ピクシブ百科事典

江角走輔

えすみそうすけ

『炎神戦隊ゴーオンジャー』の登場人物、主人公。ゴーオンレッドに変身する。
目次[非表示]

演:古原靖久

概要

相棒炎神スピードル
キャッチフレーズは、「マッハ全開!ゴーオンレッド!」。
気持ちいいほど単純な熱血バカにして、仲間想いな面と絶対にあきらめないタフさからリーダーを務める。口癖は「○○だ(する)ぜ!」、「マッハで○○!」

ゴーオンジャーになる前はカーレーサーをしており、若手の間では奇跡の江角と呼ばれた凄腕の選手。
ものすごい強運の持ち主で、コイントス占いでは必ずといっていいほど表が出る。
極稀に裏が出る事があるが、そうなってしまった場合は必ずよくない事が起きる。

少々強引な面もあり、後先考えない行動力から他のメンバーの反感を買ってしまう事も少なくない。
また、その性格に違わず、戦闘スタイルも猪突猛進な荒削り戦法で、大翔シンケンジャー丈瑠といった正規の訓練を積んでいる者からは『未熟』『素人』と揶揄された事もあるが、その無鉄砲さこそが彼の最大の強みであり、害地目大臣副大臣の両名の引導を渡すなどリーダーの名に相応しい戦績の持ち主。

子どもに対しては非常に優しく面倒見がよい。
また、ガイアークのドリンクを吸収してしまったことでインテリ系の悪人に豹変するわ、ヨゴシュタインの攻撃を受けたことで生死を彷徨うわ、蛮機獣と体が入れ替わって蛮機獣の姿で名乗りをする羽目になるわと結構とんでもない目に遭っている。

本編終了後はカートのレーサーとして復帰、修行に入った。

海賊戦隊ゴーカイジャー

第35・36話に登場。茶髪だった本編とは異なり黒髪になっている。
ガンマンワールドへのガイアークの残党出現に伴い、ヒューマンワールドに転移してきたボンバーと再会。同時に彼が偶然連れてきたゴーカイジャーと出会う。
しかし以外の5人はガンマンワールドに向かうのを渋ったため、「もうお前らの手なんか借りねぇ!」と単身向かうことを決断。
変身できないので、空にある次元の亀裂にトランポリン棒高跳び飛び込もうとするも失敗。なおも諦めない姿勢に「なんでそんな必死なんだ?ガンマンワールドはお前の世界でも、お前の相棒の世界でもないんだろ?」と言うマーベラス「助け合ったり、友達になったり、誰かを想う気持ちに、生まれ育った世界が違うとか、そんなこと関係ねぇだろ!」と返したことで、共感したゴーカイジャーによりガレオン船でガンマンワールドへ向かうことになった。戦闘では生身ながらウガッツと渡り合っている。
同じくガンマンワールドに来ていたスピードル、バスオン、ベアールVと再会、スピードルとベアールVが結婚したことに「なんですとぉーー!?」と驚愕していた。そして息子のマッハルコンが生まれていたことに「なんですとぉーー!?」とまたもや驚愕。(なおこれより7年後の『10 YEARS GRANDPRIX』でも、マッハルコンは未登場ながら結婚設定は健在である)
残党の一人・チラカシスギーとの決闘に応じるも、変身できないためゴーカイジャーが(表向きは「飯の時間を台無しにしたから」という理由で)代理を勝手でた。なんだかんだでお人好しなマーベラスと心を通わせる。
大いなる力は『199ヒーロー大決戦』で既に譲渡していたが、使いこなせなかったことで彼らから疑念の目を向けられる。
そして二代目害統領ババッチードにより、ゴーカイジャーをヒューマンワールドから追い出すことが真の目的であったことが判明するのであった。(仮にゴーカイジャーがヒューマンワールドに残っていても、そのままガンマンワールドを侵略するつもりだったであろうとルカは分析している)

炎神達は戦いでパワーを使いきっていたが、マッハルコンは参戦していなかったため彼を対抗馬とするべくゴーカイジャーや炎神達とマシンワールドに向かう。
そして拡声器で呼びかけに入るも、バトンタッチするや否や「おふくろさん泣いてるぞ!」とベアールVが泣いてもないのに呼びかけ(それを聞いたベアールVは「ええっ?ウチ泣いた方がええ?」と反応)、「生まれた時のお前はな、こんなに可愛くて純粋な目をしていたのに!」と初対面の身で目をキラキラさせ、突っ込んできた鎧に「うるさいよヨロイ君」と名前を間違え、「ガイです…」という訂正にも「どっちでもいいよ!」明らかにどっちでもよくない切り返しをする。

その後も、
走輔「家族3人でこたつを囲んだ、幸せな日々はどこに行った!!」
スピードル「ウチ、こたつなんて無いぜ?」
走輔「いつからそんな風になってしまったんだ!先生は悲しいぞぉぉぉ!!」
鎧「いや、いつから先生に…?」

…と熱血なのはいいがツッコミどころ満載すぎる呼びかけだった。
その後マッハルコンを海賊として迎え入れたゴーカイジャーに、『大いなる力』は「世界にどんな壁があろうとも相棒が駆けつけてくれる」=炎神を相棒にすることであったことを伝える。そして炎神ソウルの使い方を指示した。
事が終わりヒューマンワールドに戻った後、対面当初は別世界の者に対し無関心なように見えたゴーカイジャーに「炎神の相棒を見つけるとは思わなかった」と本音を明かす。しかしゴーカイジャー自体生まれた星も育ちも違う者の集まりであるため、それを聞いたことで納得。
宇宙海賊に興味を示し、「マッハ全開!ゴーカイファイアー!!」と考えてきた名乗りを披露(鎧には「めっちゃかっこいいんですけど、ちょっとかぶってる」と突っ込まれた)。しかももう一つあった模様。ちなみにゴーカイファイヤーの部分のポーズはゴーカイレッドと同じ

なお、熱血でお人好しな性分ゆえか鎧とは比較的波長が合っていた。

スーパー戦隊最強バトル!!

BATTLE1に登場。
乗り物チームに振り分けられ、高丘映士/ボウケンシルバーとタッグを組み、変わり者チームの伊賀崎天晴/アカニンジャースティンガー/サソリオレンジ組と対戦。
しかしスピードルが召喚できず、映士との口論中に彼から勧められたトマトをかじっている隙に、天晴がジェルを取り変わり者チームが勝利。後輩にエールを送って去って行った。

関連タグ

炎神戦隊ゴーオンジャー ゴーオンレッド 主人公
スピードル
香坂連 楼山早輝 城範人 石原軍平 須塔大翔 須塔美羽

漢堂ジャン江角走輔志葉丈瑠

関連記事

親記事

ゴーオンジャー ごーおんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「江角走輔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122237

コメント