2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「勝ち負けは時の運。敗北を恐れてはならない。敗北を乗り越えてこそ、また戦う新しい力が湧く。肉を斬らせて骨を断て、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、これが昔から言われている武士道の極意だ」
「たとえ九分九厘駄目でも、あとの一厘に逆転の望みを賭ける。それが私の信条だ」

演:東千代之介

概要

バトルフィーバーを創設した国防省(この世界ではエゴスに対処するため防衛庁が格上げされたのか元から省かは不明)の重鎮。所属部門は不明だが、戦略・武芸・技術と全てに秀でている。バトルフィーバーロボの建造の指揮にも当たっている。藤波白雲斎を師匠とし、自らの流派、鉄山流を興している。その人格はサタンエゴスも評価して警戒している。

活躍

第23話では慢心してゴースト怪人に敗れたバトルフィーバーに武士道の何たるかを諭し(上記の一番目の台詞はその時のもの)、再戦時の勝利に導いている。

第37話では四面怪人にペンタフォースが通じなかった時自ら出陣。剣でこの強敵を倒している。

第50話では白雲斎に破門された鬼一角を師とし、卑怯も戦術とするその邪神流を一角を倒して極めたヘッダー指揮官と一騎討ちを演じて勝利した。

第51話ではヘッダーが怪人となって甦ったヘッダー怪人に窮地に立たされて屈服を促されるが、上記の二番目の台詞の後九太郎の冷凍庫ガスによる奇策で切り抜ける。

余談

演じた東氏は東映時代劇の大御所。吉川プロデューサーは本作のイメージソースのキャプテンアメリカが子供に分かり辛いと思い、バタ臭さを緩和するため企画段階から起用を決めていた。

関連タグ

バトルフィーバーJ

スーパー戦隊の歴代指揮官・サポートキャラリンク
鯨井大助/番場壮吉倉間鉄山デンジ犬アイシー

関連記事

親記事

バトルフィーバー隊 ばとるふぃーばーたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました