ピクシブ百科事典

マクベス

まくべす

英国の劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇。四大悲劇の1つである。

曖昧さ回避

  1. スコットランド国王マクベタッド・マク・フィンレックの通称。従兄で前王のダンカン1世に対し下克上を起こして即位、その後旧王家の末裔バンクォウ(後のステュアート朝創始者ロバート2世の祖先とされる)やダンカン1世の父クリナンをはじめ王位継承権保有者や反対勢力を次々と粛清していった。以下の戯曲のように後世では残忍な暴君といった印象で語られる一方、統治能力に優れていたとされ、在位期間は1040年から1057年の17年という、当時としては長期的な政権を維持した。
  2. 上記のスコットランド王をモデルとしたウィリアム・シェイクスピアによる戯曲オセロハムレットリア王と並び四大悲劇の一つに数え上げられる。本項で詳説。


概要

スコットランドの勇猛果敢な将軍にして国王ダンカンの忠臣だったマクベス。だが彼は戦で武功を挙げたその日、3人の魔女から「王になる運命にある」ことを告げられ心揺れる。野心的な妻の唆しも受け、彼はその運命を自ら手繰り寄せようとダンカン王を謀殺し、王位を簒奪する挙に出る。しかしその悪行はいつまでも彼を苛み続け、自らを脅かす恐れのある者を次々と抹殺していく暴君と変えてしまう。いよいよ民心もすっかり離れた彼を討たんとする軍勢が迫るが……。

勇敢で立派な人物がいかにして悪堕ちを極めていくかというプロセスを克明に描いた作品として定評がある。

ちなみに王位に就いた後に魔女たちが彼に下した「バーナムの森が動くことがない限りマクベスの王位は揺るがない」「マクベスは女が産み落とした者によって討たれることはない」という予言が、彼の安泰と不敗を約束するもののように見えて実は裏があったというのは、現代的に言えば死亡フラグの古典的な例と言えよう。

関連記事

親記事

シェイクスピア しぇいくすぴあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マクベス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11673

コメント