ピクシブ百科事典

バスターマシン(ゴーバスターズ)

ばすたーましん

特命戦隊ゴーバスターズの巨大戦力

メカニック

ゴーバスターエースCB-01チーター
レッドバスターが搭乗するバスターマシン。パトカー、アニマルモードに3段変形。
シリーズにおける【レッド専用ロボ】的な存在。

GT-02ゴリラ
ブルーバスターが搭乗するバスターマシン。輸送トラックから変形。
バナナミサイルが武器。

RH-03ラビット
イエローバスターが搭乗するバスターマシン。パトロールヘリから変形。
アニマルモードでの登場はあまりなく、ヘリ形態での援護攻撃を基本とする。

ゴーバスターオー
ゴーバスターエース、GT-02ゴリラ、RH-03ラビットの3機のバスターマシンが、「コンバインオペレーション」により合体した姿。
必殺技のディメンションクラッシュは一撃でメガゾードを粉砕するが、エネルギーの消耗が激しい。

ゴーバスタービートBC-04ビートル
ビートバスターが搭乗するバスターマシン。クレーン車、アニマルモードに3段変形する。
必殺技は、SJ-05スタッグビートルとの連携によるビートカタパルトアタック。

SJ-05スタッグビートル
スタッグバスターが搭乗するバスターマシン。戦闘機から変形。
作中ではエネトロンタワーをアニマルモードでエネルギー吸収など、コミカルな描写が目立つ。

バスターヘラクレス
ゴーバスタービートとSJ-05スタッグビートルが特命合体した姿。
重火器攻撃に特化したメガゾード。必殺技は装備した火器を一斉に放つヘラクレスクライシス。

グレートゴーバスター
5体のバスターマシンが特命合体した亜空間戦闘用の大型メガゾード。
亜空間へ突入出来る形態であるが、メインパイロットであるレッドバスターへの負担が大きく、短期決戦用の形態となっている。
必殺技は、全エネルギーを槍に込めて敵メガゾードを貫くデモリションスラスト。
グレートゴーバスターへの合体は基本的に基地内で行われるが一応野外でも合体できる。

ゴーバスターエース・スタッグカスタム
ゴーバスターエースとSJ-05スタッグビートルが合体した形態。
エース単体時よりも機動性が増しており、スタッグビートル用の火器を武器に戦う。

タテガミライオー
葉月サブロー博士が開発したバディゾード。バイク、アニマル、メガゾードに3段変形する。
ゴーバスターエースとのコンビネーションを前提に開発されており、バイク形態ではエースを乗せる事が出来る。

ゴーバスターライオー
タテガミライオー、RH-03ラビット、GT-02ゴリラが特命合体したメガゾード。
ミッション44では、ヒロム達が生身の状態で操縦し、メサイア・リブートと激闘を繰り広げた。
必殺技はイグニッショントルネード。

ゴーバスターキング
タテガミライオーをコアに4機のバスターマシンが特命合体した形態。
グレートゴーバスターとは異なり、野外での合体を行う。パワーに特化している分、機動力は低い。
必殺技はバスターランスにエネトロンを収束し、敵メガゾードを三連続で斬り裂くエミッションブレイク。
ちなみに、メインメカ以外のロボットが他の支援機と合体するパターンは「ダイレンジャー」の牙大王以来。

FS-0Oフロッグ
劇場版およびTV版ミッション44に登場。陣マサトが開発した初期型バスターマシン。
潜水艦からカエルに変形する。「0O」はゼロオーと読む。

ゴーバスターケロオー
劇場版およびTV版ミッション44に登場。
ゴーバスターエース、GT-02ゴリラ、FS-0Oフロッグの3機が特命合体し、水中・水上戦に特化したメガゾード。
スタッグビートルに牽引されることにより水上スキーのような航行も可能。

pixivに投稿された作品 pixivで「バスターマシン(ゴーバスターズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4954

コメント