ピクシブ百科事典

グリポサウルス

ぐりぽさうるす

白亜紀後期の北アメリカに生息していた大型のカモノハシ竜の一種である。

概要

全長8mほどの大型のハドロサウルス類である。
名前の由来は「鉤鼻のトカゲ」から来ている。
頭骨は大きくて幅が狭く、後部が高くなっており、の上に突起があった。しかし、この突起は鶏冠ではなく、皮膚で覆われていたようである。皮膚の化石があり、直径1㎝程の骨の板や突起が、ほぼ全身に渡って広がっていた。アメリカのユタ州で発見されたグリポサウルスの新種は、は300本、次に出番待ちの歯は500本、合計800本以上も歯が生えているのが特徴で、噛む力も強かったと言われている。

関連項目

恐竜 鳥脚類 ハドロサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「グリポサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント