ピクシブ百科事典

須塔大翔

すとうひろと

『炎神戦隊ゴーオンジャー』の登場人物。ゴーオンゴールドに変身する。
目次[非表示]

演:徳山秀典/江原省吾(少年時代)

説明

GP-16ラストより登場。
相棒は炎神トリプターゴーオンウイングスの片割れで、須塔美羽/ゴーオンシルバー。OPでの異名は「PHILOSOPHER」で、哲人や賢人とも訳されるが、達観した人という意味もある。
金のメッシュを所々に入れた茶髪の持ち主。

冷静沈着かつ、運動・学問・料理なんでもこなす多才な人物で第六感が発達している。また、数あるスポーツの中でもボクシングを得意としていて(『BANDAI TOY CATALOG 2008 SUMMER』P07より)、その才能に胡坐をかかない努力家の一面を持っている。
その上、須塔財閥の跡取りの超セレブであり、その日暮らしのゴーオンジャーとは金銭感覚がまるっきり違う。
加えて、当初はややお高く止まった完璧主義者な一面が強く、正規の戦士ではないゴーオンジャーの面々(特に自身と性格、感性共に正反対な走輔)を見下すなど、一応は同じガイアークと戦う者同士共闘しながらも、しばしば揉め事が絶えなかった。

それでも共闘を重ね走輔達の力量を認めて打ち解けてくる様になると、上記の高慢な一面が薄れ、元来の面倒見の良い性分やコミカルな言動もよく見せるようになった。
シンケンジャーVSゴーオンジャー』では妹共々バッチードによってクリスマスワールドに飛ばされて、サンタに変装していた。脱出する為にサンタたちの目をごまかそうとした際に源ちゃんに促されるまま小声で「へいらっしゃい」を連発する姿を見せた。

しかし、の美羽に危険が及んだ時には冷静さを失うことも。ストーミーワールドからやってきたワメイクルに懐かれた際には人生初となる子育て(?)を経験、育て親としての情が芽生えてきたのか別れ際には涙していた。無愛想に見えてその実は優しく、連が「オカン」気質なら彼は「オトン」気質と言った所である。
幼い頃に祖父に聞かされた怪談のせいでおばけが大の苦手。お化け屋敷では鹿児島弁が出た早輝に一喝されて何とか脱出できた。


余談

演者の徳山秀典は『仮面ライダーカブト』で矢車想を演じていた。
pixivにはそのことをネタにした所謂中の人ネタ作品も投稿されている。
闇の住人が金ピカになるとはこれいかに…。

そして、Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」では、大翔がある失敗をしでかしてしまい、それを走輔や範人に大笑いされてしまうという場面にて、「笑えよ…」とどこかで聞いたような自嘲を呟くというセルフパロディが導入されていた。


関連タグ

炎神戦隊ゴーオンジャー ゴーオンゴールド ゴーオンウイングス
 シスコン
キョウスケ・ナンブ - 男女2人組での男子がメッシュ髪繋がり。尚、中の人は後の初代キョウリュウシルバーである。
有栖零児 - 彼もまた男女2人組での男子がメッシュ髪繋がり。

戦隊ゴールド
ヒカル須塔大翔梅盛源太

歴代追加戦士
深見ゴウ/久津ケン須塔大翔/須塔美羽梅盛源太

関連記事

親記事

ゴーオンウイングス ごーおんういんぐす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「須塔大翔」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「須塔大翔」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127471

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました