ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

レイナーレ

れいなーれ

ライトノベル「ハイスクールD×D」及び同作のTVアニメとコミカライズ版における登場人物である。
目次 [非表示]

CV:生天目仁美

概要

堕天使の女。

堕天使の組織「神の子を見張る者(グリゴリ)」に所属し、末端の堕天使や堕天使側の悪魔祓い組織のはぐれ神父達をリーダーとして纏め上げている。総督であるアザゼルや副総督のシェムハザに心酔しており、アザゼルのためなら非道な行いも辞さない。

また、休戦中ではあるが敵対関係にある悪魔を毛嫌いしており、主人公であるイッセーこと兵藤一誠が人間から下級悪魔に転生したことを知ると、元々見下してはいたが殊更見下すようになった。

その一方で同じ種族であるミッテルトカラワーナドーナシークなど3人の部下とは将来の地位を約束して協力を取り付けた関係ではあるものの、一緒に酒を飲みながらイッセーの話を肴にして面白がっていた。


妖艶でスタイルが良く、本性を現すと黒い羽を生やす。その際にアニメ版においては露出度の高い黒のボンデージ姿になる(原作小説と漫画版では洋服姿のまま羽を生やすのみ)。

これは、より悪役っぽくするためにとキャラクター原案担当のみやま零氏から指示があったためである。

戦闘時は光の槍を武器として使っている。

因みに、レイナーレの光は並の堕天使と比べて濃度が高いらしい(本人談)。

しかし、下級堕天使なのか中級堕天使なのかは不明である。


劇中での活躍

作中序盤にて堕天使上層部からイッセーを殺害するように命じられ、人間の女子高生「天野夕麻」(あまの ゆうま)を名乗って一誠の恋人を演じた末、笑顔で 「死んでくれないかな」 と言って彼を殺害した。


その後、「至高の堕天使」になることを目指し、アーシア・アルジェントの神器『聖母の微笑』を欲して一度は自らの元を逃げ出したアーシアを、偶然にも再会したイッセーの助命と引き換えに連れ戻し、神器を奪うことがアーシアの死を意味することを知りながら意に介さずそれを平気で奪った(当然アーシアは死亡)。

アーシアを助けに来たイッセーを圧倒するも、アーシアを殺された怒りに燃えるイッセーの真の力、『赤龍帝の篭手(ブーステッド・ギア)』によって形勢逆転され、その力に怯えて逃げ出すも腕を掴まれ、顔面に強力な一撃を加えられて地面に叩き付けられ、気絶した。


塔城小猫によってリアス・グレモリーの前に引き摺り出されて目が覚めた後、部下の堕天使達がリアスの攻撃で死亡したことを知って追い詰められたレイナーレは、再び「天野夕麻」に変身して一誠に対し 「一緒にあの悪魔(リアス)を倒しましょう!」 と懇願する。

しかし、それがイッセーの気持ちを逆撫でする結果となり、リアスの手によって消滅した(原作小説では部下であるフリード・セルゼンに裏切られたり、漫画版では気絶しているところに水を掛けられて起こされた後に泣きながらイッセーに助けを求めたり、アニメ版では死に際に凄まじい顔で悲鳴を上げるなど、その最期の場面の描写がメディアによって異なるが、大筋は変わらない)。

その後の物語への影響

イッセーにとって、初恋の相手だったレイナーレに騙されて一度は殺された挙げ句散々罵倒されたことは最大級のトラウマとなり、無自覚な女性不信という形で根付いてしまっていた。

そのことが原因でオカルト研究部の女子メンバーに怯えた目を向けてしまったり、リアスのことを中々名前で呼べず、お互いの仲が険悪になってしまったりしたことがあった。それ以外にも至る所で名前が出て来ており、イッセーと仲間の心に影を落とし続けた。


このトラウマが顕著な形となって現れたのは、シャルバ・ベルゼブブとの戦いであり、シャルバによってアーシアが消滅させられた(実際は次元の狭間に飛ばされただけだった)と思い込んだイッセーは『覇龍』を不完全な形で発動。 覇龍が暴走している間、イッセーはレイナーレの幻影によって心の傷を抉られていた。


結局、イッセーがレイナーレのトラウマを乗り越えたのは原作10巻(アニメの場合は第4期)と彼の心の傷が癒えるまでにかなりの時間が掛かっており、レイナーレが与えた悪影響は非常に大きい。

しかも、このトラウマは未だ完治に至っていない


人間関係

  • アザゼル/シェムハザ/バラキエル:嘗ての上司。 特に、アザゼルに対して、レイナーレは狂信的な愛を抱いていた。
  • ミッテルト/カラワーナ/ドーナシーク :レイナーレの取り巻きであった堕天使。
  • フリード・セルゼン:駒王町における拠点だった廃教会に招き入れていた悪魔祓いの一人。 もっとも、フリードはレイナーレに対して敬意を抱いておらず、レイナーレが敗北した後は彼女を見捨てて逃走した。
  • 兵藤一誠:レイナーレの所業の被害者の一人目である本作の主人公。彼女の悪行によって、心に深刻なトラウマを負ってしまう。
  • アーシア・アルジェント:レイナーレの所業の被害者の二人目である本作のヒロインの1人。リアスの眷属悪魔に転生した後、レイナーレのトラウマに苦しむイッセーを心配している。
  • リアス・グレモリー:全てを失ったレイナーレを消滅させた本作のヒロインの1人。しかし、レイナーレのイッセーに対する悪行のせいで、そのトラウマを抱えているイッセーとの仲に亀裂が入りかけたこともあった。
  • 姫島朱乃:本作のヒロインの1人にして、「神の子を見張る者」の副総督である堕天使・バラキエルの娘。 母の朱璃を喪った悲劇の件で父を憎んでいた頃の彼女とレイナーレが原作で直接会うことは無かった。

余談

公式の設定によると、ハイスクールD×Dの世界における悪魔と天使と堕天使は死亡すると魂毎消滅することから、レイナーレが再生怪人のように復活することは永遠に無いとされている。


また、2023年12月26日までモバゲーで配信されていた「ハイスクールD×D カード」では、様々な衣装を着たレイナーレのカードが数多く登場した。


関連タグ

ハイスクールD×D

爆乳

堕天使

敵女

悪女

外道

ボンテージ

命乞い


関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6897536

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました