ピクシブ百科事典

カリアッハベーラ

かりあっはべーら

イギリスやスコットランド、そしてアイルランドに伝わる冬の妖精。
目次[非表示]

概要

イギリススコットランドの高知地方やアイルランドに伝わる病と冬を司る妖精
カリャッハ・ヴェーリ、カリアッハ・ヴェーラ、ヴェーリ、ケラッハ・ヴェーラ、ケラッハヴェール、カリヤク・バルとも呼ばれる事もあり、太陽神ルーの妻であるブイと同一視される事もある。

ハッグの仲間でもあり、その名は古代アイルランドの言葉であるゲール語で“青い妖婆”を意味しているとされる。

その名の通り青く醜い顔をしているといわれており、晩秋に差し掛かると1本の杖を持って林や森、公園を歩き回るといわれており、その杖が木々に触れると木の葉がすっかり舞い落ちてしまうとされる。

また冬の間日差しを暗くしたり雪を運んだりするのも彼女の仕業であり、春が到来して五月祭の前夜になると石と化すが、再び秋が到来してハロウィンの日になると、息を吹き返して美しい夏の乙女へと転生し、草花の芽を育てて新しい息吹を吹き込むといわれている。

メガテンシリーズにおけるカリアッハベーラ

種族鬼女の仲魔として登場。

関連タグ

妖精 ブイ(ケルト神話)

関連記事

親記事

妖精一覧 ようせいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カリアッハベーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5503

コメント