ピクシブ百科事典

クグツカイ

くぐつかい

クグツカイとは『侍戦隊シンケンジャー』に登場するアヤカシの1体である。
目次[非表示]

「邪魔するな……。此処の人間操って、皆で戦わせる。人と人の命を奪い合う……!この世の『地獄』だ……」
CV:武虎

データ

【身長】一の目・197㎝→二の目・
【体重】一の目・88㎏→二の目・

概要

操るナメクジの様な、操られる傀儡の様な姿を持つアヤカシで、筋殻アクマロの第3の配下。『小袖の手』のルーツとされている。
まるで二人羽織の様に、緑のローブを被った等身大のナメクジの化け物が背後から糸で人間を操っている様な悍ましい外見をしており、ナメクジの頭部に当たるローブの隙間から爛々と光る黄色い目を覗かせる。
斯様な外見に反して本人は口数少なく、黙々と任務を遂行する寡黙な仕事人気質な性格である。

使用武器こそ持たないものの、その名に恥じぬえげつない能力の持ち主で、人間の手首に「思念の糸」を付ける事で、三途の川越しからでも人間を意のままに操る術を使う。
操られた人間はまるで人形の様に感情を無くし、無表情のままクグツカイに従うだけの存在と化してしまう上、彼の糸自体もクグツカイ自身の特殊な念動力で守られている為に絶対に切る事は不可能。操られた人間達を解放したければ、クグツカイ本人を倒す以外に方法は無い。
尚、思念の糸は透明で目に見えないが、劇中ではダイゴヨウの発する光で可視化されていた所から、モヂカラを使えば切れはせずとも見破れる物と思われる。

劇中では鷹白学院なる高校に潜伏し、教師と生徒を操っての殺し合いをさせる事でアクマロの狙いである地獄の顕現に加担した。尚、ドウコクに対する表向きの名目は、自身の任務を人間の悲しみを一気に引き出す事で、三途の川を増水させると言う物である。

劇中での活躍

鷹白学院に密かに潜入し、上述の能力で教師と生徒を操り、お互いの殺し合いを目論む。
六門船で何時もの通りシタリから皮肉を言われると、アクマロは船内に居座って奇怪な手付きをするクグツカイを紹介し、その上でドウコクに面白い策を練っていると報告する。

「人間の悲しみ、一気に引き出す。お楽しみ…」

当のクグツカイもそう返すだけであった。

そうして学院の生徒全員を操り人形にする事に成功すると、操った人々を盾にする事でシンケンジャーを相手に善戦するが、イエローがモヂカラで地面に掘った穴を通って背後に回ったスーパーシンケンブルーの真・水流の舞を受けて敗北。それと同時に教師と生徒を操っていた糸も消えるのだった。

その直後、二の目となって巨大化したクグツカイは、イエローの提案で偶然にも完成したシンケンダイゴヨウイカダイカイオー両名と交戦。後者の槍を糸で振り回して攻撃するも、シンケンダイゴヨウの飛び蹴りに怯んだ所へ止めの十手一直線を受け爆散した。

彼もドクロボウ同様、アクマロが自身の真の狙いをドウコク達に悟られない為の囮に過ぎず、彼の計画はまた1歩前進した。

余談

モチーフはナメクジ人形で、傀儡師も含まれている。
名前の由来は傀儡師+人形遣い

現代の伝承において、『小袖の手』と言う妖怪は着物の袖から手だけが伸びて人間を驚かす化け物らしく、クグツカイが術によって人間を操る時の手の動きがそのルーツになったと思われる。

声を演じた武虎氏は昨年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』にてオイルバンキ、そして『仮面ライダーキバ』にてマンティスファンガイアの声を演じており、同年がスーパー戦隊シリーズ及び仮面ライダーシリーズ初出演となった。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ 小袖の手
傀儡師 ドールマスター

傀儡太夫:『星獣戦隊ギンガマン』に登場する傀儡師繋がりの戦隊怪人
爆発弾サイマ獣ガスガイル:『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場するナメクジモチーフの怪人。
ヒトミダマ:同じく自身の能力で人間を操り、殺し合いをさせようとした卑劣なアヤカシ。

天貴星グリフォンのミーノス天貴星グリフォンのフェルメール:こちらも思念の糸で人間を操る。

関連記事

親記事

アヤカシ あやかし

兄弟記事

コメント