ピクシブ百科事典

兵藤一誠

ひょうどういっせい

兵藤一誠とは、「ハイスクールD×D」に登場するキャラクターのことであり、作中に登場する冥界の大人気特撮番組「乳龍帝おっぱいドラゴン」の主人公でもある。
目次[非表示]

概要

CV:梶裕貴
身長:170cm/体重:62kg
誕生日:4月16日

駒王学園2年生。通称は「イッセー」。オカルト研究部の面々や友人達、更には両親もこの通称を用いる。
自他共に認めるエロ学生で、校内では松田元浜とともに変態3人組として有名。その病気レベルとも言えるエロさから、学園の女子達からの印象は最悪となっており、両親に「一生結婚できないんじゃないか」と心配させるほどモテなかった

強大な神器を宿していたため物語の最初で堕天使レイナーレによって殺害されてしまう。
その後に「リアス・グレモリー」の手により悪魔に転生して下僕となる。ランクは「兵士」。

温厚かつ奥手な主人公が多い近代ライトノベル界隈に於いては、情熱的なパワータイプというある意味貴重な人。

EXPLOSION!


で、どんな奴なの

その性格を一言で言い表すならば、熱き好色家
尋常でない性欲・色欲を有する最低最悪な男であり、女体が絡んだ際に発揮する力は常軌を逸したレベルである。特におっぱいに対する情熱は、周囲の人間ががどん引きするほど。(ただし一部のおっさん悪魔には、共感するせいかウケる。)
故に日常ではあらゆる女性に敵視され、一部の男子からも蔑視されている。(ただし、あくまで少年漫画レベルのスケベなので、女の子側がいざ本番に誘おうとすると、とたんに相手を諫めて本番を避けようとする面もある。)

しかし、正義感が強く情に厚く友情や仲間の為ならば如何なる代償をも厭わない熱血漢でもあり、それが後にヒロイン達から好意を貰うキッカケとなる。基本的にどの越えたスケベというぐらいしか万人に認められるような欠点がないため、そこが気にならない人物は好印象を覚えやすい人物である。……裏を返せばそこがダメな人物には到底受け入れられないので、作中内外問わず嫌っている人物も多いのが残念なところ。

小説第11巻で肉体(転生悪魔の体)が消滅し小説第12巻でグレートレッドこと赤龍神帝の体から新しい体を作り、それに魂を定着させている。
つまり原作では種族が人間→転生悪魔(人間ベース)→人型ドラゴン→転生悪魔(人型ドラゴンベース)に種族が変わっている。

セイクリッド・ギアや戦い方について

体内に宿す神器「赤龍帝の籠手」による自己強化を軸とした力押しの他、リアスにより与えられた兵士という階級の特色・プロモーション(王を除く他の階級へと昇格する機能)を用いた多才なというより力押しの一直線な戦術で戦線を圧倒。
スケベ根性で一念発起したとはいえ難関校である駒王学園に入学するなど頭も悪くなく、小説第2巻において勝つために受け入れた代償を逆手にとってさらに反撃の秘策へと変えるなど、斜め上の発想でパワーアップや窮地の打開をするなど機転も利く。
更にはシリーズが進む毎にその(いろんな意味で)尋常でない破壊力は悪化の一途を辿っており、
小説第2巻で女性限定で触れた相手の服を消し飛ばす「洋服破壊(ドレス・ブレイク)」という技を編み出し、
ドライグのサポートがあるとはいえリアスのおっぱいを突いてバランスブレイク(全身龍鎧化)し、
その後にも懲りずに女性限定で一定距離内のおっぱいから胸の内(つまり考え事やしたいこと等)を聞き出す「乳語翻訳」を編み出し、
その技を発動した数話後に怒りや悲しみから暴走を起こし、
小説第9巻では「赤龍帝の籠手」が転生した際に兵藤一誠の中にある悪魔の駒イーヴイル・ピース)の特性を取り込み自身のバランスブレイカー自体にプロモーションを持たせることにより、

  • 僧侶(龍牙の僧侶(ウェルシュ・ブラスター・ビショップ):砲撃特化)
  • 騎士(龍星の騎士(ウェルシュ・ソニックブースト・ナイト):超高速移動特化)
  • 戦車(龍剛の戦車(ウェルシュ・ドラゴニック・ルーク):打撃力&防御力特化)

という、完全特化型への変身「赤龍帝の三叉成駒(イリーガル・ムーブ・トリアイナ)」を習得。
次巻では子供たちの夢と声援、リアス・グレモリーの愛とおっぱい(とその他もろもろ)でついに「赤龍帝の三叉成駒」の女王形態「真紅の赫龍帝(カーディナル・クリムゾン・プロモーション)」(全能力が跳ね上がる)を会得し、
11巻ではリアスの乳が小さくなる代わりにエネルギーを回復させるという等価交換の法則を明らかに無視した特殊能力に覚醒。
さらにその次の12巻では赤龍神帝と合体し辺り一帯を消滅させるほどの威力のレーザーを撃っている。

その後もかつて現白龍皇ヴァーリから奪い取った「白龍皇の光翼」の宝玉を右手の籠手に埋め込んで手に入れた白龍皇の力(白龍皇の籠手(ディバイディング・ギア))を、二天龍を和解させ、昇華させた「白龍皇の妖精達(ディバイディング・ワイバーン・フェアリー)」を得たり、「白龍皇」の『半減』と失われた『反射』を習得し、封印された赤龍帝の第三の能力を得るなど進化はとどまるところを知らず、・・・
ついには20巻において龍神化という域に到達した。

もうこいつ自体チートなんじゃないかな?


……とはいえさすがに急成長に体が追いついておらず死にかけることとなるが、出力を低下させた疑似龍神化と、体の一部に限定した部分龍神化を編み出すことでフォロー。疑似龍神化の持続時間も25巻終了時には一時間以上継続させることができており、さらにはドライグをスタンドのごとく呼び出して連携戦闘するという離れ業すら生み出している。

さらに乳技も進化を遂げており、洋服崩壊は離れた相手にも発動することが可能に進化。挙句の果てに死んだじいちゃんが仏教の冥府関係者の協力を得て神器をいじくりまわすといういろんな意味で暴挙をぶちかましてさらに新技を二つも作って行ったりしている。

まさにその在り方、天に昇る龍が如く
でも結論としては最終的におっぱいに尽きる。

何故と聞きたいのなら下の名言を見てくれればわかる



 反面、少年漫画的な作風の主人公なため仕方がないのだが、戦闘経験や訓練に関しては質はともかく量においては少ない部類。そのため最終章で行われている国際レーティングゲームにおいては、変則的なルールなどに惑わされてミスを何度か連発。戦略戦術などといった部分に関してもレイヴェルに任せっきりであることを指摘されている。
 それでも生半可な神クラスを圧倒する火力により、非常に高い勝率で本戦出場を果たすなど、ポテンシャルそのものは主神クラスすら超えるほどに高まっている。

名(迷)言(賛美?含む)

・小説第一巻

「おまえら、生乳を見たことはあるか?」

「ハーレム王に俺はなるっ!」

「理由は?」
「おっぱいです」

・小説第二巻

「魔力の才能を、すべての女の子を裸にするためだけに使った!」

「部長―――リアス・グレモリーさまの処女は俺のもんだ!!」

「―――部長が泣いていた。部長が泣いていたんだよっ!そして、さっきも泣いていた!俺がてめぇを殴る理由はそれだけで十分だァァ――――ッ!」

ああ、なるほど。俺はこの人の息子だ。間違いないよ。

・小説第三巻

「うおおおおおおおおおおおっ!おっぱいぃぃぃぃ!」

アーシアの神器は玉の痛みにも効果抜群なんだね‥‥‥。

「部長のおっぱいを―――」
『揉むのか?』
「いや、吸う!」

「部長、おっぱい」

「俺の目標は部長の乳を揉み―――そして吸うことだ!」

「部長の乳首を吸うため、やられてもらうぜ、コカビエルゥゥゥゥ!」

「俺はエロと熱血で生きるブーステッド・ギアの宿主さ!」

・小説第四巻

部長のおっぱいおっぱいおっぱいぃぃぃぃぃ!

‥‥‥ぶ、部長のおっぱいにブーステッド・ギア・ギフトを使う‥‥‥?

こんにちわ!このお乳さまと何度目のコンタクトでしょうか!?

わかったことだが、意外にも木場もスケベだった。

ああ、部長のおっぱい。素敵なおっぱい。俺の大好きなおっぱい。
俺のすべて。俺の世界。俺の――――。半分になる‥‥‥?部長のおっぱいが?

「俺の部長のおっぱいを半分の大きさにするつもりかァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!」

(ヴァーリ)「今日は驚くことばかりだ。まさか、女の乳でここまで力が爆発するとは。しかし、おもしろい!」

俺の脳内で部長のおっぱいが揺れる!
俺の脳内で朱乃さんのおっぱいが弾む!
俺の脳内でアーシアのおっぱいが育つ!
俺の脳内でゼノヴィアのおっぱいが喜ぶ!
俺の脳内で子猫ちゃんのおっぱいが泣いた!

・小説第五巻

「お、おっさん! 大変だ!」
(タンニーン)「どうした! 何かあったのか!」
「右のおっぱいと左のおっぱい! どっちをつついたらいい!?」
(タンニーン)「バカ野郎ォォォォッ! 右も左も同じだ! さっさと乳をつついて至れェェェェッ!」
「ふざけんなッ! 右と左が同じわけねぇだろォォォォォッ!
 大切なんだよ! 俺のファーストブザーなんだぞ! 人生かかってんだ!真面目に答えろォォォッ!」

・小説第六巻
「うぅ、おっぱい‥‥‥」

・小説第七巻
「乳神って、どこの神話体系の神様だ!?」

・小説第八巻
・小説第九巻
「どうせ俺も変態ですよぉおおおおおお!!!」

・小説第十巻
・小説第十一巻
・小説第十二巻
・小説第二十巻
――俺さ、父さんと母さんの子供でいいかな?

つまり・・・兵藤一誠とは?

ただのおっぱい星人であり、天然のシゴロであり、変態であり・・・

我らがヒーロー 乳龍帝おっぱいドラゴンなのである


作中に登場する大人気特撮番組「乳龍帝おっぱいドラゴン」の主人公

この特撮番組の兵藤一誠はオリジナルとは顔が違うのだが当初は合成で顔だけ変えた代物でなんと本物の禁化(バランスブレイカー)状態の鎧の姿を顔だけ差し替えた状態のまんま使っている
後に全く区別がつかないほどのクォリティのセットが作られたためそのようなことはないらしい
でもショーをするときは兵藤一誠本人が出ている様子、握手出来なかった子供にマスクと片腕の籠手を収納したバランスブレイカー状態で握手している話があった(スタッフに怒られたが)

どうやらファーストフード店にてハッピーなセットについてくるおもちゃにもなったようだ
SD化されているがスイッチ姫の乳首に乳龍帝の指を押し付けるとちょっとエッチなボイスが流れるらしい、製作者はアザゼル、何してんですか総督

更には曲もあり曲名は「おっぱいドラゴンの歌」
作詞はアザ☆ゼル・作曲はサーゼクス・ルシファー・ダンス振り付けはセラフォルー・レヴィアたんが担当している、一応冥界の悪魔界と堕天使界の初の記念すべき合作
名前もそうだが、役職が総督・魔王・魔王少女(自称)でありかなりカオスになっている
お前ら何やってんだ……。
なおこの曲は映像付きで、踊っているのは兵藤一誠(本人)と子供たち、意外と本人もノリノリでした。
アニメ制作サイドも気に入っているのか、なんと三期PV第二弾は丸々一曲使われた。しかも原作でも書かれてなかった3番4番までだす本気具合。・・・公式が病気


いいか、みんな
         (゚д゚ )
        ( y )


エッチとエロでは単なるスケベ野郎だが
       H  ( ゚д゚)  ERO
       \/ y \/


    二つ合わさればヒーローとなる。これがおっぱいドラゴンだ
        ( ゚д゚)  HERO
        (\/\/

その後、2018年には何と「おっぱいドラゴン」がtwitterトレンドに入る程のワードへと進化する。その理由は、地上波でCM曲として流れた為である。

もれなくKADOKAWAスポンサーの作品では流れるので、ハクメイとミコチ宇宙よりも遠い場所等で見る事が出来るだろう。ある意味でもシリアスブレイカーと言えるのかもしれない。

兵藤家

一誠の家族とオカ研女子達が住む家。
小説第4巻までは1階建ての戸建住宅だったが、第5巻冒頭で住人が増えたことにより、わずか一晩で地上6階地下3階の大豪邸にリフォームされた。
屋上では家庭菜園が作れ、地下にはプールやシアタールームがある。
ちなみにリアス曰く、改装する際に近隣にいた住民は、良物件を与えるという平和的な手段で退去させたという。

第20巻現在、兵藤家に住む人々は以下の14人。

※以上の5人が改装前より住んでいた人物。

ハーレム王

一誠が目指すハーレム王の夢だが、30年後の様子が語られる外伝小説「ハイスクールD×D EX」にて、それが実現しているというフラグが確定している。
そして、一誠とヒロイン達との間に生まれた子供の存在も明かされる。
判明している子供達は以下の通り

