ピクシブ百科事典

Y_Ddraig_Goch

あどらいぐごっほ

ウェールズの伝承に現れ、ウェールズの象徴としてその国旗(ウェールズの国旗)の意匠に用いられている赤いドラゴン。
目次[非表示]

Y Ddraig Gochとは、ウェールズ語赤いドラゴンの意味で、yは定冠詞(英語のtheにあたる)、ddraigが“ドラゴン”、gochが“赤い”である(ウェールズ語では修飾語は被修飾語の後に置く)。この発音を国際音声字母では[ə ðraig gox]と表記する。英語ではウェルシュ・ドラゴン(Welsh Dragon)(ウェールズのドラゴン)という。

ウェールズの伝承によれば、赤いドラゴンはブリテン島の大地の守護神であり、ゲルマン民族の守護神である白いドラゴンと戦ったという。つまり、ゲルマン民族がブリテン島に侵入するより前にブリテン島に土着していたケルト系民族であるブリトン人がウェールズ人へと発達する過程で、そのまま赤いドラゴンも継承されてウェールズの象徴となったのである。

キリスト教の価値観によれば一般に邪悪の象徴とされるドラゴンだが、ウェールズでは赤いドラゴンは国や民族の象徴・化身であり、守護獣と見なされ、多くのウェールズ人は「我々はレッド・ドラゴンである」との誇りを持っている。このためウェールズは「ドラゴン=ハート(精神)の国」と言われる。

なお、新約聖書ヨハネの黙示録に登場する赤いドラゴンは、7つの頭と10本の角を持ち頭に7つの冠を載せていると書かれており、全く無関係である。

余談

“Y Ddraig Goch”のddraig(ドラゴン)は本来の形はdraig、goch(赤い)は本来の形はcochだが、draigの方は前に定冠詞yが来たため、cochの方は前にdraigが来たために、音声に変化が起こったのである。
この音声変化を緩音現象(mutation)といい、その中でも特に軟音化(soft mutation)と呼ばれているものである。
緩音現象はウェールズ語以外のケルト系言語(アイルランド語〔アイルランド・ゲール語〕、スコットランド・ゲール語、ブルトン語、マン島語、コーンウォール語)でも普遍的な現象である。

参考

赤い竜 (ウェールズの伝承)ウィキペディア
ウェールズの旗 ─ 同上

関連タグ

イギリス ウェールズ 国旗
ドラゴン  紋章
ドラゴンの年 - フィリップ・スパーク作曲のブラスバンド曲。モチーフとして起用されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「Y_Ddraig_Goch」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6633

コメント