ピクシブ百科事典

タテガミライオー

たてがみらいおー

特命戦隊ゴーバスターズに登場する巨大ロボ
目次[非表示]

タテガミライオー、見参!

概要

エネルギー管理局に所属していた葉月サブロー博士が独自に研究開発していた新型バスターマシン。形式番号はLT-06
三輪バイク型のバディビークル、ライオン型のバディアニマル、人型のメガゾード形態に三段変形する。

最初からバディロイド・メガゾードを一体化させるコンセプトの下で誕生したバディゾードであり、ある程度の自我を持ち無人で戦闘することが可能となっている。
更にメガゾード形態の頭部にはニックたちバディロイドと同様の意匠がある。

当初は今は亡き博士の娘であるミカと暮らし、ゴーバスターズの実力を試すべく立ちはだかったが、ヒロムとの一騎打ちの末に実力を認めて新たな仲間となった。

武器は槍と銃に変形するライオンサーガンとバディアニマル時の頭部にあたるビームも発射可能な盾・タテガミシールドで、ライオンサーガンにエネルギーをチャージして敵を切り裂くライオインパクトが必殺技。

当初から他のバスターマシンとの連携が想定されており、バディビークル、バディアニマル時はゴーバスターエースが搭乗可能で、更に後述の合体形態も持つ。

ゴーバスターライオー

ゴーバスターライオー ガンガンガギーン!
「GT02ゴリラ」、「RH03ラビット」と特命合体した形態。武器はゴーバスターオーと同様のブーストバスターソードとラビットの回転翼によるシールドであるが、メガゾードδをも圧倒するほどの戦闘力を誇る。
必殺技は胸部に取り付けられたタテガミシールドの口からエネルギー波を放つ「イグニッショントルネード」。

ゴーバスターキング

ゴーバスターキング


ゴーバスターキング ガンガンガギーン!
ゴーバスターライオーにバスターヘラクレスが合体した形態。純粋な強化合体のようで、グレートゴーバスターと異なり野戦合体を行う。
グレートゴーバスターをも上回るその巨体どおりパワーに優れている一方でスピードは低い。

武装はグレートゴーバスター同様のバスターランスとスタッグランチャーに加え、05のハサミを分離させた両腕のブレードを駆使したツインブレードスラッシュ
や、胸のタテガミシールドのたてがみを回転させて竜巻を放つライオハリケーンも繰り出す。

必殺技はバスターランスにエネトロンを収束し、三連続で敵を斬り裂くエミッションブレイク

ライオアタッシュ(ライオブラスター)

タテガミライオーのコックピットに操縦桿としてセットされている新型バスターギア。電子音声は葉月サブロー博士の肉声を元にしている。
持ち運び用のアタッシュ形態から、ブラスター形態に変形し、更にソウガンブレードと合体してファイナルバスターモードとなる。
反動が大きいのでパワードカスタム専用の武器として扱われている。

更にエネトロンの消費反応、メタロイド・メガゾードの出現、ヒロムのフリーズやリュウジの体温上昇、ヨーコのエネルギー残量低下にも感知し、電子音声で通知する。

関連タグ

特命戦隊ゴーバスターズ 戦隊ロボ メガゾード

立神雷桜 5年後のニチアサに登場した同名のキャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「タテガミライオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3800

コメント