ピクシブ百科事典

ホロンデルタール

ほろんでるたーる

ホロンデルタールとは、古代の蛮機族である。(イラスト左側)
目次[非表示]

ヨゴシュタイン「我は遂に見付けたナリ。あれこそが伝説の蛮機族・ホロンデルタール様ナリ!」
CV:無し

データ

身長:57.5メートル
体重:645.0トン

概要

遥か6500万年振りに復活を遂げた古代の蛮機族
6500万年前と言えば言わずと知れた恐竜絶滅の時代だが、それもその筈当作品では彼が恐竜を滅ぼした元凶だとされている。口癖は「ゴホゴホ」

その最大の能力は体内で生み出した滅びのエネルギーを、全身のゼンマイバネで巻き取る事によって凝縮させ、両肩のゼンマイネジの回転で放つ「ホロンデン波」
この電波は周囲に拡散させる事により、浴びた者の思考能力を奪って支配下に置き、同士討ちさせてしまう非常に危険な代物である。機械はおろか生物にも有効で、嘗てヒューマンワールドが恐竜の栄えるダイナワールドと呼ばれていた頃、恐竜の絶滅は全てこのホロンデン波による同士討ちによって引き起こされた物だったとされる。唯一の弱点は意思を持った機械生命体、即ち炎神のみ。

かつて6500万年前にキシャモス達3体の古代炎神との戦いに敗れ封印されていたが、ヨゴシュタインの執念の捜索の末に発見され、遂に現代に復活。ホロンデン波もヨゴシュタインによって強化され、キョウレツオーをも操る程にグレードアップしてしまった。

活躍

GP-34「悪魔ナオンナ」

ヒーターバンキの敗北後、エンジンオーG9キョウレツオーの前に突如地中から出現。その驚異的なパワーでエンジンオーG9を吹き飛ばすと、高層ビルを破壊しながら逃走し、古代炎神以外の炎神に大ダメージを負わせた。

GP-35「炎神ノキズナ」

街中に出現すると破壊活動を行い、ホロンデン波で自動車や信号機の機能等を狂わせる事で交通事故を巻き起こし、唯一出撃出来るキョウレツオーが駆け付けた為に交戦する。
すると其処へ蛮ドーマで駆け付けたヨゴシュタインからパワーアップゼンマイネジを移植されてパワーアップ。強力なホロンデン波でキョウレツオーを操る事に成功し、キョウレツオーと共に街を破壊し始める。

対するゴーオンジャー側は出撃可能となったガンバルオーをキョウレツオーに攻撃させると共に、ホロンデルタールをセイクウオーで相手取る。だが、ホロンデルタールはセイクウオーを物ともせず、両目からの電撃と驚異的なパワーで圧倒。
エンジンオーがキョウレツオーと交戦する最中、ガンバルオーとセイクウオーを合体解除に追い詰めるが、炎神達の決死の説得でキョウレツオーの洗脳が解かれ、更に12体の炎神G12フォーメーションで合体したエンジンオーG12が誕生する。ゴローダーGTも援軍に駆け付け、両者の連続攻撃に怯んだところへ止めのG12グランプリを喰らい爆散した。

だが敗北後、残ったパワーアップゼンマイはヨゴシュタインに移植され、ヨゴシュタインにゼンマイを体内に打ち込まれた走輔は命を落としてしまう………。

余談

モチーフはゴリラゼンマイ
名前の由来は「滅んでる」+ネアンデルタール人

関連タグ

炎神戦隊ゴーオンジャー 蛮機族ガイアーク 古代人 ネアンデルタール人

ゼツメイツ5年後に登場する怪人のユニットで、彼等も同じく恐竜絶滅の原因とされる繋がり。

マギア12年後に登場する機械繋がりの怪人群。こちらは絶滅動物がモチーフとなっている。
滅(仮面ライダーゼロワン):ロボット&絶繋がりの敵幹部。

関連記事

親記事

蛮機族ガイアーク ばんきぞくがいあーく

兄弟記事

コメント