ピクシブ百科事典

夢繰りの鈴の少女

ゆめくりのすずのしょうじょ

夢繰りの鈴の少女とは、6期ゲゲゲの鬼太郎14話『まくら返しと幻の夢』に登場する、本名不明の少女の亡霊(あるいは怨霊)。

CV:かないみか

概要

第6期鬼太郎第14話に登場。
黒髪のシニヨンに赤い着物を着た幼い少女で、現実に疲れ果てた大人たちの魂を捕えて夢の世界に引きずり込んで閉じ込め、眠り続けさせる事件を起こしていた真の黒幕
なお、「夢繰りの鈴の少女」とはEDのキャストクレジットにて表記されていたものであり、本名は不明

その正体はかつて洪水を沈める為、水神への生け贄に捧げられた少女の亡霊。目隠しをされた状態で崖から突き落とされて殺害された。

  • このとき、幼い少女の運命を不憫に思ったのか、枕返しを退治した偉いお坊さんから『せめて、良い夢を見られるように』と、枕返しから取り上げた“夢繰りの鈴”を胸にかけてもらっていた。

幼かった彼女には、大人になれないまま命を落とす事になった現実は相当に辛い出来事であった。そのため本来行くべき世界へと行く事が出来ず、怨霊と化して現世に留まり続けていた。

それから時が経ち、現代に至った少女は、辛い現実に耐えられず夢を失い、疲れ果てた数多くの大人たちを見た。少女は無念さと友達欲しさから、“夢繰りの鈴”の力を使って、そんな大人たちを夢や希望で満ちていた子供時代の姿へと変え、夢の世界へと連れて行った。その大人たちの中に、まなの知り合いであるマサシの父親、アキノリが含まれていたことから、鬼太郎が事件解決に乗り出すことになる。

普段は生前の姿をしているが怨霊としての本性を曝け出すと、白髪に赤い隈取に覆われた白顔という歌舞伎役者を思わせる恐ろしげな姿へと変貌する。
この姿になると、髪の毛を氾濫する川へと変え、かつて自分が人柱にされたときの光景を再現して、相手を溺死させる。また、“夢繰りの鈴”の力を使って自在に夢を操作する事も可能。

少女は夢の世界へとやって来た鬼太郎たちの説得を聞き入れず、夢の世界から彼らと追い出そうと、子供の姿になった大人たちと共に襲い掛かる。しかし、最終的にはマサシとアキノリ父子の絆や、息子を思う目玉おやじの力の前に敗北した。

本邦初公開となる健康だったころの若かりし目玉おやじ指鉄砲で“夢繰りの鈴”を破壊され、夢を操る事が出来なくなり、捕えた大人たちの魂を介抱した。
だが「二度とここには来ない」と彼女に別れを告げたアキノリに対して「そうならない事を祈っているわ」と、激励とも皮肉とも取れない意味深な言葉と共に邪悪な笑みを浮かべている。

結局、彼女が潜む夢の世界そのものは残り続けているうえ、大人たちがそれぞれ抱えていた問題は何一つ解決していない。事件の幕切れに当たっては、被害者たちが再び少女の夢の世界に救いを求める可能性は否定しきないことや、辛い出来事が多い現代社会では、現実逃避を求めて彼女の元へとやってくる人々が後を絶たないであろう事が示唆されている。


関連項目

6期鬼太郎 枕返し

pixivに投稿された作品 pixivで「夢繰りの鈴の少女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5802

コメント