ピクシブ百科事典

メカに定評のあるゴーバスターズ

とうえいのほんき

『メカに定評のあるゴーバスターズ』とは、その通りメカがとてもいいというゴーバスターズらしい事である。
目次[非表示]

特命戦隊ゴーバスターズは放映開始直後から、メカ(と携わる人々の)描写にスーパー戦隊シリーズで一番力を入れていると言われている。
実際スタッフも、「メカ押し、ロボ押し」と公言(「スーパーヒーロー作戦」パンフレット等)するほどきっちり狙っている。
その為、

特命のエース


こんなカッコいいメカだったり


個性的なキャラがいたり

GBまとめ2


司令本部があったりする

それゆえ二次創作で

飛び込め 危機の最前線


カッコいいイラストが描かれたり

Take care your bud


メカに慣れ親しんだ風景が描かれたり

\ほわあぁぁぁあああああああ!!/


ネタに走られる事もある


(これらのイラストはこのタグが付いていたイラストを張り付けました。)

大体こんな感じ

以下本編でのメカ関連の活躍(およびネタ)を紹介。
ネタばれも含まれてるので注意してください。


全体を通して

・今までの戦隊では珍しくリアルな設定とメカディティール
・コックピット内にはタッチパネルからエネトロンのリアルタイム残量表示、アナログなスイッチ&ランプも配置され、いい意味のゴチャゴチャ感が現実的。
ゴーバスターエース(以下、エース)の着ぐるみにはコーションマーキング(実在の兵器からガンプラ、ゾイド等にも取り入れられた整備ミス防止の注意書き)が貼られている。
・エースだけでも50人の担当整備士が存在。
・整備士の出番が後述の通り多い(シンケンジャーの黒子達を継承、発展)。
・発進シークエンスはアナウンス音声も含め、通常時と緊急時でちゃんと異なる
・発進時、各マシンに職員が手信号でゴーサインを出す
・賛否が分かれているがフルCGを使った変形。
のメガゾードは、既存の素体にその回のメタロイドとリンクした換装が施されるカスタム機。商品として怪重機を購入するデカレンジャー以来の超リアル路線である。
・メガゾード登場までの時間がリアルタイムで進行、メタロイド戦と同時進行の場合も。


  • 第1話
チダ・ニック、バイク状態で初登場。
レッドがバイクに乗りながらの敵攻撃。
・エースが『ビークル時両側からバルカン展開』や『メガゾード時肩(合体する時に腕が繋がれるところ?)からミサイル発射』などの番組オリジナルギミックを発揮。

  • 第2話
・何気にマシン収容後の点検シークエンスが表現される。
・エースの剣は予備が何本もあり、何かあればすぐ転送される。

  • 第4話
・(今更ながらだが)初の整備員セリフ。
・エースがカッターロイドと相討ち。照明の落ちたコクピットに敵の攻撃で開いた穴から光が差し込む、激闘と静寂の神描写。

  • 第5話
・基地の秘匿性&万が一の安全性のため、格納庫が分散していることが明らかに。

  • 第6話
・収容したγが再起動、しかもエンターの策略で格納庫が爆破される。
・ゴーバスターオーに初合体。まさかウサ耳がフィールド発生型の盾になるとは。

  • 第7話
・整備士メイン回。
整備時のチェックミスでエースが出撃不能に。
・修復作業でコクピットの制御系が一部明らかに。
・敵メガゾードの攻撃時がジェットストリームアタックのようなフォーメーション。

  • 第9話
・レッドが「ゴーバスターズは三人だけじゃない。仲間達と共に戦っているんだ!」とキメた際、イメージの集合絵にはちゃんと整備士たちもいる

  • 第10話
・純粋な戦闘型のダンガンロイドが、レッドとガチバトル。カッコ良過ぎる…

  • 第11話
・リュウジのウィークポイントを克服するためにゴリサキが奮闘するストーリー。
・敵メガゾードが発した強風でヘリコプター状態のRH-03が吹き飛ばされて星(のように)になる。
(ヘリコプターに限らず空を飛ぶ乗り物は強風に弱いので墜落しなかっただけ幸運とも言える。)

  • 第12話
・コピーゾードが寸分違わぬ偽エースに変身。

  • 第13話
・『怪人と敵メカが同一モチーフ』という本作特有のハンデがあるにもかかわらず、同型メタロイドはスーツ流用度が異様に低く感じられる。

  • 第14話
・シリーズ的には終盤やるはずの、マスク破損を2クール目序盤に実行。モーフィンブレス(変身アイテム)も破損→応急処置に。
・前後編の後編、同じモチーフなのにさりげなく敵メガゾードは前回(タイプα)とは違う素体(タイプβ)を使用。

