ピクシブ百科事典

バトルフィーバー

ばとるふぃーばー

スーパー戦隊シリーズの第3作目「バトルフィーバーJ」の表記揺れ。
目次[非表示]

ここでは登場するヒーローチームバトルフィーバー隊について説明する

概要

スーパー戦隊史上初の巨大ロボットを使用した戦隊ヒーロー。
赤、青、橙、緑、桃というカラーはスーパー戦隊の歴史でも特に珍しいパターンに入る。
番組タイトルであるバトルフィーバーJが使われた事は最初期の数回しかなく、作中では専らバトルフィーバー又はバトルフィーバー隊という名称が使われている。

モチーフは各国の踊りで、名称はバトル+国名で付けられている。
また、ヘルメットとスーツが個々によって大きく異なるのが特徴である。


メンバー

メンバー達は国防省の特殊チーム及びFBIからの出向職員。
東映公式でスーパー戦隊の歴史でも最も激しい戦いの一つと認定されており、最終的に戦死者1、再起不能1を出している。

「アジア・太平洋の戦士」バトルジャパン

ヘルメットは炎をイメージした形。
踊りはカンフーダンス(武術の演舞)で、メインウエポンは槍。

「西ヨーロッパの戦士」バトルフランス

ヘルメットは西洋鎧の兜をイメージした形。
踊りは(何故か)フラメンコで、メインウエポンはレイピア

「ユーラシアの戦士」バトルコサック

ヘルメットはロシア帽子をイメージした形。
踊りはコサックダンスで、メインウエポンはサイ

「アフリカの戦士」バトルケニア

ヘルメットは獣人をイメージした形。
踊りはトロピカルダンスで、メインウエポンは鞭。

「南北アメリカの戦士」ミスアメリカ

ヘルメットはブロンドヘアをイメージした形。
踊りはディスコダンスで、メインウエポンは投げナイフ。

装備・アイテム

コマンドバット
バトルフィーバー隊が装備する特殊警棒。合体すると必殺武器ペンタフォースになる。
また、メンバーの個人武器は全てコマンドバットを変形させたものである。

必殺技

ペンタフォース(バズーカタイプ)

初期の必殺技。
バトルフィーバー隊のメンバー達が空中でBFの人文字を書いた後着地し、コマンドバットをバズーカの形に組み上げて誘導弾を発射する。

ペンタフォース(ブーメランタイプ)

中期の必殺技。
バトルフィーバー隊が放り投げたコマンドバットが空中で星形に合体して、怪人に向かって飛んで行く。

ペンタフォース(ブーメランタイプ改)

後期の必殺技。
基本的にはブーメランタイプと同じだが、バトルジャパンがバトルフィーバーロボの中からコマンドバットを投げる。これによってエゴス怪人と悪魔ロボットを同時に撃破するのが番組後期のお約束となった。

マシン


関連タグ

バトルフィーバーJ

pixivに投稿された作品 pixivで「バトルフィーバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7074

コメント