ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鮫島事件

さめじまじけん

「伝説の『鮫島スレ』について語ろう」という2ちゃんねるのスレッドを発端とした架空の事件。
目次 [非表示]

概要編集

「この話題を提示した途端誰もが口をつぐむほどの恐ろしく忌まわしいあの事件」というような設定のネタ。事件そのものは存在しない架空の事件であり、扱いとしては「牛の首」が近い。


発祥は2001年5月24日、2chに建てられた「伝説の「鮫島スレ」について語ろう」というスレ。

事件の内容やそれに対する質問が書き込まれた。しかし、このスレを立てた人物を含めて誰も事件の実像に触れないまま名前だけが一人歩きし、「公安が絡んでいる」、「事件について語るだけでも危ない」、「2chの影の部分」といった断片的なネタが追加されていったことで、次第に『鮫島事件=タブー』というネタが出来上がった。この鮫島事件が広まった当時は2chにまだアングラさが残っていたので妙なリアルさがあった。

とはいえ、発祥となったスレを立てた人物とスレ内で質問を行った人物のIPアドレスが一致したことから両者は同一人物であり、いわゆる自演を行っていたと思われる。怖いというか切ない話である。

その後スレッドを立てた本人を名乗る者が釣りであることを宣言した。


今でもときおり「『真相を探ろうとしたら消されるヤバい案件』というネタ」として話題に上がっており、この事件の話題が持ち出されると、「その話はまずい」という返信が来るのが定番。

さらには鮫島姓の実在人物やキャラクターになぞらえた風聞を提示する者、グリコ・森永事件犯人にまつわる話と言う説を掲げる者、将軍様の手先の事だとする者などなど様々なネタが加えられている。


ただ、何も知らない人に対していかにもそんな事件があったように思わせる釣りネタという側面もあり、「表向きは存在しない事件として隠蔽されている」というネタや上記の実際の事件との関係を本気で捉えてしまうオカルト好き・陰謀論者や、これを下に政治批判をする者も全くいないわけではないのが困りもの。


余談編集

  • 鮫島事件はネット上での都市伝説の成り立ちにおけるモデルケースとして扱われる事もある。
    • 基本的に都市伝説はあくまでの一種であるが、掲示板のように不特定多数かつ匿名の場で生まれる都市伝説はログが残るため、成り立ちの可視化が比較的容易であり、いかにも説得力があるように見える発言が重なる事でより信憑性が増していくという過程が目に見えるようになる。
    • 無論、この過程が無責任かつ悪質なものだった場合は風評被害に発展する事が多々ある。タレントのスマイリーキクチ氏が事実無根の噂に長く悩まされたケースもこの一種である。
  • 1968年6月に日本経済新聞社の鮫島記者が中国当局にスパイ容疑で長期勾留された事件も「鮫島事件」と呼ばれることもあるので留意。
  • 2011年に『2ちゃんねるの呪い』というホラー作品群の一環として映像化されている。そして時が流れて2020年、再びこの都市伝説を素材とした映画「真・鮫島事件」が公開されることが公表された。
  • 2chで規制されている話題としては、某弁護士の騒動がある。今でこそ本人も笑い話にしているが、訴訟を誘発しかねないタブーな内容を多く扱っており、今なお関連ワードが規制されている。
  • 明治時代の1911年11月1日に現在の八戸市で発生した"八戸浦クジラ事件"こと「東洋捕鯨鮫事業所焼討事件」(海を荒らす捕鯨業者への漁民の怒りが爆発して発生した暴動。日本最大・最後の漁民一揆)は稀に「鮫浦事件」や「鮫村事件」と呼ばれることがあるため、鮫島事件と間違える人もいるという。

外部リンク編集

鮫島事件 - Wikipedia


関連リンク編集

都市伝説 日本探偵橳山健一シリーズ

牛の首…古くから伝わる伝統的な怪談で、聞いたものはみな恐怖のあまり気が狂い、死んでしまう…とされているが「恐ろしい恐ろしい」と言われるものの肝心の中身が一切語られない。ただただ「恐ろしい」「それしか伝わってこない」とだけ伝わえられ、それを聞いたものが勝手に想像を付け足していく

関連記事

親記事

都市伝説 としでんせつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42120

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました