ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

須塔大翔

すとうひろと

『炎神戦隊ゴーオンジャー』の登場人物。ゴーオンゴールドに変身する。
目次 [非表示]

演:徳山秀典/江原省吾(少年時代)


概要

GP-16ラストより登場。

相棒は炎神トリプターゴーオンウイングスの片割れで、須塔美羽/ゴーオンシルバー。OPでの異名は「PHILOSOPHER」で、哲人や賢人とも訳されるが、達観した人という意味もある。

金のメッシュを所々に入れた茶髪の持ち主。


人物

冷静沈着かつ、運動・学問・料理なんでもこなす多才な人物で第六感が発達している。また、数あるスポーツの中でもボクシングを得意としていて(『BANDAI TOY CATALOG 2008 SUMMER』P07より)、その才能に胡坐をかかない努力家の一面を持っている。

その上、須塔財閥の跡取りの超セレブであり、その日暮らしのゴーオンジャーとは金銭感覚がまるっきり違う。

加えて、当初はややお高く止まった完璧主義者な一面が強く、正規の戦士ではないゴーオンジャーの面々を露骨に見下す態度を向けていた為、一応は同じガイアークと戦う者同士共闘し、こいつらみたいに明確な決裂・敵対する様な事態こそ起きなかったが、自身と性格、感性共に正反対な走輔軍平とは小競り合いや口喧嘩が絶えなかった。


登場当初の言動やその風貌から無愛想に思われる事もあり、本人も明朗活発だったり、愛想を振りまくような事などは苦手としている節を見せるが、本質的には優しく、気を許した相手には面倒見の良さも見せ、が「オカン」気質なら彼は「オトン」気質と言った所である。

ストーミーワールドからやってきたワメイクルに懐かれた際には人生初となる子育て(?)を経験、育て親としての情が芽生えてきたのか別れ際には涙していた。


幼い頃に祖父に聞かされた怪談のせいでおばけが大の苦手。お化け屋敷では早輝に(鹿児島弁で)活を入れられた事で恐怖心を克服し、何とか脱出できた。

また、の美羽に危険が及んだ時には冷静さを失うことも


また、弱点ではないが時折ナルシストな気質を覗かせる事もあり、ロムビアコが現れた先には魅惑の歌声(走輔曰く)を披露したが、ヨゴシュタインからは「自分に酔っ払いすぎナリ」と言われた挙句に小さくするどころか巨大化させてしまった。


共闘を重ね走輔達の力量を認めて打ち解けてくる様になると、先述した高慢な一面は薄れると同時に、元来の面倒見の良い性分やゴーオンジャーメンバーに引けを取らぬコミカルな言動もよく見せるようになった。


具体的には

  • ロムビアコに自分の歌声が通用しなかったショックで膝から崩れ落ち、暫く歌ってた時に身につけていたバラの花弁を蹲りながら千切るなど露骨に落ち込む(後に同じく失敗したヨゴシュタインとキタネイダスも加わる)
  • 入口が狭い洞窟に入る際、1番細いということで先頭に名乗り出た美羽に対し「マジか…」と発言(その後、「文句ある?」と半ギレされると「美羽イクヨー」と小声で背中を押した)
  • 女装した事を仲間達からいじられる範人に対して「(範人みたいな)妹がいてもいいな」と発言(直後にへそを曲げた美羽から頬を抓られた)
  • 早輝の姉早苗の美貌に他のゴーオンジャー男性陣共々、鼻の下を伸ばしそうになる(即座に美羽に耳を引っ張られて制止される)
  • 泣き叫ぶワメイクルをあやすために思い切った変顔を披露し、ゴーオンジャーと妹を絶句させる
  • お化け屋敷でおばけ(に扮した人間)を見た際に、子供の様にビビり上がって、早輝の後ろに隠れる
  • 歌が好きな座敷童子を喜ばせるために一肌脱ごうとするが、範人や早輝に吹き飛ばされる

など…


Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX

妹の美羽に「バカアニ!生きてたんなら連絡ぐらいしなさいよ!」と怒鳴られ彼女のビンタで気絶したり、鎖国政策をする総理大臣に異議を申し立てた時に爆発でジャンクワールドに飛ばされて戻って来れなくなったことを、連からは「おマヌケっす」と言われ、走輔と範人からは爆笑されるなどネタキャラ化に磨きがかかった

笑えよ…


侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!

妹共々バッチードによってクリスマスワールドに飛ばされ、たまたま出くわした白石茉子梅盛源太と共に様々なワールドにプレゼントを届けるサンタに紛れる形で脱出を試みる。しかし、源太から「サンタにしては、雰囲気が渋すぎる」と指摘され、その後も結局サンタらしい振る舞いがわからずに、源太に言われるまま小声で「へいらっしゃい」を連発するという珍妙な姿を見せた。


余談

演者の徳山秀典氏は『仮面ライダーカブト』で矢車想/仮面ライダーキックホッパーを演じていた。

pixivにはそのことをネタにした所謂中の人ネタ作品も投稿されている。

闇の住人が金ピカになるとはこれいかに…。


公式や徳山氏もそれを逆手に取ってか、ファイナルライブツアーでは「これぞ完全調和…パーフェクトハーモニー」というアドリブを発したり、10 YEARS GRAND PRIXでは上記の通り「笑えよ…」どこかで聞いたような自嘲を呟く等、それぞれセルフパロディが導入されていた。


2022年にYoutubeにアップされた走輔役の古原靖久氏との対談動画によると、徳山氏が大翔役に抜擢されたのはカブトのプロデューサー(恐らくは白倉伸一郎氏と思われる)から「『おバカ戦隊』と銘打ってるゴーオンジャーだけど、初期5人が(良くも悪くも)ホントにちょっとおバカなところもあるから、現場をガツンと締める事ができる芸歴と(役者としての)人間性を兼ね揃えた人材が欲しい」として直々にオファーがかけられたとの事。


彼の名前である「大翔(ひろと)」は、本作が放送された2008年生まれの男児の名前で上位を獲得した。


動画

徳山秀典氏とゴーオンレッド/江角走輔役:古原靖久氏との対談動画


関連タグ

炎神戦隊ゴーオンジャー ゴーオンゴールド ゴーオンウイングス

 シスコン


キョウスケ・ナンブ - 男女2人組での男子がメッシュ髪繋がり。尚、中の人は後の初代キョウリュウシルバーである。

有栖零児 - 彼もまた男女2人組での男子がメッシュ髪繋がり。


戦隊ゴールド

ヒカル須塔大翔梅盛源太


歴代追加戦士

深見ゴウ/久津ケン須塔大翔/須塔美羽梅盛源太

関連記事

親記事

ゴーオンウイングス ごーおんういんぐす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158907

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました