ピクシブ百科事典

カンプトサウルス

かんぷとさうるす

中生代ジュラ紀後期の北アメリカに棲息していた中型の植物食恐竜。

概要

全長6m前後、体重1tほどと鳥脚類としては中型だが、ジュラ紀当時としては大型の部類である。名前は「柔軟な爬虫類」を意味する。
体形はのちの時代のイグアノドンに似ているが、本種は後肢が4本指であるなどの違いがある。前肢の第1指はイグアノドンと同じく鋭い爪を備えていたが、イグアノドンと比べ貧弱なため、敵に襲われた際は専ら走って逃げていたと考えられている。また、足跡化石などから、ステゴサウルスなど自分より大型で強力な植物食恐竜と共に行動し、アロサウルスなどの捕食者から身を守っていた可能性が示唆されている。

当時の鳥脚類としては大型の体格に加え、四肢も四足歩行に適しており、2本の歯が一つの歯槽に縦に並ぶ構造などは白亜紀の進化した鳥脚類に似ており、一時はイグアノドン類に分類されていた。だが近年では、胸の骨の構造や嘴が原始的であったり、後肢も四本指であることなどから、現在では初期型の小型の鳥脚類からイグアノドンやハドロサウルス科などにいたる過渡的な状態の種と考えられている。

かつてはヨーロッパにも棲息し白亜紀前期まで生き残っていたと考えられていたが、系統解析が進んだ現在ではそれらは別種の恐竜と考えられている。

関連項目

恐竜 鳥脚類

関連記事

親記事

鳥脚類 ちょうきゃくるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カンプトサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2929

コメント