ピクシブ百科事典

ゴーバスタービート

ごーばすたーびーと

『特命戦隊ゴーバスターズ』に登場する巨大ロボ。
目次[非表示]

概要

ビートバスター専用のバスターマシン「BC-04ビートル」のメガゾード(人型)形態。

スタッグバスター「俺のマーカーシステム作動!」の掛け声と共に
クレーン車型の「バスタービークル BC-04ビートル」が、「SJ-05スタッグビートル」を搭載した状態で亜空間の格納庫から現場に急行する。

カブトムシ型の「バスターアニマル BC-04ビートル」に変形することも可能で、エネトロンをあたかも樹液を吸うかのように吸引することが出来る。(「バスターアニマル SJ-05スタッグビートル」も同様)

クレーンが変形した腕は右側に伸ばすことが可能で、更に右腕に備わったフックは3000メートル以上伸ばすことができ、これを生かしたパンチを繰り出したり、敵を吊り下げて振り回すというトリッキーな戦いを繰り広げる。

また、両足には長剣・ビートソードとしても使える大砲・ビートキャノンが折りたたまれており、文字通り距離を選ばない戦いが可能となっている。

必殺技は「It's Time for Beat Attack!」の音声と共にビートキャノンを発射する「ビートキャノンバースト」と、伸ばした腕をカタパルトとしてビークル形態のSJ-05を突進させる「ビートカタパルトアタック」

因みにヴァグラスはこの設計図を盗んでメガゾードδを開発しており、ゴーバスタービート初披露は「本家VSコピー」の対決となった。

バスターヘラクレス

ゴーバスターズらくがき


「SJ-05スタッグビートル」と合体した形態。昆虫型メカ同士が合体したロボは電光石火ゴウライジャー轟雷神以来となる。
ビートが05のパーツを武装した格好となっており、頭部こそ顔面が展開して別物になっているものの、エースに05が合体したスタッグカスタムの存在を鑑みれば、三体合体のゴーバスターオーに比べるとビートの強化形態という印象が強いかも知れない。

ビートと同様のビートキャノンに加え胸部にガトリングバズーカ、右腕に05のビークル時の機首が変形したスタッグランチャー、そして左腕には05のアニマル時の頭部が変形した攻撃にも使用可能な盾・スタッグシールドと重武装となっており、ゴーバスターオーに比べ火力に優れている。

砲撃戦に特化した形態なのでゴーバスターオー同様劇中では必ずしも合体するとは限らない。
必殺技は全装備の砲門から一斉射撃を放つヘラクレスクライシス


関連タグ

特命戦隊ゴーバスターズ 戦隊ロボ メガゾード

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーバスタービート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1917

コメント