ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドラゴンクエストビルダーズ2、ムーンブルク編にて登場するキャラで、ムーンブルク1の剣士でもあり、アネッサとは戦友の関係であるようだ。
主人公一行がムーンブルクに着いて初めて出会う人物であり、ムーンブルクの現状やこれからやるべきことを、ものづくりに懐疑的な他の人々とは異なり協力的に解説してくれる。冒頭でムーンブルク城を包囲している包囲軍との戦いに加勢してくれたりして、他のキャラからもいい人だと思われている。

過去

実はリック、戦争の中で家族を全て亡くしており、アネッサの言うところによると両親と妹がいたようだ。その影響でリックは人一倍、『死ぬことへの恐怖』が強くなり、ストーリー中でも度々その事をビルダーに打ち明けている。だが、この過去のこともあって…
以下ネタバレ注意


















その真意

主人公とムーンブルク軍がハーゴン3兵団を制し、後は総督だけといったところでリックが「一人で不届き者を入れる牢屋を作ってくれ」と依頼してくる。依頼通りに牢屋を作り、そこに入れられたのは何とビルダーの親友でもあるシドーだった。リック曰くアネッサが王に進言したとのことだが、シドーは「信じていたビルダーがリック達の命令で自分を入れる牢屋を作った」事で腹を立ててしまう。この一件でシドーと仲違いしてしまった事で、ムーンブルクのほぼ最大戦力だったシドーが外れてしまった。
その後、ミナデイン砲を作り、ちから、魔力のオーブを取ったところでリックが今度は「ゆうきのオーブのあるロンダルキアは恐ろしい場所であるためムーンブルク兵全軍(近衛兵は除く)でゆうきのオーブを取りに行こう」と王に進言する。その言葉にアネッサは城の守りを理由に難色を示すが、リックは何故かここに執着し、王様もビルダーにムーンブルク兵全軍を率いるゆうしゃのはたを渡してしまう。そして全軍で向かったロンダルキアは…












美しい草原が広がる、天国のような場所だった。
皆この異様な光景に驚きながらも、ロンダルキアにそびえ立つ城に入ってみると…そこは何故かボロボロになったローレシア城だった。一応人はいるのだが、勝手に話を進められてやくそうのつもりが枯れ草を受け取るハメになる道具屋に始まり(この中でゴールドの話も出てくるが、そもそもドラクエビルダーズ2の世界にゴールドという概念はない)、ビルダーのことが王子様と呼ばれたり、ハーゴンが慈善家同然の扱いをされていたり、そもそも城がボロボロなのにその話は一切出てこないなど、明らかに異常な言動や振る舞いが目立つ。そのまま王の間に行くと、王と話した後、熱に浮かされたように言葉を繰り返して消え、それに続くように他の住人も消えていく。そして、住人が全員消えた後のローレシア城に、一人のあくましんかんが現れ、いつわりだの消えゆく瞬間だの、ムーンブルクの面々からしたらとても理解できない事を喋った後、「ハーゴンさまがお造りになったこのはじまりの場所を貴様らの墓標としてくれよう!」と、しにがみのきし達を呼び寄せ、臨戦態勢になったが、リックだけ剣を構える素振りがない。その直後「そなたの働き、素晴らしかったぞ。さあ、こちらに来るがいい!」この呼びかけに反応したのが、他でもない、リックだったのだ。そしてそのまま彼は悪魔神官により、約束していた褒美としてシルバーデビルにされ、歓喜していた。シルバーデビルは剣なんて持っていないのに。そしてそのまま戦いになるが、当然ムーンブルク軍のほぼ全軍になど勝てるはずもなく敗北。死に際リックはこの世界がいつわりの世界で、滅びの日が近い事を偶然知ってしまったが王は何も答えてはくれず、そんな時あくましんかんから誘われて裏切り者になった事を明かし、あれほど恐れていた死への恐怖を全く口にせずハーゴン様万歳と叫んで死んでいった。
この一連の行動はあくましんかんが練っていた「自分達とゆうきのオーブをおとりにしてムーンブルク兵ほぼ全軍を迎え撃つ=自分達は捨て駒同然に動き、その隙に城をドラゴン兵団に襲わせる」という策の一部だった可能性が極めて高く、リックもその作戦の駒の一部になったのだろう。

彼には彼なりの想いや事情があったのだろうが、まものでありながら最後まで人間の為に行動しその死を惜しまれたマギールの存在や、主人公とシドーの関係に深い亀裂を与えた行動などから、プレイヤーからは酷評されてしまっている。

関連タグ

シルバーデビル あくましんかん 闇堕ち ハーゴン

関連記事

親記事

ドラゴンクエストビルダーズ2 どらごんくえすとびるだーずつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リック(DQB2)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リック(DQB2)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6183

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました