ピクシブ百科事典

枕返し

まくらがえし

日本の妖怪の一種。 夜中、寝付いた人間の枕元に現れ、枕をひっくり返していく。 軽い悪戯のような行為であるが、中には枕をひっくり返された人間の魂を奪う凶悪なものもいる。
目次[非表示]

枕返しとは、日本妖怪の一種である。

解説

眠っている人間の枕元に現れ、その人が頭に敷いているをひっくり返していく妖怪。
単純に枕の裏表を返すものから、布団の向きそのものを変えるものまで様々いるらしい。
いくらか種類が存在し――


……など、様々。
基本的には起きた相手を驚かせる程度の軽い悪戯ぐらいであり、然したる害は無い。

恐るべき“枕返し”

しかし、これとは別に命を奪いに来る枕返しも存在する。

有名なのは和歌山県の枕返しで、彼らは樅(モミ)の大木に宿る精霊だった。
八人の樵(きこり)たちが、一日かかっても切れないほどのこの大木を切ろうとを引くが、中ほどまで切っても翌日には元通りになるという怪現象がおこり、これが精霊たちによっておがくずで塞いで元通りにしていたと知る。そこで樵たちは、おがくずを燃やして精霊たちが大木の修復を出来ないようにして、伐採を完了させた。
するとその日の晩、精霊たちが樵たちの枕元に現れ、彼らの枕を次々にひっくり返していったという。翌朝、枕を返された樵たちは全員亡くなっていが、一人だけは寝るときに般若心経を唱えるクセをもっており、精霊が“信心深い”と判断して見逃し、奇跡的に生き残ったという。

枕返しの「意味」

民俗学において、枕はの世界と現実世界の境界」と言われている。
これは古来、日本人が「寝ている間は魂は別世界へ飛んでいっている」と考えていたことに由来し、この飛んでいっている間に見聞きした世界の情景が“夢”であるとしていた。
よって、魂の抜けた状態で枕の裏表や位置を変えられると、飛んでいった魂がちゃんと戻れなくなり、死に至るのだという。
また枕を返すことは“秩序の逆転”も意味し、魂が帰るべき世界を入れ変えてしまい、起きたときには異次元世界へと飛ばされてしまうとも考えられた。

こうした民間信仰から、枕返しは単なる悪戯妖怪というだけでなく、恐るべき妖魔としての一面も持ち合わせているのである。

関連イラスト

日本妖怪図鑑035「枕返し」
幽界返し



関連タグ

妖怪




オマケ

倦怠期


枕返しもたまには良い仕事をする……かも?

pixivに投稿された作品 pixivで「枕返し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21562

コメント