ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カブト「影に向かいて影を斬り!」
クワガ「光に向かいて光を斬る!」
2人「電光石火、ゴウライジャー、見参!」

概要

忍風戦隊ハリケンジャー』に登場する、迅雷(いかづち)流忍者のチーム。
霞兄弟が変身する。当初はハリケンジャーと敵対関係(一時はジャカンジャと手を組んでいた)だったが、後に組むこととなる。
当初は異常なまでに強く、初戦ではハリケンジャーをボコボコにした(忍風館の落ちこぼれだったハリケンジャーと異なり、迅雷義塾のそれぞれの年次でトップの実力者であったのだから当然と言えば当然ではあるが)。しかもその際に炎の中をバリサンダーで駆け抜けるシーンがOP後の提供画面に長いこと使用されていたということからも、そのインパクトの強さが分かる。
いわゆる作中に登場する「2つ目の戦隊」なのだが、公式的には『ルパパト』のように完全に別の戦隊として扱われることはなく、ハリケンジャーの追加戦士としてカウントされる。これは最終回以後、流派が統合された影響もある(ゴーオンウイングスも同様)。ちなみに、海賊戦隊ゴーカイジャーでのモバイレーツの読み上げは「ハリケンジャー」の場合もあれば、41話では「ゴウライジャー」になっていた。

それまで仮面ライダーメタルヒーローの専売特許であった昆虫をモチーフにしたシリーズ初の戦隊ヒーローでもある。以後は昆虫モチーフの戦隊ヒーローといえばカブトムシクワガタムシという認識が定着したが、逆をいえば、カブトムシとクワガタムシの戦士しか登場していないという事でもある。昆虫ではないものの、サソリをモチーフとしたサソリオレンジが登場し、節足動物モチーフの戦士は僅かながらも増えつつある。

『非公認戦隊アキバレンジャー』でも登場し、洗脳されて忍虫戦隊ジャカンジャーとなった。そちらではテントライジャーという金色担当の戦士が登場するが、この戦士は味方にはならなかった(終始ジャカンジャの紋章が書かれた装甲を纏っており、これを纏っていないゴウライジャーとしての姿は登場しなかった)。

メンバー

霞一甲カブトライジャー(臙脂)
霞一鍬クワガライジャー(群青)

装備

迅雷流忍者の中でも優れた者に与えられる変身アイテム。ボタンを押し、羽根を展開させることで変身する(羽には甲の字が刻まれている)。
迅雷義塾壊滅の折、霞兄弟が洞窟から入手した。ハリケンジャイロやおぼろとの通信も可能だが、通信できるのは腕に付けている時だけ。
変身者によって装着されている角の形状が異なり、一甲はカブトムシ型、一鍬はクワガタ型となっている。

共通武器である万能自在棍。通常モードの他、バリアを発生させる「円月の型」・巨大十字手裏剣状の「十字の型」に変形する。十字の型は弓矢のように構えて電撃を放つことも可能。
合体技として宙返り斬りを放つ『イカヅチ雷撃斬』を持つ(『アバレVSハリケン』で使用)。
変身前では忍者刀を使用しており、『アバレVSハリケン』ではアスカが二本
借り受け、敵をX字に切り裂く『竜人アバレフィニッシュ』を披露している。

稲妻が装甲のモチーフとなったバイク。カウルから雷撃を放つ。
パワーレンジャー・ニンジャストームでは「ツナミサイクル」の名称でハリケンジャーに相当するパワーレンジャーも使用している。なお、ハリケンジャーが乗った際には乗りこなせずに横転しているが、マンマルバ(暴走体)に飲み込まれたゴウライジャーを助けるべく、ハリケンブルーハリケンイエロー(作中において最初に興味を抱いたのは鷹介と七海だが、鷹介役の塩谷瞬氏が撮影当時バイクとの接触事故で左腕を骨折しまったため、劇中でも鷹介が負傷したことで代わりにイエローが搭乗することになり、ハリケンレッド旋風神を一人で操縦してマンマルバの口をこじ開ける役目に徹していた)が短時間で乗りこなせるよう猛特訓し、何とか会得した上でゴウライジャー二人を救出している。

