ピクシブ百科事典

白石謙作

しらいしけんさく

白石謙作は、スーパー戦隊シリーズ第3作「バトルフィーバーJ」に登場する人物である。 (メイン画像右の人物)
目次[非表示]

演:伊藤武史
※『秘密戦隊ゴレンジャー』でミドレンジャー/明日香健二を演じた伊藤は、『ゴレンジャー』で共演した宮内洋に続いて、2例目となる戦隊複数出演となった。
なお、『ゴレンジャー』当時は、伊藤幸雄名義だった。

人物

バトルフィーバー隊のサブリーダーを務める。年齢は26歳。
ソ連に生まれたが、程なくして両親と死別。謙作は教会の牧師に拾われ育てられたが、土地を巡る抗争で牧師が殺され、再び天涯孤独になったところに倉間鉄山将軍に拾われた、という他のメンバーに比べて波乱万丈な過去を持つ。
その生い立ちゆえ、困っている人を放っておけない性格だが、本人も自覚しているように少々喧嘩っ早く、第4話では、「メンバー内にスパイがいる。」という疑念が起こったときには、真っ先に伝正夫に掴みかかった。だがこの性格は、誰よりも他人を信じる優しさの裏返しである。
パチンコが趣味であり、よく「確率の勉強」と称して(任務中にも)パチンコ店に入り浸っている。

コサック愛に死す

第33話では、大学時代の恩師である三村教授の弁護という任務を受けるが、そこで国防省時代の先輩・神誠と再会する。
しかし、秘密結社エゴスによって三村教授は殺害され、教授の娘・まゆみはショックで心を閉ざしてしまう。
謙作は必死にまゆみの気を引こうとするが、彼女から「血の匂いがするわ」という発言を受けて、強化服を持たずに手ぶらで街を歩いた。
そこにエゴスの戦闘員・カットマンに囲まれ、四方八方から銃撃を受けてしまう。

「…かき氷食いてぇなぁ…体中がカッカするぜ…エゴスの野郎、今度会ったら承知しねぇぞ!…」
大急ぎで他のメンバーが駆けつけるが、時既に遅く謙作は虫の息だった。そして上記の台詞を残し、謙作は息絶えた。
バトルフィーバー隊にとっては2度目の交代であり、戦隊シリーズ全体でも、2代目キレンジャー/熊野大五郎に続く2人目の殉職者となった。
謙作の死後、先輩の神誠にスパイ疑惑がかかったが、それを晴らすため、誠がコサックを引き継いだ。

関連タグ

バトルフィーバーJ


明日香健二/ミドレンジャー -中の人つながり
ロシア(ただし放送当時はソビエト連邦)

pixivに投稿された作品 pixivで「白石謙作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2510

コメント