ピクシブ百科事典

エアリアル

えありある

エアリアルの意味は様々あるが、ここでは四大精霊としてのエアリアルとロマンシングサガ3に登場するエアリアルについて解説する。※メインイラストはロマンシングサガ3に登場するエアリアルである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 四大精霊の内、シルフ同様に風を司る精霊の名称。→本項で解説
  2. 英語で空中大気気体という意味の言葉。
  3. 空中演技を競うスキーのフリースタイル競技の一種。スキー板を履いて空中を飛んで宙返りをして着地し、それまでの間に繰り出す演技(技)の難易度を競う。
  4. ロマンシングサガ3に登場する精霊系モンスター。→本項で解説
  5. 魔法使いの嫁の登場人物の1人である羽鳥智世使い魔
  6. バウンティソードの登場人物の1人である従軍僧侶の名称。


概要

四大元素を象徴する精霊の内、大気(風/空気)を司る精霊の1人であり、同じ風を司るシルフたちと同様に空を流れる風の中で暮らしているとされる………。

というよりもほぼシルフと同一の存在らしいので、シルフの別名、あるいはシルフの亜種(?)のようなものと捉えても良いのかもしれない。

シェイクスピア戯曲の1つである『テンペスト(嵐)』やイギリスの詩人アレキサンダー・ポープの『髪盗人』ではシルフではなく彼女たちが登場しており、『テンペスト(嵐)』に登場するエアリアルの解説によれば、その姿はとても華奢な容姿をしており、姿を消して空気の中を自在に飛び回り、はるか彼方まで一瞬にして飛んで行く事が出来るという。

また、風を自在に操る事ができ、船舶を難破させてしまう程の激しいを引き起こす事や、船に乗船している乗船者たちが全く怪我をしない様にしたり、難破して漂流した人々がたどり着く場所を自由に設定して連れて行く事が出来るようだ。

ただしあくまでも彼女たちの能力は風を自在に操る事に限定されているほか、汚らわしい仕事は全くできないという制約があるらしい。

また、風を司る精霊だけあり、何者にも縛られず自由な日々を暮らして行きたいと望んでいるが、ある種の特殊な魔法にとても弱いという弱点を持っており、『テンペスト(嵐)の物語ではこの弱点を突かれて魔女シコラクスの使い魔として使役されていた時期もあったようだ(最終的には色々あって契約から解放される事となり、晴れて自由の身になったらしい)。

なお、『髪盗人』では令嬢ベリンダの守護妖精という立場て登場している。

ちなみにマイナーな存在である為に風の精霊としての立場は殆どのファンタジー作品ではとして登場するのはシルフに奪われてしまっている気がしないでもないが、後述する『ロマンシングサガ3』やスマートフォンアプリゲーム『トリプルモンスターズ』など少なからず彼女たちが登場している作品もあるようだ。

ロマンシングサガ3

ロマンシングサガ3に登場する精霊系のLv.6モンスター。
ものの本によれば、元来大人しい性格であったが、アビスゲートが開いた影響でその瘴気にでもあてられたのか、凶暴化してしまったとされる。

風の精霊の一種だけあって高レベルの『ウインドダード』や『サンダーボルト』、そして相手を高確率で眠りへと誘う『ナップ』といった術を中心に襲い掛かってくる強敵だが、何よりも目を引くのは風の様な髪を纏っている(?)為に大事な部分はちゃんと隠れてはいるが、生まれたままの上半身姿だったりする。

関連項目

シルフ 四大精霊 女モンスター 精霊 風の精霊 ロマンシングサガ3

pixivに投稿された作品 pixivで「エアリアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 941

コメント