ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「(お前の仇は俺が討つ…きっと俺が討つ。見てろ、白石!)」


演:伴直弥


概要

第33話「コサック愛に死す」から登場した2代目のバトルコサックで年齢は32歳

スーパー戦隊シリーズでは数少ない30代の戦士である。


初代コサックである白石謙作とは国防省時代の後輩で射撃の腕を競い合ったライバルでもある。謙作とは逆に冷静沈着な人物で不言実行の一匹狼。


黒い短髪に常時ウエスタンファッションが特徴的。射撃とトランペットが得意(後者は中の人的にはギターだが


初登場回で三村教授の助手に扮して護衛していたが、その教授がイーグル怪人に殺害されたことで自身にスパイ疑惑がかかる。その払拭と殉職した謙作の無念を晴らすために一度はバトルコサックとなった。


神明という警察官の弟がいたが、明はエゴス闇将軍に暗殺され(墓碑銘によれば昭和52年8月2日没)、それゆえに加入した当初は強化服を捨て敵討ちのために素っ気無い態度を取っていた。闇将軍を倒してからも任務以外ではチーム交際で距離を置くスタンスを取っているが自ら積極的にメンバーに話しかけることもある。


余談

  • オープニング映像とエンディング映像では誠が謙作の衣装を纏っており、エンディング映像の方はアップでの乗馬シーンが他のメンバーが青空なのに対し、曇り空だったりと明らかに不自然さが見られる。
    • 富士山をバックにした揃い踏みや乗馬シーンを変更したくなかったという思いがあったのだろうが…

  • 第51話ではチーム加入以前の時期に倒され、再生したドグウロボットスポーツロボットギンガロボットを見て「前に戦ったことがある」と明らかに矛盾した発言をしている。
    • あるいは一個人としてではなく「(バトルフィーバー自体が)前に戦ったことがある」とう意味合いの発言だったか。

  • 伴氏と伝正夫役の谷岡弘規氏はこの作品から遡ること4年前に「鬼平犯科帳」で共演している。

関連タグ

バトルフィーバーJ ロシア(ただし放送当時はソビエト連邦)


陣マサト/ビートバスター名前が1文字違いだがメンバー最年長という共通点がある。


三十路ヒーロー

ビッグワン/番場壮吉(32歳)

バトルコサック(2代目)/神誠(32歳)

ドラゴンレンジャー/ブライ(31歳)

キョウリュウブルー/有働ノブハル(32歳)

キジブラザー/雉野つよし(33歳)

関連記事

親記事

バトルフィーバー ばとるふぃーばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1861

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました