ピクシブ百科事典

目次[非表示]

背丈は9センチ。森の奥で暮らす彼女たちは、とっても小さいのです。

ハクメイとミコチ。緑深き森で暮らしている、小さなふたりの女の子。木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり……身長9センチメートルなら、そんな事も出来るのです。

そーっと覗いてみませんか? 穏やかで愉快で、とびきり愛らしいその生活を。

概要

樫木祐人(⇒pixivアカウントはこちら)による漫画作品。本人のデビュー作。漫画、アニメ共に公式略称は「ハクミコ」。

2011年4月エンターブレインの「Fellows!」volume16Dに読み切り作品『きのうの茜』が初掲載。その後、2012年4月の同誌Volume22より『こびと日和』のタイトルで連載がスタートした。

2012年12月の同誌Volume26より『ハクメイとミコチ』に改題。その後、本誌が名称を変えた「ハルタ」誌へもそのまま移行し、現在も連載中。2021年時点で既刊9巻。

2018年1月にはアニメ化もされた。

ストーリー

自然の中に住まう身長9cmのこびと達が様々な物事を繰り広げながら日々を暮らす物語。
主人公の女の子ハクメイミコチを中心に、日常生活が描かれる。

世界観

登場する世界の住人はこびとのみに限らず動物や虫も登場し、彼らもこびと達と同じ言葉を話し、一緒に料理を作ったり店を経営したり働いたりなど、人間的なコミュニケーション能力を備え、共に社会生活を営んでいる描写がある。(会話できない一部の鳥類や魚類にはそういった描写は無く、現実世界の野生動物のように描かれる)

こびとたちの種族等は不明(後述の副読本では「ヒト」表記)だが、大体みんな妖精のように耳は尖っており、抜きんでた体格の持ち主は今のところ見られない。

文明レベルは風車石炭が主な動力源。電気ガスの認識は不明だが、舞台が基本的に自然の中であるため、たとえあったとしても行き渡っているとは言えない。しかし街があったり新聞郵便の配達が整っていたりと、それなりに発展した世界観である。こびと達だけでは非力な部分も、より大きく力持ちな動物達との意思疎通が可能な為、彼らが荷物の牽引を引き受けたり大型の仕事を担ったりしている点も生活に大きく関わっている。現実世界に比べると不便に思える点も、こびとならではの知恵と技術で難なく乗り切られている。

その他、付喪神が普通に認識されている等、ファンタジーな箇所もあるが魔法の存在は明示されていない。科学者のような技術開発を行う者もいるが、その内容は現実の技術とはまた異なったものである。
そして、人間は登場せず、人間が存在する世界かの明示も無い。

単行本では、漫画本編以外に「足下の歩き方」と言うタイトルのコラムで世界設定やエピローグなどが語られており、公式副読本として「ハクメイとミコチ ワールドガイド 足下の歩き方」がある。こちらは描き下ろしイラストによるキャラクター紹介や世界観の補完がメイン。

登場人物

ハクメイとミコチの登場人物」の項目を参照。

TVアニメ

2018年に冬アニメとして放送された。アニメーション制作はスタジオ雲雀(Lerche名義)。

TOKYOMXKBS京都サンテレビBS11AT-Xの他、テレビ東京系列の2局であるテレビ愛知TVQ九州放送にて放送。なお、月曜に放送のテレビ東京系以外は金曜日に放送曜日を合わせたほか、TOKYOMXでは土曜35:30-36:00に再放送された。

主題歌

  • オープニングテーマ

「urar」
歌・作詞・作曲 - Chima / 編曲 - Chima、高野寛

  • エンディングテーマ
「Harvest Moon Night」(第1話 - 第8話、第10話 - )
作詞・作曲・編曲 - ミト / 歌 - ミコチ(下地紫野)&コンジュ(悠木碧)
「水底のリズム」(第9話)
作詞 - 坂井竜二 / 作曲 - 髙橋乃意 / 編曲 - 川本新 / 歌 - コンジュ(悠木碧)

関連イラスト

ハクミコいちゃこら
ハクメイとミコチ


ハクメイとミコチ
石貫會の四か条



関連タグ

Fellows! ハルタ(漫画誌) 小人

関連動画



外部リンク

TVアニメ「ハクメイとミコチ」公式サイト

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハクメイとミコチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1327137

コメント