ピクシブ百科事典

レイナーレ

れいなーれ

レイナーレとは、ハイスクールD×Dの登場人物である。
目次[非表示]

CV:生天目仁美

概要

堕天使の女。
堕天使の組織「神の子を見張る者(グリゴリ)」に所属し、末端の堕天使や堕天使側の悪魔払い組織のはぐれ神父たちをリーダーとして纏め上げている。総督であるアザゼルや副総督のシェムハザに心酔しており、アザゼルのためなら非道な行いも辞さない狡猾な性格である。また、自ら「至高の堕天使」と自負しており、自分が優勢であると傲慢な態度で高を括っては相手を見下し、余裕の表情を見せているが、自分が劣勢になると取り乱し、自分の保身のために逃げ出そうとしたり敵に命乞いをして醜態を晒すなど、追い込まれることには非常に弱い。しかし、その一方で部下に優しい一面もあると思われ、ミッテルトカラワーナドーナシークら3人の部下から慕われている。
妖艶でスタイルが良く、本性を現すと黒い羽を生やし、アニメ版においては本来の堕天使の姿を現す際に露出度の高い黒のボンデージ姿になる(原作小説版と漫画版ではボンデージ姿では現れない)。また、口元に牙が生えているなど人外であることが強調されているほか、悪党然とした迫力のある表情を取ることもある。
戦闘時は光槍を武器として使っている。ちなみに、レイナーレの光は並みの堕天使と比べて濃度が高いらしい(本人談)。

劇中での活躍

作中序盤にて堕天使上層部から兵藤一誠を殺害するように命じられ、民間人「天野夕麻」(あまの ゆうま)を名乗って一誠の恋人を演じた末、笑顔で「死んでくれないかな」と言って彼を騙し、殺害した。
その後、アーシア・アルジェントの神器「聖母の微笑」を欲して一度は自らの元を逃げ出したアーシアを、偶然再会してた一誠の助命と引き換えに大人しくさせ連れ戻り、神器を奪う事がアーシアの死を意味する事を知りながら意に介さずそれを平気で奪った(当然アーシアは死亡)。
アーシアを助けに来た一誠を神器の力で圧倒するも、アーシアを殺された怒りに燃える一誠の真の力によって形勢逆転され、一誠の力に怯えて逃げ出すも腕を掴まれ、顔面に強力な一撃を加えられて地面に叩き付けられ、気絶した。
塔城小猫によってリアス・グレモリーの前に引きずり出されて目が覚めた後、部下の堕天使たちがリアスの攻撃で死亡してしまったことを知って追い詰められたレイナーレは、再び「天野夕麻」に変身して一誠に対し、「あの悪魔(リアス)を倒しましょう」と頼む。しかし、それが一誠の気持ちを逆撫でする結果となる。結局、最期はリアスの手によって死亡した(原作小説版ではフリード・セルゼンに裏切られたり、漫画版では気絶しているところに水をかけられて起こされては泣きながら一誠に助けを求めたり、アニメ版では死に際に凄まじい顔で悲鳴をあげるなど、その最期の場面の描写がメディアによって異なっているが、大筋は変わらない)。
アザゼルのために非道な行いをしてきた彼女だったが、最早味方になってくれる者は現れず、全てを失って死亡する様は周囲に哀れみを抱かせた。

一誠にとってレイナーレに裏切られた事は最大級のトラウマであり、無自覚な女性不審という形で根付いていた。
その事が原因でリアスの事をなかなか名前で呼べず、お互いの仲が険悪になる事もあり、それ以外にも至る所で名前が出て来ており、一誠と仲間の心に影を落とし続けた。
結局彼がトラウマを乗り越えたのは10巻と彼の心の傷が癒えるまでに時間がかかっており、レイナーレの与えた影響は非常に大きい。しかも、このトラウマは未だ完治に至っていない。

関連タグ

ハイスクールD×D 天野夕麻 神の子を見張る者
アザゼル シェムハザ
ミッテルト カラワーナ ドーナシーク フリード・セルゼン
堕天使 兵藤一誠

pixivに投稿された作品 pixivで「レイナーレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1907423

コメント