  • 第15話
・ソウジキロイドの攻撃でニックがM字開脚を披露。

  • 第16話
・陣マサトとビート・J・スタッグを特命部が警戒している時にビート・J・スタッグが普通にやって来る
ニック「酔っ払って帰って来たオヤジかって!」
・ヒロムが出迎えるとビート・J・スタッグは開口真っ先に「エネトロンをくれ。」
・J「ビート・J・スタッグ。Jは『樹液』のJだ。」
・ヒロムとマサトのシリアスシーンの傍ら何気にJの趣味が『樹液探し』だと言う事が判明
・5人での戦闘中に敵メガゾードのダイレクトアタック
・ビートバスターとスタッグバスターの個人メカの登場。
しかもエネトロン吸収と言う敵(まさに『ヴァグ(虫)ラス製』)のような能力。

  • 第17話
・メガゾードσ初登場。ディメンションクラッシュの空間干渉を打消し、ゴーバスターオーに初黒星を付ける。
・ゴーバスタービートも初登場。両者初登場回にして、同じ設計図を基にしたメカ同士の対決が実現

  • 第18話
メタロイドが現れる間もなく敵メガゾードの転送完了
・クレーンのワイヤーが3000m以上あるBC-04。先輩、さすがです
・バグゾードを4体も連れたドリルゾードVer.2のおかげで、地上と地下の同時巨大戦が進行。

  • 第19話
・イメチェンを狙ったニックがプロ並みの料理、超前衛アート、オネエ姿を披露。
・スパナロイドの分解能力で、ニックの肩パーツやバイク形態の前輪&カウルが外される。
・ただでさえ強くてかっこいいγが、両腕にモンキースパナを装備して純格闘型に。スパナゾードはまさに漢のロマン。
・バスターヘラクレス初登場。砲撃戦もまた漢のロマンです。
・δへのリベンジマッチに臨むゴーバスターオー。空間干渉を放棄し、全力キックで見事粉砕。

  • 第20話
・グレートゴーバスター初登場。近年ありがちだった「気合だけで成功」や「こんなこともあろうかと」ではなく、一昼夜フル稼働、途中描写たっぷりの突貫作業をしたメカニックの皆さん、お疲れ様です。
・グレートゴーバスターは格納庫で換装作業後、全員搭乗してから発進という例のない出撃法を取る。ありそうでなかったゆえに新鮮。

  • 第21話
・吹っ切れたブルーのおかげでGB-02無双。パワー型は伊達じゃない!

  • 第22話
・キーロイドの能力が、「開閉するものは解除不能に閉め、電源のあるものは強制無期限シャットダウン」というチート能力。
・キーゾードにも↑の能力が反映され、グレートゴーバスターが二戦目にして火器管制ダウンを起こす。
・ただし推進系は無事だったので、垂直ジャンプからの踏み付けで逆転

  • 第23話
・ジシャクロイドへの対抗策として、試作型プロテクターが登場(超獣戦隊ライブマン第38話を思い出したファンもいるとかいないとか)。わざわざヨーコの装着バンクも流れる。

  • 第25話
・ロウソクロイドの能力がメロボットには効かないため、Jが大活躍。かぶることも役に立つもんだ。

  • 第26話
・ケシゴムロイドのスパイ大作戦。データ消去能力と体の小ささを生かして、指令室を最大の危機に叩き込む。
・ケシゴムゾードによってバスターマシンの合体プログラムが消失
・しかし、そのおかげでゴーバスターエース スタッグカスタムが登場。SJ-05のパーツがブースター兼格闘武器になる様子は、30分後のライダーが持つ限定フォームのよう。
・上記のとおり合体を封じられるも、マニュアル制御に切り替えてゴーバスターオーへの合体を敢行。紙と鉛筆だけで必要なタイミングと座標を割り出した、指令室の本気炸裂。


OP

・エースをバックに、整備士の一斉ポーズがキマる。

ED

・一瞬だがゴーバスターエースがノリノリで踊る。映像変更後はGB-02ゴリラも上機嫌。
・整備員の皆さんもノリノリである。

CM

・リニューアルしたSHTの最後でロボコントを披露。
(リニューアルしたSHTにメカのパワーダイザーが登場していないのはお察し下さい。)
・第11話で登場した永谷園のCMでのニックのポーズが微妙過ぎる
・第12話のAパート終了時の状態のイヤリングとキャンディ(?)CMのコンボでイヤリングが男の子に食われたというとんでもない見間違いが発生
イヤリングとキャンディがほぼ同じ色だったのが大体の原因かもしれない。

他にもあれば追加願います

pixivに投稿された作品 pixivで「メカに定評のあるゴーバスターズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76452

コメント