたのだろう?」

 「会いたい。姉さん・・・姉さん 姉さん 姉さん・・・。」

宰相クオード


研究室にある彼の日記を読むと、なかなかエテーネルキューブが完成しない焦りと自ら人を手にかけた罪悪感などでどんどん精神をすり減らしていくのが見て取れる。

かつての実直で高潔であった少年クオードが、罪を重ね戻れぬ転落を経ていく様はプレイヤーの心を容赦なく抉ってくる。


彼本人は魔物に変貌したり洗脳されたりしたわけではなく、最初から最後まで紛れもない人間として活動している。

しかしその悪事は人間としてはあまりに道を外れていたため、「伝説の魔物」と語り継がれたのである。


シナリオクリア後、メレアーデに会うと主人公はクオードのことを話そうとするが、どうしても言葉が出ずに伝えることができない。

メレアーデがクオードの所業と死を知るのは、ver4.4となった。メレアーデは絶句しよろめきながらも、残された唯一の親類であるパドレを救うための決意を新たにするのだった。














遥かなる未来への旅路(ver4.5)編集

…と思ったら生きていた。

ウルタ皇女の銃撃で流砂の海に落下した際、完成させたエテーネルキューブを無意識的に起動させてエテーネ王国に帰還したことで一命を取り留めており、王宮の消失したエテーネ王国において暫定的にエテーネ国王代理を務め、大エテーネ島の地盤沈下阻止に尽力していた。

再会したメレアーデからは無事を喜ばれながらもグルヤンラシュとしての所業を責められるが、クオードはエテーネ王国を救うまでは死ねないと言い、主人公とメレアーデに間近に迫るエテーネ王国滅亡を止めるための協力を依頼。メレアーデも躊躇いながらもそれを承諾し、エテーネ王国を救えた時にクオードを赦すと述べる。

そして主人公とメレアーデの協力で地脈エネルギー枯渇の元凶であった魔法生物メガロダインを倒し一度は滅亡を回避したかに見えた。だがマデ神殿で出会ったキュレクスからメガロダインという脅威が出現したのはエテーネ王国が時見のチカラを使って危機を回避してきた反動であると指摘され、次の脅威として巨大隕石の衝突を知らされ茫然自失に陥る。その後姉の叱咤により立ち直り永久時環を起動させようとするが、それを阻止すべくキュロノス及びヘルゲゴーグの群れが現れる。

クオードはメレアーデを狙って放たれた光の矢を捌き、キュロノスが宿る時見の箱に剣を突き立てる。


 「エテーネの歪みを ただすため!

  滅びよ! 時見の箱ぉおおおおッ!!

 

この一撃でキュロノスを撤退に追い込むことには成功したが、同時に放たれた光の槍に身体を貫かれてしまう。

軍司令部に運び込まれ治療を受けるも、もはや手の施しようがなかった。

目の光の消えゆくクオードの手を取り、エテーネは救われたと、あなたを赦すと語り掛けるメレアーデ。


 「……ありがとう ねえ…さん。


 「ひとりにして ご……めん……


メレアーデにエテーネルキューブと王国の未来を託し、この世を去った。

クオードはあくまで暫定的な国王であったが、後にこの時期の正式な王として認められ、「閃光王」の称号が与えられている。



闇の根源(ver5.5)編集

主人公のきょうだいの記憶の世界で登場する。

古代のドワチャッカ大陸で出会い、互いに時間の漂流者として元の時代に戻るため協力しようと意気投合する。

なお「グルヤンラシュ」の名は、きょうだいと出会った穴倉を旅立つ際に名乗り始めていた(きょうだいからは「グルランヤシュ」と間違われていた)。

しかしきょうだいはとある事情で不老の身体となっていた。一方のクオードは時を経るにつれ身体が成長し、互いの時間に無限と有限という差があることに絶望。焦燥感に苛まれた結果、上記の凶行に走ることとなる。そして、和解することができないまま二人の道は分かたれてしまった。

後にきょうだいは、4.3の時代より少し後のドルワーム王国へと時間漂流しドルワーム王国の危機を救うが、そこでグルヤンラシュがウルタ皇女に処刑されたことを聞く。その時のきょうだいの表情は泣き笑いのようだったという。

時間の漂流者という同じ境遇であるはずのクオードからも差異を突き付けられたことが、きょうだいの孤独を決定的に深めることになってしまう。



天星の英雄たち(Ver6.0)編集

天星郷の天使から、数百年以上前に英雄候補として名を挙げられたとの話を聞くことができる。

しかし評価は真っ二つに割れ、最終的には「いくら何でも人を殺しすぎ」と、功績よりも罪過の方が大きいため却下されたという。



蒼天のソウラ編集

直接の登場はないものの、本作に登場する魔博士たちは元々3000年前のウルベア地下帝国の科学者であったが、人倫を逸した研究と作り上げた大量破壊兵器の恐ろしさから当時の皇帝に放逐され、その後に台頭してきたのがグルヤンラシュであるという設定がある。


そして完結後に連載されている後日談「Dragon Departure」の1話にて、男女ペアの新任の研究者が魔博士達を時空の狭間に放り込んだとある。明確に名前は出てこないが、後に帝国の宰相に出世した少年の方がクオードであると思われる。


関連タグ編集

メレアーデ ドラゴンクエストⅩ  人間(DQ10)

レオーネ(DQ10):同作の登場人物。エピソードや結末に類似点が見られる。

リック(DQB2)ドラゴンクエストビルダーズ2の登場人物。容姿が似ている他、真面目で実直な性格が災いして絶望から闇堕ちしてしまう等の共通点。

ジャキクロノ・トリガーの登場人物。古代王国の王子、親を敵視している、未来に飛ばされ人々に恐れられる存在になる、姉思い等の共通点が見られる。

関連記事

親記事

人間(DQ10) にんげん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 200022

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました