ピクシブ百科事典

スチームロイド

すちーむろいど

スチームロイドとは『特命戦隊ゴーバスターズ』の夏の劇場版「特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!」に登場した怪人である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

遊戯王OCGのモンスターカードの一種。ビークロイド参照。

「ヴァグラスの1番星・スチームロイド!」
CV:楠大典/スーツアクター:中村博亮

データ

製造モチーフ:工場
メタウイルス:「錆びる」SABIRU(カードの色はピンクか?)
エネトロン消費反応場所:朝汐地区 A-804ポイント
識別ナンバー:K-10
推奨動作環境:工業団地(総面積333ha以内)
オーダー:東京エネタワーに設置された転送装置を死守する

概要

エンターが都内のとある工場に「錆びる」のメタウイルスをインストールする事で製造したメタロイド。自称ヴァグラスの1番星」
その名の通り頭部や両肩に煙突の付いたスチームパンクな外見をしており、性格も職人気質で「仕事にはなるべく金(エネトロン)を懸けない方が上等」とエンターに発言する程である。

その能力は背中と右腕の給水口から水を体内に取り込み、上述のの煙突から特殊な黄色い蒸気を発生させると言う物で、この蒸気にはメタウイルス通りあらゆる金属をボロボロに錆び付かせてしまうと言う厄介な特性が有る。しかも錆び付かせる金属はバディロイドメガゾードのボディに使用される特殊金属も例外では無い。

本編では「東京エネタワーに大量のエネトロンを蓄積し、転送エネルギーの放出によってエネタワー周辺の全てのエネトロンタンクを街ごと亜空間に転送する」というエンターの作戦を補佐する役割を担った。劇場版に登場する怪人であるだけあり、特殊能力のみならず戦闘能力も折り紙付きで高い。

劇中での活躍

大規模なエネトロンタンク強奪計画の要となる東京エネタワーを死守する為、上述の能力でバディロイドのボディを錆び付かせ、バスターマシンをも出動不能に陥れると言う大殊勲を挙げる。
戦闘力自体もかなり高く、レッド達3人のウイークポイントも手伝い、大量のバグラーと共に幾度もゴーバスターズを撃退してみせた。

その後、エネタワー内でゴーバスターズと再度激戦を繰り広げるが、ブルーイエローに動きを封じられた所へレッドの突進でエネタワーから突き落とされてしまう。
地上に落下していく最中、3人がエネトロンをチャージして放った止めのイチガンバスターの射撃を受け爆散した。

余談

識別ナンバーの「K-10」の元ネタは声を演じた楠大典氏の苗字のイニシャル「K」、数字の10は名前の「大典(たいてん)」の「てん」を英語で10を意味する「テン(ten)」に置き換えた物。

演じた当人もスーパー戦隊シリーズ出演は今作が初となった。

劇中で自身がメガゾード軍団のマーカーとなっていたのかは不明だが、同個体のデータをダウンロードされたメガゾードは登場しなかった。
これは彼が煙突から吐く蒸気がヴァグラス側のメガゾードをも錆び付かせる恐れがあった為である。

関連タグ

特命戦隊ゴーバスターズ ヴァグラス メタロイド
スチームパンク

関連記事

親記事

メタロイド めたろいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スチームロイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント