ピクシブ百科事典

牛の首

うしのくび

「牛の首」とは、都市伝説のひとつ。
目次[非表示]

概要

いわば都市伝説である。
余りにも恐ろしい話のため、これを聞いた人は3日と立たず死んでしまうという恐ろしい怪談である。
そのせいで、怪談の作者も永久にこの話を封印したまま死んでしまい、今では「牛の首」という題と、「それがあまりにも恐ろしい話」だという事のみが今に伝わっているという。

実際のところ、そもそも「牛の首」という怪談自体存在せず、「凄い怖い話」という形骸のみが一人歩きしているのである。
そして「凄く怖い話」とはどういう話なのか知りたいという好奇心から、次々と付属する噂が生まれ、結果「牛の首」の実態が無いまま、その恐怖だけが一人歩きし、それが更なる噂を生み、広まっていくのである。
既に20世紀初頭にはこの形は完成されており、小松左京の小説や、筒井康隆のエッセイが切っ掛けで大きく広まったとも言われている。

2chでは設定が似たようなお話に「鮫島事件」というものが創作された。

イギリスには類話として殺人ジョークというモンティ・パイソンのスケッチがある。「イギリスの作家が、あまりにも面白くて笑い死ぬジョーク創作してしまう。ジョークはイギリス陸軍はドイツ軍に流布させれば戦争に勝てると考えそのジョークをドイツ語へ翻訳、ジョークは実戦投入され大変な成果をあげる。ドイツ軍はこれに対抗し自国で殺人ジョークをつくろうとするが、ドイツ人にはジョークの才能がなかったため失敗に終わる」と言うもので、結局ジョークの内容は分からないままである。

余談

天草市本渡町に、牛の首という地名がある。Google MAP

叙火が連載していた『八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚』では、諸説ある中の話の1つが漫画化されている(内容は18禁なので注意)。

類義語

赤い洗面器の男 鮫島事件

pixivに投稿された作品 pixivで「牛の首」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3088

コメント