ピクシブ百科事典

火象

かぞう

火象とは沙門地獄の一つ火象地獄に住む炎に包まれた象。
目次[非表示]

概要

12世紀の『地獄草紙』に描かれた炎に包まれた黒い
口や目から炎を吹き、本物の象と比べると首が長く四肢はのように細い。

『仏名経』の「大乗蓮華宝達菩薩問答報応沙門経」に説かれており、仏法に出会い沙門(修行僧)となったが、淫欲に染まり仏像を穢した者が堕ちるという鉄囲山の間にある「沙門地獄」の一つ「火象地獄」に住んでいる。

罪を犯した沙門たちが怯えていると、獄卒馬頭たちがこの火象の背に無理やり乗せて炎で焼き焦がさせたり、踏みつぶさせ噛み喰らわせるという。

登場する創作

地獄に出現する白象あいらばたの色違いの赤い象として登場した。

  • 妖怪大合戦
  • 陰陽師~平安妖絵巻~

関連タグ

地獄 獄卒 

関連記事

親記事

地獄 じごく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「火象」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48

コメント