ピクシブ百科事典

キタネイダス

きたねいだす

「炎神戦隊ゴーオンジャー」に登場するキャラクター。

CV:真殿光昭

概要

蛮機族ガイアーク三大臣の一人。空気を汚染する「害気目」の蛮機獣を作り出す害気大臣。
ただしダウジングバンキ、ヤタイバンキ、ダンベルバンキなど、「害地」でも「害水」でもないモチーフのものが、なし崩しに「害気」扱いになるパターンが多い。
基本的に科学者タイプのため、前線に出た回数は三大臣の中では最も少ないものの、手にする杖「キタネイバー」を振るって戦えば、かなりの戦闘力は発揮する。
語尾には「~ぞよ」とつけるのが口癖。

左右非対称のいかにも悪役然とした顔のデザインで、初期は卑怯で陰湿な作戦を実行していたが、三大臣の人気が上昇すると共にそういった面は影を潜め、落ち込むヨゴシュタインを慰めたり、ケガレシアと淋しく七並べで遊ぶ姿が描写されるなど、コミカルで穏健派のキャラクターへとシフトしてゆく。
ガイアーク一の卑怯者で、狡猾で意地悪な作戦を好む頭脳派であるが、戦闘での仲間の成果をある程度認める度量や部下思いかつ仲間思いな面も持ち合わせており、ヨゴシュタインの死に悲しむケガレシアとウガッツ兵に対し、ゴーオンジャーを倒し、ヒューマンワールドを汚すことが友であるヨゴシュタインへの餞として、強力な蛮機獣であるエンジンバンキを開発して仇討ちを行った。
また、ビックリウムを始めとする数々のややこしい蛮機獣や独特のマシンを生み出してきたが、その全てが便利な物ばかりではなく、独自のネットワークを持つ為に様々なブレーンワールドの知識に長けており、独自のネットワークを持ち様々なブレーンワールドに知人を持つ。
ヒューマンワールドで覚えた趣味はトランプで、特に「7並べ」である。

最期は横暴な独裁者ヨゴシマクリタインに反旗を翻し、ケガレシアと一緒に粛清されてしまうが、死の間際にゴーオンジャーに無尽蔵にエネルギーを生み出す永久機関「デウス・ハグル・マギア」の存在を教え、最後はあの世でヨゴシュタインに会える事を喜び、息絶える。
その後、あの世でもヨゴシュタインやケガレシアと仲良くやっているらしく、『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー』と『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』の二度にわたってゲスト出演するという異例の復活を果たし、ファンを喜ばせた。

関連タグ

炎神戦隊ゴーオンジャー ヨゴシュタイン ケガレシア

pixivに投稿された作品 pixivで「キタネイダス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7024

コメント