ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

夢繰りの鈴の少女

ゆめくりのすずのしょうじょ

夢繰りの鈴の少女とは、『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ第6シリーズに登場するゲストキャラクター。
目次 [非表示]

CV:かないみか

概要編集

6期鬼太郎の第14話『まくら返しと幻の夢』に登場。黒髪のシニヨンに赤い着物を着た幼い少女で、現実に疲れ果てた大人達の魂を捕えて夢の世界に引きずり込んで閉じ込め、眠り続けさせる事件を起こしていた黒幕


なお、“夢繰りの鈴の少女”とはEDのキャストクレジットにて表記されていたものであり、本名は不明


人物編集

容姿編集

みをつくし

普段は生前の姿をしているが怨霊としての本性を曝け出すと、白髪に赤い隈取に覆われた白顔という歌舞伎の連獅子を思わせる恐ろしげな姿へと変貌する。


能力編集

髪の毛を氾濫する川へと変え、かつて自分が人柱にされた時の光景を再現して相手を溺死させる。また、『夢繰りの鈴』の力を使って自在に夢を操作する事も可能。


経歴編集

過去編集

かつて洪水を静める為、水神への生贄に捧げられた少女の亡霊。目隠しをされた状態で崖から突き落とされて殺害された。

この時、幼い少女の運命を不憫に思ったのか、枕返しを退治した偉いお坊さんから「せめて、良い夢を見られるように」と、枕返しから取り上げた『夢繰りの鈴』を胸に掛けて貰っていた。


幼かった彼女には、大人になれないまま命を落とす事になった現実は相当に辛い出来事であった。そのため本来行くべき世界へと行く事が出来ず、怨霊と化して現世に留まり続けていた。


現在編集

それから時が経ち現代に至った少女は、辛い現実に耐えられず夢を失い、疲れ果てた数多くの大人達を見た。少女は無念さと友達欲しさから『夢繰りの鈴』の力を使って、そんな大人達を夢や希望で満ちていた子供時代の姿へと変え、夢の世界へと連れて行った。


少女は夢の世界へとやって来た鬼太郎達の説得を聞き入れず、夢の世界から彼等を追い出そうと、子供の姿になった大人達と共に襲い掛かる。しかし、最終的にはマサシとアキノリ父子の絆や、息子を思う目玉おやじの力の前に敗北

目玉おやじの指鉄砲で『夢繰りの鈴』を破壊され、夢を操る事が出来なくなり、捕えた大人達の魂を開放した。


「二度と戻らない」と彼女に別れを告げたアキノリに対して「そう祈っているわ」と、激励とも皮肉とも取れない意味深な言葉と共に邪悪な笑みを浮かべている


関連項目編集

6期鬼太郎 まくら返しと幻の夢


枕返し 哀しき悪役 怨霊 生贄


『現実に疲れた大人を幸せだった子供時代に連れて行く』という似た様なやり口で事件を起こしている(もっとも、こちらは捕えた人間の魂を徐々に奪っていき、最終的にその命を奪い取るのが目的である)。また、劇中で標的となったのは子を持つ父親である事、更にその父親が最後は我が子への思いを支えに現実へと戻る道を選んだ事も共通している。

関連記事

親記事

まくら返しと幻の夢 まくらがえしとまぼろしのゆめ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85276

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました