2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ウィッチャー3

うぃっちゃーすりー

『ウィッチャー3 ワイルドハント』とは、CD Projekt RED開発のダークファンタジーRPG。
目次[非表示]

概要

小説から続くウィッチャーサーガ最終章にしてゲラルト最後の物語。

広大なオープンワールドで繰り広げられる非常にダークかつシリアス、そして渋く重厚なストーリー自由度が魅力のダークファンタジーRPG。
CEROレーティング「Z」(18才以上のみ対象)指定。
日本では2015年5月21日にPlayStation 4、Xbox One専用ソフトとしてスパイク・チュンソフトから発売された(PC版はCD Projekt RED自身がワールドワイドパブリッシャーとしてリリースしている)。

発売前の予約本数は100万本を超え、発売後2週間で400万本が販売された。
The Game Awards 2015にて「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、高い評価を得た。(2016年には2つの大型DLCが同梱された「Game Of The Year Edition」も発売された)

2019年10月17日にNintendo Switch版が各種DLCも含めたコンプリート版として発売された。

物語

この世界にはモンスターと戦うために数多の試練を乗り越えた「ウィッチャー」と呼ばれる者達がいる。その中に伝説と謳われる男がいた。

リヴィアのゲラルト。またの名を”白狼”。

王殺しの汚名を返上し、政治的な駆け引きから開放されたゲラルトは、北方諸国とニルフガード帝国が雌雄を決する対戦を行うさなか、行方不明になったかつての恋人イェネファーと養女シリを捜す旅に出る。

一歩ごとに迫る、ワイルドハントの気配を感じながら。

特徴

プレイヤーは本作の主人公であるゲラルトを 操作しながら、怪物駆除を生業とするウィッチャーとなって、馬や船に乗りながら境界なく広がるオープンワールドを自由に駆け巡ることができる。

プレイ時間は、メインストーリーに50時間、それ以外に50時間の合計100時間が見込まれている。
サイドストーリーには「ウィッチャーへの依頼」というカテゴリーがあり、これは人々からモンスターの退治を依頼され、モンスターの正体や弱点などの情報を収集して戦いを挑むというものである。なおクエストは全て人間の手で用意されたものであり、自動生成される繰り返しクエストはない。
また、ゲーム内にてグウェントと呼ばれるトレーディングカードゲームがプレイできる。(グウェントは後に基本無料ゲームとして単独化されている。)

プレイヤーのとった選択で、ゲラルトをとりまく人間関係、世界情勢などが変化していく。
エンディングデモは大きく3つに分かれており、メインクエスト等の結果で36種類の結末を迎える。

そして本作の大きな特徴は日本語版でも、胴体を真っ二つに切断したり腕が飛んだり、更には爆薬でバラバラになるといった人体欠損表現が再現されているなど、ゴア表現にほぼ規制がない
但し完全に規制無しとはいかず、日本語版では断面が赤く塗りつぶされてレバ刺しのような質感になっている。(と言っても海外版とも大差が無い)
ちなみに、モンスターの欠損表現は規制無しである。

なお家庭用版は女性は胸にサラシのようなものが巻かれており、当然お色気シーンは規制されている。
PC版ではその方面に関する規制はないので、気になる場合はPC版を購入するといい。

関連動画

関連記事

親記事

ウィッチャー うぃっちゃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウィッチャー3」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウィッチャー3」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3762188

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました