ピクシブ百科事典

ワイルドハント

わいるどはんと

ワイルドハントとは、ヨーロッパ各国に伝わる、異境からやってくる超常的な猟師の集団である。「妖怪狩猟群」とも訳される。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ヨーロッパの伝承。本項目で解説する。
  2. ニンジャスレイヤー』に登場するニンジャワイルドハント(ニンジャスレイヤー)
  3. ゲーム版『ウィッチャー』シリーズ第三作→『ウィッチャー3 ワイルドハント』


概要

ヨーロッパに伝わる民間伝承の一つ。
各地に様々な伝承として伝えられ、ドイツの政治家で民俗学者でもあるヤコブ・グリム(有名なグリム兄弟の兄)によって1835年「ドイツ神話(Deutsche Mythologie)」の中でまとめられ、はじめて体系化、一つの概念になった。
ドイツ語では「Wilde Jagd」となり、他に「Wildes Heer(暴れる軍隊)」、英語でも「Chase」、「Furious Army(怒り狂った軍隊)」など、他に幽霊の軍団、苦しませる者たち、死者の狩りと呼ぶものもある。

夜間に大勢の怪物が狩人となり、自然現象を伴って行進するというもので日本の「百鬼夜行」に近い。
伝承の伝わる地域によって異なるものの尋常ならざる者たちが「猟師」として猟犬、その他の獣を伴って駆け狩りを行う。狩人になるのは、妖精妖怪精霊魔女死者、特に歴史上の人物、キリスト教以外の蕃神、聖書の人物など多岐にわたる。
彼らの「狩り」は、生きた人間も対象とし、狩られた者の魂は、ワイルドハントの一員にされてしまう。

ワイルドハントをまとめたグリムは、これらの伝承をキリスト教以前の世界では、神々、女神や英雄たちが悪人を罰するために地上に現れると信じられていたと考えた。そのため、これは善良な者なら恐れる必要はなく福祉、幸福をもたらすものだとしている。
著作の中で彼は、これを「神の厳粛なる行進」と表現している。ワイルドハントにリーダーが居るのは、これが無秩序な怪現象ではないことを強調しているのだとした。

怪談レストランでは『闇のレストラン』内に『狩り魔王』として収録されている。

ワイルドハントの統率者

ワイルドハントを統率するとされた死者は、天国に行かなかった人物。
「天国では狩りができない」と天国行きを自ら拒絶した狩り好きの人物がワイルドハントにされた伝承もあり、神隠しに似た要素があると言える。なおスルーアと呼ばれる、一応「犯罪者の霊」(罪を償わない限り犯行現場で彷徨い続けると言われる。ただ火を噴く馬に乗り空を飛び回り彼ら同士で抗争をしたり牛を傷つけるといわれる)は、後述するガブリエルハウンドと呼ばれるワイルドハント関係であるとされるが、この妖精は人をa拉致し矢じりを渡して「殺害」を教唆するb泥沼へ引きずり込む、とされる。

  • オーディン
北欧神話の神。典型的なワイルドハントのリーダー。
スカンジナビアではワイルドハントのリーダーは、オーディンであり、この超常現象も「オーディンの狩り」と呼ばれている。
  • クネヒト・ループレヒト
ドイツの「黒いサンタクロース。悪い子供を懲らしめる聖人。
  • ペルヒタ
ドイツ、オーストリアの伝承にある魔女。元は異教の女神で怠け者を罰する。
  • ヘラ
イギリスの伝説上の王。ギリシア神話の女神ヘーラー(Hera)ではなく、「Herla」(「ヘルラ王」とも書かれる)。
北欧神話のオーディンと混同されることがある。
ドワーフの妖精王の結婚式に招かれ、3日間、異界に滞在してからブリテンに帰ると現世では200年経っており、玉座を失ってワイルドハントを率いてさまよう狩人の魔王になった。鷹や馬、タカ狩りに必要なもの一式の他、従者の腕の中に小型のブラッドハウンドが抱かれており、彼らはこの犬が自ら飛び出していかない限り彷徨の旅を続けなければならない。
伝説上のブリテン王。キリスト教信者だが妖精モルガンによりアヴァロンに渡り、天国に行けなかった。
世界の海を一周し、没後は水葬にされた。彼はスペイン無敵艦隊を破る前に悪魔と契約していたとされ、今もダートムーアを、首のない馬に引かせる黒い馬車に乗り、12人のゴブリンと一群の犬を率いてさまよっているといわれる。
ユダヤ王国の統治者。
王族ではなくローマ元老院と取引し、王位を得た。野心家で猜疑心が強く、家族さえ処刑し続けた。他にも幼児虐殺、無実の人を貶める、ダビデの墓を暴くなどの伝説を残している。
聖書の人物。アダムの子、カインとアベルの兄弟で知られる最初の殺人者
  • ダンドの犬
悪魔のダンド犬とも。コーンウォール地方の伝承に出てくる伝説の猟師(ダンドーさんは一応聖職者なんだけどあまりにもハンターの趣味が高じてしまった上に、狩猟のさなか悪魔に拉致されて地獄へ一回連れてかれてこんなんなった)ダンドが連れている猟犬。
黒犬伝承と関連がある。
狩りを愛するノルマン人貴族の令嬢、猟犬の母(クーン・ママ)モール・イ・ノーズ(「Mallt-y-Nos」で「夜のマチルダ」)と共に現れることもあり、彼女の号令と共に罪人たちを追い回し、地に押さえつける。
特定の夜、あるいはクリスマスからの12日間の間だけ狩りに参加するという伝承もある。
アヌアン王は、ライバルとなった王に、この猟犬を差し向けたとされる。
天使。イングランド北部の伝承では、ワイルドハントに現れるとされる。 ガブリエルラチェット(嗅覚を頼りに獲物を追跡する猟犬)後にガブリエルハウンドと呼ばれる、人面犬の群れ(渡り鳥の鳴き声に対してそう意味付けしたものであるらしい)を率いて天空を飛ぶとされ、犬は死者の出る家の上空で旋回するといわれる(似たようなのでセヴンホイッスラー「七鳴き」ていうのがいる。ただ死の予兆なだけで具体的な形は完全に不明)。

  • ヘロディアス
中世に信じられた魔女。
  • 聖グスラック(クロウランドのグスラック)
イギリスの聖人。
  • ジャン・トリギゴール(Jan Tregeagle)
17世紀の人物。イギリス、コーンウォール公爵領の判事で悪魔と取引したという伝説を持つ。彼はウィッシュハウンド「Wish hound」あるいはイェス・ハウンド「Yeth hound」またはイェルハウンド「Yellhound」とか言われる無頭の犬(飼い主は悪魔と言われる なおダートムーアのF・ドレイクが率いる犬も「無頭」と言われる)に追いかけられている。なおコーンウォールには吐き気を催す邪悪おっさんらしい(具体的な伝承がない)チーニー(Cheney)率いる猟犬群の伝承もある。
  • エドリック・ザ・ワイルド
野生のエドリック、またはイードリックあるいは「むこうみずエドリック」。
ブリテン中部のアングロ・サクソン王でノルマン人の征服者に抵抗したとされる伝承の王。
イードリックは、同時代、同じ地域に同名の人物が多く、判断が難しいとされている。
  • ヘリワード・ザ・ウェイク
用心深いヘリワード。
アングロ・サクソン王でノルマン人の征服者と戦い、領地を奪われたが後に許され、家臣となって帰順したとされる。
  • 狩人ハーン
ウェールズの森に住む亡霊の狩人で森の番人。
牡鹿の角を頭に着け、鎖を振り回し、馬に乗って冬の深夜に駆けまわるとされる。
アングロ・サクソンの神、あるいはギリシア神話のパーン神と関連付けられる。
  • テオドリック大王
東ゴート王国の建国者。
  • ハルダラ
ハルダラ夫人(フラウ・ハルダラ)。ドイツの伝承に出てくる女神、あるいは妖精。
ドイツ語の「感謝」、「親しみやすい」などが名前の由来とされ、またはホールド、ホルダとも呼ぶ。
夜に彷徨う幽霊たちを導くとされる。
アイルランドの神話に登場する英雄。
  • マナナン・マクリル
海の息子という意味。海の神で魂を船に乗せ、来世に運ぶとされる。
  • ヴァルデマー4世
デンマーク王。
  • グドルン
クリームヒルト。ジークフリート(シグムンド)の妻。
またはグイン。グウィン・アップ・ニッズ(ニーズの息子、グウィン)。
ウェールズの伝承に現れる伝説の王で戦争と死の神でキリスト教では悪魔とされる。

関連タグ

ヨーロッパ 中世ヨーロッパ

Fateのワイルドハント

イギリス・ブリテン島の守護者とされるローマ帝政時代のブリテン王の妃。母性的な反面、ローマ軍に国土を蹂躙され、自分や家族を慰み者にされた怒りから壮絶な報復戦線を指揮し、その末に散った。彼女も日本で言う「平将門公」に近い大御霊として、ワイルドハントを率いる存在に挙げられる。

関連記事

親記事

ワルプルギスの夜 わるぷるぎすのよる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイルドハント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98188

コメント