  • 姫島紅(ひめじま くれない):一誠と朱乃の間に生まれた息子。
  • 兵藤愛理(ひょうどう あいり):一誠とアーシアの間に生まれた娘。
  • 漸・クァルタ(ぜん くぁるた):一誠とゼノヴィアの間に生まれた息子。
  • 紫藤真(しどう しん):一誠とイリナの間に生まれた息子。
  • ヘルムヴィーゲ:一誠とロスヴァイセの間に生まれた子供。
  • イクス・グレモリー:一誠とリアスの間に生まれた息子。
  • ロベルティナ・兵藤(ろべるてぃな ひょうどう):一誠とレイヴェルの間に生まれた娘。
  • 塔城白雪(とうじょう しらゆき):一誠と小猫の間に生まれた娘。
  • 塔城黒茨(とうじょう くろばら):一誠と黒歌の間に生まれた娘。
  • エルネスティーネ・カルンスタイン:一誠とエルメンヒルデの間に生まれた娘。

尚、劇中によると、この他にもまだ子供達がいるとの事。作中では明言されていないが、モルドレッド・ヒョウドウなる子供がいるらしい。

関連タグ

ハイスクールD×D 駒王学園 主人公 赤龍帝
木×一 レッドヒーロー

関連キャラクター

メリオダス - 七つの大罪(漫画)の主人公。スケベで仲間思い、左手で剣(武器)を操る、アニメでは中の人が同じであるなど共通点が多い。
白井陽介 - おっぱ部!の主人公。おっぱい好きで、なおかつおっぱいの大小を問わず好きと公言しているほか、おっぱい同好者でもある2人の悪友がおり、またおっぱいによって人の悩みを解決(もとい世界を救う)する、人並みに常識的な部分もあるなど、非常に共通点が多い。
北郷一刀 - アダルトゲーム・恋姫†無双シリーズの主人公。女好きだが恋愛面では奥手であるところや仲間のために命を張る部分など共通点は多い。

衝撃の第20巻!!※ネタバレ注意!!






















大変長らくイッセーは、両親に対して自分が悪魔だと隠し続けていたが、ある日、ヴァーリ・ルシファーの祖父であるリゼヴィム・リヴァン・ルシファーが両親を拉致っておびきよせられる。両親はリゼヴィムから聞かされた「息子さんは悪魔だ云々かんぬん」などと、わけもわからずただただ困惑するだけであった。ついにイッセーは両親の前で自分が悪魔でドラゴンであることを明かせざるを得なくなった時がきたのだった!!!

自分の両親を拉致したリゼヴィムに怒り狂い、ドラゴンの血を飲まされて、やがてその姿はドラゴンという異形の姿に変貌し、それに怯える母親。調子に乗って陥れるように囁くリゼヴィム。「この人はイッセーさんです!」と訴えるアーシア。両親に今まで黙っていたことを懺悔・謝罪するイッセー。そのカオスに満ちた重い空気に両親の答えは__

「……おまえ、イッセーだよな? そうなんだろう?」
と父。
リゼヴィムは性懲りもなく囁くも__
「いや、イッセーだ。 ……そのいつもの謝る癖、同じだ」
「ええ、私もわかったわ。顔が変わっているけれど、すぐに反応でわかったわ。イッセーよ。この子、イッセーなのよ!」
と、両親は、間違いなく自分の息子であることを信じたのであった!

~中略~
そしてイッセーが無意識に乳語翻訳が発動し、自身の出生の秘密を知ることとなる。
それは両親が結婚して早数年__母親は子供を宿しにくい身体であった衝撃の事実が明かされた。二度の流産により、もはや子供を諦めかけていた。

しかし、結婚して8年後__

念願の子供が生まれたのだった!

その子に付けられた名前は「一誠」。「一番、誠実であってほしい」から「一誠」。父親はそう名づけて、そこから新しい生活が始まったのであった。

イッセーが生まれて17年。結婚して25年。その家族の絆は強く、リゼヴィムが何を言おうが両親とアーシアの支えにより、リゼヴィムに立ち向かう!さらに、ドライグとオーフィスの合体技のよりリゼヴィムに瀕死の状態に追い込んだのであった……

pixivに投稿された作品 pixivで「兵藤一誠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1080727

コメント