ピクシブ百科事典

アムロサウルス

あむろさうるす

中生代白亜紀後期のロシアに棲息していた植物食恐竜の一種。アムーロサウルス、アムールサウルスとも。

概要

全長6mほどの中型のハドロサウルス類である。
名前の由来は「アムール川のトカゲ」から来ている。
ランベオサウルスの中では、原始的な仲間である。アジアにいたアムロサウルス等が、当時陸続きだったベーリング海峡を渡り、北アメリカパラサウロロフスコリトサウルス進化したと考えられている。

関連項目

恐竜 鳥脚類 ランベオサウルス
パラサウロロフス コリトサウルス

関連記事

親記事

ランベオサウルス亜科 らんべおさうるすあか

兄弟記事

コメント