  • 手裏剣
迅雷流の紋章が描かれた十字手裏剣。ハリケンジャーの持つジャイロ手裏剣とは異なり、オーソドックスな手裏剣型。

この他にも太鼓を叩く事で落雷を発生させる忍術を使用し、雷忍者ウナダイゴに対抗するシーンも見られた。

  • 二重連ダブルガジェット
ホーンブレイカーとスタッグブレイカーを合体させたビーム砲。
ジェネレーターの回転でエネルギーを生み出し、「サンダー!」の掛け声で雷撃弾を放って敵を撃破する。威力はトリプルガジェットと同等。
構成武器の詳細に関しては各メンバーの項目を参照。

関係者/協力者

該当項目参照。

霞兄弟の恩師である、チベット伝来の気功を操る気功師。気功を操る事で一時的に一甲の宇宙サソリの痛みを和らげていた。
マゲラッパぐらいであれば倒せるほどに戦闘力も高く、近接格闘の他、気力を操ることで敵を吹っ飛ばす能力も持っている。二人がゴウライジャーである事は知っている模様。
シュリケンジャーが一時的に姿を借りた内の1人。演者の藤氏はかつて地球戦隊ファイブマン(こちらも兄弟戦隊)にて星川学/ファイブレッドを演じていた。

関連タグ

忍風戦隊ハリケンジャー
カブトライジャー クワガライジャー
霞一甲 霞一鍬

ゴーオンウイングス:『炎神戦隊ゴーオンジャー』に登場。第2の戦隊であり、血縁(兄妹)同士による2人編成など、ゴウライジャーの系譜を受け継ぐチーム。
リュウソウグリーンリュウソウブラック:『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の一員にして、ゴウライジャーと同じ兄弟戦士。初期メンバーながらも追加メンバー的な側面も持ち、『超獣戦隊ライブマン』のブラックバイソングリーンサイ、『ゴーオンジャー』のゴーオングリーンゴーオンブラックの立ち位置も合わせた存在。
ビートバスタースタッグバスター:『特命戦隊ゴーバスターズ』の追加戦士である、カブトムシとクワガタをモチーフにした2人組の戦士。
モモニンジャー / 百地霞(『手裏剣戦隊ニンニンジャー』):忍者スーパー戦隊の後輩。霞兄弟(姓)に対し、彼女は下の名前が「」である。

仮面ライダーストロンガー:電気エネルギーの技で戦う、カブトムシモチーフの仮面ライダー
仮面ライダークウガ:電気エネルギーを用いた強化フォームを持つ、クワガタモチーフの仮面ライダー。
仮面ライダーカブト仮面ライダーガタック:『仮面ライダーカブト』の主人公と副主人公である、それぞれカブトムシとクワガタをモチーフにした仮面ライダー。

重甲ビーファイタービーファイターカブト同一制作会社によるメタルヒーローシリーズの昆虫戦士チーム。ゴウライチェンジャーのデザインは、ビーファイターの変身アイテムであるビーコマンダーに類似している。

風のトライブ(『超星神グランセイザー』):同じく昆虫がモチーフの変身ヒーロー3人組。主人公達と当初は対立関係にあったが、後に和解すると言った点でもゴウライジャーと共通している。
ツインファントム:こちらも電気の力で戦う血縁者のコンビ。最初の頃は主人公ら3人組と対立し、後に和解すると言う点が共通。
忍虫戦隊ジャカンジャー(『非公認戦隊アキバレンジャー / シーズン痛』):ゴウライジャーの2人が洗脳され、悪の戦隊にされてしまう。

フロスト兄弟(『機動新世紀ガンダムX』)冷静沈着な兄と血気盛んな面な弟による兄弟戦士であり、主人公チームと敵対関係(ゴウライジャーと違い、最後まで和解はしない)なことや放送ネット局が同じ。

関連記事

親記事

忍風戦隊ハリケンジャー にんぷうせんたいはりけんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「電光石火ゴウライジャー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「電光石火ゴウライジャー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25232

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました