ピクシブ百科事典

バウンティソード

ばうんてぃそーど

1995年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された『バウンティ・ソード』を、リメイクした作品。その際には、『バウンティソード・トリロジー』として、3部作になる予定だったが、続編(セカンド)として『バウンティソード・ダブルエッジ』が発売されたのみで、『サード』は発売されていない。
目次[非表示]

ゲーム概要

パイオニアLDCが発売したSFC・PS用ゲームソフトでゲームアーカイブスでも配信中。
ゲームの知名度こそ低いものの、シナリオを新世紀エヴァンゲリオンの脚本で知られる山口宏氏が、モンスター・メカデザインを使徒のデザインであった前田真宏氏が担当し(ちなみに3作目ダブルエッジにおいてはGONZOが正式に制作協力している)ていることから一部エヴァファンのコレクターアイテムとなっているため(これはエヴァファンに限らず作者つながりで作品を買うというのはよくある事だと思われるが)時にエヴァンゲリオンタグと併用される事もある。
また、音楽をGガンダムサクラ大戦ワンピースの作曲で有名な田中公平氏が手がけているため音楽の評価も高い。

ゲームシステム

ジャンルはリアルタイムシミュレーションとなっており敵味方のユニットがリアルタイムに動き回り、MAP上の敵を攻撃(あるいは味方を回復)していく。他の作品でいうとファイナルファンタジー12 レヴァナントウィングがシステム的に近い。

ストーリー

神暦4093年、南エウロペア大陸の小国「神祖連邦オルドバ」により引き起こされた戦火は、瞬く間にエウロペア大陸全土に広まっていった。古代の超兵器『機神』による侵略の手は南エウロペア大陸のみならず、北エウロペア大陸をも包み込んでいった。その前に立ちはだかる全ての国を焦土と化しながら……。そして、神暦4095年、北エウロペア大陸を制圧したオルドバ軍の前に残されたのは、北方の島国「ラインメタル連合共和王国」のみとなっていた。
一方、そのラインメタルに一人の男がいた。男の名は「ソード」。かつては騎士として輝かしい日々を過ごすも、10年前のある事件を境に、その日暮らしの賞金稼ぎに身を落として日々をしのいでいる男だ。そして、ある依頼のなかで、ソードは一人の少女と出会う。その出会いこそが、失った時間を取り戻す戦いの始まりであるとも知らずに……。
※バウンティソード・ファースト取扱説明書より抜粋

世界観は一見ヒロイックファンタジー的な剣と魔法の世界であるが後半、実は∀ガンダムの様な文明破滅後の未来の世界である事が発覚しピースメイカーやアーマーライト等の銃器類や機神(モビルドール)といった機動兵器が古代兵器として古代遺跡から発掘され使われるほか、ドーヴァー海峡やジブラルタル海峡、ジャポネ、中央エイジアといった地名が登場したり魔法使い僧侶強化人間の子孫であることを示唆するかのようなセリフが存在したりする。

登場キャラクター

ソード CV:石塚運昇
『バウンティ・ソード』及び『バウンティソード・ファースト』の主人公。
男性。31歳。3月14日生まれの魚座(名前と誕生日は変更可能)。
元ラインメタル第17独立騎士団のリーダー。
10年前の第二次エウロペア戦争では「不敗の聖騎士」、「マスター・オブ・ソード」と呼ばれる英雄だったが、終戦間際に第17独立騎士団は捨て駒として死地へと送り込まれる。
戦友のアジャックスとダニエルは自分達を捨て駒扱いしたラインメタルを見限って出奔、さらに想い人でもあったノルンが自らをかばって戦死してしまい、第17独立騎士団は崩壊する。
失意の中ラインメタルに帰還したソードは、謂れのない友軍全滅の責任を押し付けられて軍を追放されたあげく、「味方殺しのソード」という悪名で呼ばれることになる。
その後の10年間、ソードはその日暮らしの「バウンティハンター(賞金稼ぎ)」として酒に溺れる堕落した生活を送っていたが、止まったままだった彼の時間は神祖連邦オルドバによるエウロペア全土に対する侵略の開始と、オルドバの皇女フュリスとの出会いで再び動き始める。
手に持った剣をくるくると回転させる構えが特徴。
この構えは「マスター・オブ・ソード」の異名とセットになって広まっているらしく、面識のない人物が構えを見ることでソードの正体に気付くというイベントが見られることがある。
頬に刀傷があるが、これは10年前にアジャックスとの一騎打ちで負ったもの。

関連イラスト

バウンティソード2ND



関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン
レトロゲーム

この記事のカテゴリ

ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「バウンティソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118

コメント