ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「グワァアアア!……と言いたいところだが、本当のオレはここにいたりする…カッコ良いだろう?」


曖昧さ回避

  1. ゲーム『サクラ大戦Ⅴ』の登場人物。表記は『髑髏坊』。→髑髏坊
  2. 特撮番組『侍戦隊シンケンジャー』に登場するアヤカシ。本記事で解説。
  3. ゲーム『魔法使いと黒猫のウィズ』のイベント『ASHURA』の登場人物。表記は『髑髏坊』。

データ

身長201cm(二の目時:60.3m)
体重84kg(二の目時:21.0t)
CV松本大

概要

第二十九幕「家出提灯」に登場。

髑髏のような、ボロ布のような姿を持つアヤカシで、妖怪『狂骨』伝承のルーツとされている。


筋殻アクマロの2人目の部下であり、白い筋肉の身体を骨が上から覆った姿をしており、骨の隙間からは白いボロ布がはみ出ている様に見える。特に頭部はそれが顕著で、ボロ布と言うより最早白髪のロングヘアーとさえ言える程。

更に腰の袴は血の様に赤く、なぜか股間の辺りに赤い髑髏が逆さに付いているのも特徴。そして背中には後光のような輪が上下に2つ並んでいる。

武器は「濡髪糸眉刀(ぬれがみいとまゆとう)」といい、無数の布で作られた様な形状の巨大な刀である。


戦闘では妖術を使って自身の影から無数の分身を生み出し、奇襲を仕掛けるという撹乱戦法を得意としており、この分身は実体はないが、触れる事ができるので数で攻めることも可能。

しかし戦闘力自体は高くない上にあくまで影なので光に弱く、強い光を受けると消えてしまう。

その為強烈な光を放てるダイゴヨウとの相性は最悪でほぼ完封されてしまっている。


外見こそ不気味だが、その性格は外道衆一カッコ良いドクロボウ様」を自称する筋金入りのナルシストであり、初めて会った相手に対してもまるで因縁のあるようなやり取りを強要、毎回盛大な自己陶酔に浸る鬱陶しい性格。

更に隙あらば自身の貌を撫で回したり、裏ピースサインやカメラ目線でドヤ顔を決める等、骨のシタリからも「気持ち悪い」と露骨に気味悪がられた(シタリは元々アクマロに対しても良い感情は持っていない)。


劇中での活躍

劇中では、三途の川の増水というよりも主に血祭ドウコクのご機嫌取りの為に、アクマロから選出されてシンケンジャーに戦いを挑むべく出撃する(上記した術を見ても分かるが、あまり三途の川の増水という任務に適した能力ではない)。

とある工場地帯に出現すると、駆け付けたシンケンジャーを上述の分身能力で翻弄。

両手からの光弾で6人に大ダメージを与え、そのまま「濡髪糸眉刀」とどめを刺そうとするが、水切れを起こした為に撤退を余儀無くされる。


再び登場した時も、前回同様に分身能力でシンケンジャーを相手に善戦するが、ダイゴヨウの光で分身をまとめて消されてしまう。

そしてシンケンゴールドにダイゴヨウ・十手モードで刀を折られ、ダイゴヨウ十手打ちに怯んだ所へ、スーパーシンケンピンクの真・天空の舞を喰らって倒される。


その直後、「でっかくなって、カッコよさも1000倍~!」と叫びながら二の目となって巨大化

相対するダイカイシンケンオー二天一流乱れ斬りに怯むも、再び無数の分身を生み出して対抗するが、今度はダイゴヨウの秘伝ディスク乱れ打ちで分身を消されて丸腰になり、折神大開砲を喰らって「オレ、カッコ悪い…」と叫びながら倒された。


結局三途の川の増水には大して役に立たないまま退場したが、アクマロは真の狙いを悟られないためのカモフラージュとして差し向けたのでそれでよかったのだろう。


余談

モチーフは髑髏とボロ布で、名前の由来はそのまんま髑髏+坊


現代の伝承では『狂骨』は井戸に打ち捨てられた無数の躯が怨霊化した、白骨化した姿の化け物であるらしく、シンケンジャー世界ではドクロボウの外見と無数の分身達が不気味に揺らめく様子がそのルーツだとされている。


狂骨をモチーフにした怪人はこのドクロボウが戦隊初で、『忍者戦隊カクレンジャー』や『仮面ライダー響鬼』等、怪人のモチーフが妖怪という過去作品にはいない(普通の「骸骨」と被るからか?)

さらにモチーフがボロ布という点に限って言えば、前者に登場したシロウネリ以来15年振りである。


声を演じた松本氏は、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』で臨獣アーチャーフィッシュ拳ポウオーテを演じて以来、こちらも2年振りのスーパー戦隊シリーズ出演となった。


関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ(シンケンジャー) 狂骨


コピー忍者クリソッツ坊:『忍風戦隊ハリケンジャー』の怪人で、こちらも無数に分身する能力を持つ。


ガタキリバコンボ:2年後の平成ライダー作品『仮面ライダーOOO』に登場するヒーローの形態の1つで、ドクロボウと同様に分身能力を有する。

しかし戦闘力は全員が本体と全く同じ高さで、「被ダメージが全員に行く」というデメリットこそあるが、非常に強力。

関連記事

親記事

アヤカシ(シンケンジャー) しんけんじゃーのあやかし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました