ピクシブ百科事典

ワイルドハント

わいるどはんと

ワイルドハントとは、ヨーロッパ各国に伝わる、異境からやってくる超常的な猟師の集団である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ヨーロッパの伝承。本項目で解説する。
  2. ニンジャスレイヤー』に登場するニンジャワイルドハント(ニンジャスレイヤー)
  3. ゲーム版『ウィッチャー』シリーズ第三作→『ウィッチャー3 ワイルドハント』


概要

ヨーロッパに伝わる妖魔や悪霊の空中行進
厳密には異なるが、日本でいう「百鬼夜行」に近い。
土地によって構成員の種別は異なるが、妖精妖怪精霊魔女死者といった尋常ならざる者たちが「猟師」として、猟犬その他の獣を伴って下界を駆け狩りを行う。
その「狩り」は生きた人間も対象とし、狩られた者の魂はワイルドハントの一員にされてしまう。

ワイルドハントを統率するとされた死者は、アヴァロンに渡ったとされるアーサー王、世界の海を一周し没後は水葬された海賊フランシス・ドレイクと、一般人から見て「あちら側」に行った人物が目立つ。
「天国では狩りができない」と天国行きを自ら拒絶した狩り好きの人物がワイルドハントにされた伝承もあり、神隠しに似た要素があると言える。

その伝承はキリスト教化以前の異教多神教)時代に遡り、オーディンヘカテーもその統率者として挙げられる。
特にオーディンはキリスト教化後もこの神を人間化したものがワイルドハントの長として語られている。

関連タグ

ヨーロッパ 中世ヨーロッパ

  • ライダー(Fate/EXTRA)
    • Fateシリーズに登場するフランシス・ドレイクをモチーフとする英霊。宝具「黄金鹿と嵐の夜(ゴールデン・ワイルドハント) 」を持つ。
  • ランサーアルトリア
    • Fate/GrandOrderに登場するアーサー王をモチーフとする英霊。アルトリア・ペンドラゴンは複数のバリエーションが登場するが、「嵐の王」としてのキャラクター性を持つのは主にこのランサーオルタである。
  • ブーディカ(ブーディカ(Fate))
    • イギリス・ブリテン島の守護者とされるローマ帝政時代のブリテン王の妃。母性的な反面、ローマ軍に国土を蹂躙され、自分や家族を慰み者にされた怒りから壮絶な報復戦線を指揮し、その末に散った。彼女も日本で言う「平将門公」に近い大御霊として、ワイルドハントを率いる存在に挙げられる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイルドハント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77795

コメント