ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

緑の死亡フラグ

みどりのしぼうふらぐ

スーパー戦隊シリーズの緑戦士は「すでに死んでいた」「戦死者が多い」枠だと稀に言われる。
目次 [非表示]

概要

スーパー戦隊シリーズにおいて緑色のスーツ追加戦士は途中で死亡したり、既に死んでいるというケースが見られたため死亡フラグの枠と捉えられることが稀にある。


現時点では初期メンバー或いは戦隊5人の一人として登場して死亡したメンバーはいないのだが、追加戦士として登場したドラゴンレンジャーシュリケンジャー、番外戦士として位置づけられるカメレオン拳使いのメレなどが劇中死亡あるいは既に死んでいた等の状況であったためかそのように語られる。


緑以外も含む既に死んでいた系


特に『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のドラゴンレンジャーは戦隊初のレギュラー入りした6人目の戦士として登場し、劇中で既に本来死んでいる存在であり特殊な方法で現世で限りある命を生き物語の途中命を散らし強い印象を与えた。死後も霊体として登場するなど扱いは大きい。


そしてレジェンド戦隊に含まれない1話限定キャラのゴセイグリーン。緑の戦士となるはずだったが、回想において死亡していたことが語られた。なお、作中ではスーツはでてくるもののゴセイグリーンの名は出ず、撮影中にスタッフがそうよんでいたと言う話でしかないので、追加戦士ではない。


次にメレレンジャーキーが存在するが、元々敵幹部でありゲキレンジャーとの共闘によってレジェンド戦士に数えられた。ゲキレンジャーと共闘した回数は、アバレキラーアバレンジャーと共闘した回数より少ないが番外戦士として数えられている。


「既に死んでいた」系はキョウリュウジャーが多い。これはかつて戦い死亡したとされる戦士が特殊な方法で現世で戦う「スピリットレンジャー」という存在があるためである。

亡霊として戦う戦士の彼らは死者である悲劇をものともせず、明るく振舞っている。


その他の歴代戦死者


上記の表をみて解るとおり、黄色は初期メンバー或いは5人に含まれる戦士が死亡しており戦隊シリーズ最初期に多い。(とはいえ最初期に殉職した3人はいずれも演者の大人の事情によるものなのでただの偶然である。)


グリーンヒポポタマスは、『特命戦隊ゴーバスターズ』のVシネマ限定ネタキャラ、「緑」の「追加戦士」で「6人目」、更に死亡により「途中退場」するという公式が緑の戦士の途中退場をネタにしたキャラクターである。特にドラゴンレンジャーのパロディが色濃い。


なお、シュリケンジャーは本編の10年後にリリースされたVシネマで後継者が現れて復活しているほか、『ニンニンジャー』の忍者協会メンバーの一人として派遣されてくるなど、設定が迷走しつつある


と言う事で

そんなこんなで公式でもネタにされているため、今後も緑の追加戦士・番外戦士には命の危険があるかもしれない。


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 戦隊グリーン


ミドレンジャー:記念すべき初の戦隊グリーンだがここで述べたグリーンとは違い、所属する組織が壊滅し生き延びた隊員も負傷している中、自身は鳩の世話をしていたおかげで傷一つなく生き延びるという嘘みたいな生命力(というか)の持ち主。どうかその運、他のグリーンに分けてやってくれませんか?

クローバーキング:戦士になる前に死亡し、サイボーグとして蘇生→戦士という珍しい存在。伝説の初の死亡経験ありの戦隊グリーン。あまりイメージされないがある意味死亡フラグの原点なのかもしれない。

グリーンイーグル:公式だが非公認の『ジェットマン』続編に登場する戦隊グリーン。彼もその例に漏れず、殉職→蘇生の道を歩む。

和久のぞみ:アニメ『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』のゲストキャラで、本来なら7人目の魔女見習いになる筈だった…。此処に関連している理由は当該記事を参照。

関連記事

親記事

殉職組 じゅんしょくぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5257

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました