ピクシブ百科事典

グラキリケラトプス

ぐらきりけらとぷす

白亜紀後期のモンゴルに棲息した角竜の一種。

概要

全長2mほどの小型の角竜類である。
名前の由来は「優美な角竜」から来ている。
グラキリケラトプスは白亜紀後期のモンゴルに生息していた角竜類である。前足後足よりも小さく、二足歩行の恐竜であった。また、グラキリケラトプスはかなりのスピードで走ったであろうと考えられている。の先端にはがあって、頭骨の後方部分には隆起があった。

関連タグ

恐竜 周飾頭類 角竜
プロトケラトプス

pixivに投稿された作品 pixivで「グラキリケラトプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント